Kalmah-12 Gauge

今日はKALMAH(カルマ)の2010年に発売しました、6thアルバム12 Gauge(12ゲージ)を紹介&レビューしていきます。

このバンドはメロディックデスメタルに分類されるバンドの中でも個人的には最も好きなバンドの一つです。その中でもこの12ゲージは高い評価を得ている人気のアルバムです。

・より骨太でモダンに変化したアルバム

このバンドは同系統のジャンルで同郷で有名なChildoren of bodom(チルドレン オブ ボドム)と比べると特徴的なフォーキッシュなフレーズが印象的で、

ブラストビートを多用し曲調はダークな物が多く、聞きやすくはあるがフィンランドのメロディックデスメタル勢の中ではブルータルでどこか土臭さのあるバンドという印象でした。

このアルバムではそれまでのアルバムに比べて上で述べた特徴的な、”フォーキッシュなフレーズ”や”クラシカルな要素”が薄まり、今までよりもヘビーメタルとしてモダンであり骨太で荒々しいく変化していたのが特徴的です

 

・叙情的な雰囲気やドラマ性を残しつつ、高い完成度にまとまった作品

しかし、北欧のメロディックデスメタルの肝である叙情的な雰囲気やドラマ性は失われてはおらず、kalmah特有のリードギターのフレーズ、雰囲気を盛り上げるシンフォニックなブラスやストリングスのキーボード音などは健在です

アルバムを通して、一つ一つの曲の完成度は高くハズレ無しという印象で、全体を通して飽きることなく聞いていられる作品。
私はこのアルバムをメロディックデスメタルにおいての1つの名盤であると個人的には評価していておすすめのアルバムです!

 

幾つかピックアップしての簡単な曲の感想です

2 One of Fail
ギターのリードとキーボード音を用いたドラマチックなイントロがとても良い。全体を通してもギターのフレーズと雰囲気を盛り上げるストリングス等のキーボード音が良い。

4 Swampwar
ミドルテンポの曲。サビの叙情的なギターのリードと荒々しいデスボイスにそれに対する掛け合いの掛け声コーラスがかなり好感触。聞きなおす度自分の中での評価が上がっていった曲。

6 Hook the Monster
ストリングスとギターリフの折り混ざったイントロで始まる曲。ギターリフや掛け合いのギターのリードフレーズにソロと全体を通して格好良いスピードナンバー

7 Godeye
壮大な雰囲気のイントロから始まる曲。Aメロからサビの流れ、サビのギターフレーズがドラマチックな演出している味のある曲。

8 12 Gauge
荒々しいギターリフ、雰囲気を盛り上げるストリングス、絶妙なギターリードそしてサビではお馴染みの掛け声のコーラスがカッコイイ正にタイトル曲

何曲かピックアップして印象を書いていきました。

アルバム12 Gauge 曲目

1 Rust Never Sleeps
2 One of Fail
3 Bullets of Fail
4 Swampwar
5 Better Not to Tell
6 Hook the Monster
7 Godeye
8 12Gauge
9 Sacramentum