DREAM EVIL-Dragon Slayer

今日はDREAM EVIL(ドリーム・イーヴル)の1stアルバムDragonSlayer(ドラゴンスレイヤー)のレビューをします。

ドリーム・イーヴルはスウェーデンのイェテボリ出身のヘビーメタルバンド。
経験豊富なベテランが集まり結成されたバンドで、楽曲は重厚で力強い正統派ヘビーメタルといった印象で”パワーメタル”という名称がそのまましっくりとくるバンドだと思います。(3rdアルバムまでは若手の中でも有名なテクニカルギタリストのガス・Gがリードギターとして参加していました)

今回レビューするアルバムはそのドリームイーヴルの1stアルバムDragonSlayerです。

このアルバムはキャッチーな歌メロとドラマ性のある展開を基本とした欧州型のヘビーメタルなのですが、節々でアメリカンロックの匂いを感じさせます。

古くからのロックファンはその音楽性に懐かしさを感じた様ですが、主に90年代以降の欧州のメタルしか聞いていなかった当時の私には、新鮮に感じ衝撃を受けた作品でした。

発売した当初である2002年頃はその高いクオリティーも相まって中々話題になったようです。

ギターリフはシンプルにザクザクとした刻みを中心とし、ギターソロはテクニカルでネオクラシカルな路線よりはロックテイストが強い物が多い印象です。
ボーカルは極端なハイトーンを多用するタイプではなく主に中音域で力強く歌うタイプで、中々に味がある声で曲全体に重厚さを出しています。

 

幾つかの曲の感想を書いていきます

1 Chising Dragon  ミドルテンポで力強くメロディックに展開される曲。掴みとしてとても良い正統派メタルな曲。

4 Losing you 哀愁漂うバラード曲。泣きのギターソロが素晴らしい、そこからのストリングスのフレーズもとても良い。

6 Heavy Metal in the Night  ノリが良く一体感を感じるサビが印象的。狙った感が強くベタであり、どこか古臭くもありますが個人的には結構気に入りました。

7 The Prophecy  疾走感があり明快な展開にテクニカルな早弾きのギターソロが特徴的。メロディック・スピードメタルが好きな方に特に受けが良いかなという印象。

8 H.M.J    ロックンロールの色が強くノリノリな曲。初めて聴いた時は中々に衝撃的でした。

11 The 7TH Day 重厚なギターリフと頭打ちを基本としたスネアが、力強く前に突き進む様な印象を与えてくれるミドルテンポの曲。サビのクワイアが熱いです。

12 Chosen ones クリーントーンのギターのタイトな刻みと歌メロで静かで緊張感のある進行、そこからその他楽器群が入り盛り上がり静かだが熱いクワイアが展開される‥‥この流れにやられてしまいました。他の曲でも感じましたがストリングスを使った盛り上げ方が上手いと感じます。

シンプルに格好良く正統派のヘビーメタルが好きという方には無条件でおすすめできるアルバムだと思います。

DragonSlayer(日本版)曲目

1 Chasing The Dragon
2 Save Us
3 Dragonheart (日本版ボーナス・トラック)
4 Losing You
5 Hail To King
6 Havy Metal in the Night
7 The Prophecy
8 H.M.J
9 IN Flames you Burn
10 Kingdom Of The Damned
11 The 7th Day
12 The Chosen Ones
13 Losing You (Inst. version) (日本版ボーナス・トラック)
14 Outro

※確認したところ日本版と輸入版では曲順にも違いがあるようです。