Children Of Bodom - HATE CREW DEATHROLL

今日はChildren Of Bodom(チルドレン・オブ・ボドム)の2003年に発売しました4thアルバムHATE CREW DEATHROLL(ヘイト・クルー・デスロール)を紹介&レビューしていきます。

Children Of Bodomはフィンランドのメロディックデスメタルバンドで、
恐らくこのジャンルを聴く方なら知らない人は居ないであろう有名なバンドだと思います。

今回紹介する4thアルバム”HATE CREW DETHROLL”はこのバンドのアルバムにおいて恐らく最も多くの人に気に入られ、昔からのファンに今もそのサウンドを望まれているであろう作品だと思います。

・初期作品からモダンさとスラッシュメタルのテイストを取り入れた作風
それまでのアルバムはキーボードでストリングスやチェンバロ(ハープシコード)の音を多用し、ギターもネオクラシカルテイストが強く好む人が少々限られていましたが、

このアルバムでは”キーボードの音が抑えられギターもネオクラシカル調の物が減り” “スラッシュメタルテイストのギターリフを前に出した重厚なサウンド”になりより多くの人の支持を受けた作品でした。
ボーカルも変わらず吐き捨てる様なデスボイスですが前作までよりはある程度歌っている印象もあります。

・テクニカルなギターとキーボードのプレイ
上の説明だけですと直近の作品とも似た表現になってしまいますが、この作品は直近のモダンさを強くした作品と比べて“テクニカルなギターソロやキーボードソロ”“メロディアスなギターとキーボードのリード”が多く、“曲の展開も通してキャッチー”です。

また初期作品から最新作品でも感じられ”特徴的である、面白さを持ったリズムやフレーズ”が多くそれらが絶妙に混ざり合った表情豊かな印象があります。

私は他に言葉が思いつかず”面白さと”表現しましたがこれらが格好良さと入り混じり、当時の同年代の他のバンドと違う彼ららしい新時代的でクールな印象を与えてくれました。

・クオリティの高さ
初期の作品から今現在の作品全てにおいて言える事ですが、サウンドの方向性は違えどギターリフであれギターソロであれキーボードソロであれ全てセンスを感じ、全体のアレンジなど楽曲の構成力も非常に高い作品です。

・ギターサウンドの違い
これはギターを弾く人間からの視点でありますが、この時のギターサウンドは初期や言葉として表した際似ている直近の作品の「鋭く温かみの無い乾いた音」とは違いやや丸みがあり温かみのあるサウンドに感じます。
機材の違いからなのか、これはその後のアルバムAre You Dead Yet?とも違う感じがします。

 

それでは各曲の印象や感想等を書いていきます。

アルバム HATE CREW DETHROLL 曲目
1 Needled 24/7
2 Sixpounder
3 Chokehold (Cocked ‘n’ Loaded)
4 Bodom Beach Terror
5 Angels Don’t Kill
6 Triple Corpse Hammerblow
7 You’re Better Off Dead
8 Lil’ Bloodred Ridin’ Hood
9 Hate Crew Deathroll

1 Needled 24/7
攻撃的なギターリフにキャッチーなギターリードとメロディーを織り交ぜ疾走するアルバム内でも人気のある曲。
スラッシュメタル的なギターリフとオーケストラヒットの音を使った出だしからアレキシ・ライホのテクニカルな早弾きが入るイントロはとてもインパクトがあり格好良いです。

2 Sixpounder
ヘビーだがリズミカルに刻むギターリフが特徴的なミドルテンポの曲
モダンな雰囲気の曲ですが軽快なギターリフは爽快にも感じます。

3 Chokehold (Cocked ‘n’ Loaded)
前曲と同じく軽快さがあるが、よりテンポ的にも疾走感があり勢いのある曲。
ややキャッチーな展開でギターリフがとても格好良いが、間奏のメロディアスなアレキシ・ライホのギターソロとヤンネ・ウィルマンのキーボードソロが素晴らしい。
アレンジ面でのキーボードの使い方もとても良いです。

4 Bodom Beach Terror
これも特徴的なリズムのドラムとギターリフから入るノリの良い曲。
勢いがあり攻撃的だがキャッチーな印象も与えてくれます。
ギターソロとキーボードソロはこの曲でもとても良い。
キーボードソロ後の終盤の展開も印象的。

5 Angels Don’t Kill
アルバム内でも唯一のスローテンポの重厚な雰囲気の曲。
スピード感のある派手さはないがドラマ性があり、歌メロのバックで弾いているハーモニクスを織り込んだギターリフなどは格好良いです。

6 Triple Corpse Hammerblow
とても特徴的である種コミカルにも感じるギターとキーボードが重なるリフが印象的な曲。
楽曲は全体的にキャッチーでとても聞きやすくキーボードのアレンジがとても良い。
終盤のキーボードソロからの掛け声的なクワイアのサビの展開は素晴らしい。

7 You’re Better Off Dead
イントロから勢いのあるスピードナンバー。
疾走感があり全体的には歌メロや展開はキャッチーで爽快さを感じます。
メロディアスなギターをバックに「ウォーオーオー」と入る掛け声的なクワイアが入るサビが印象的です。

8 Lil’ Bloodred Ridin’ Hood
これも前曲に続いて勢いのある曲。
ペダルノートの裏にアクセントを入れたギターリフが特徴的ですが、この曲においてもメロディアスなギターをバックにしたサビがとても印象的。
また間奏部分がとても良くキーボードソロ・ギターソロ・ブリッジの全てが格好良い。

9 Hate Crew Deathroll
Needled 24/7と並びアルバム内で最も人気のあるタイトル曲。
ハープの音色の幻想的な入りからアレキシ・ライホの「カモーン!」と言う叫びから雰囲気が一変し攻撃的なギターリフが入るイントロはとても印象的。
全体的に疾走感に溢れ、AメロBメロとアグレッシブなギターリフと曲の展開が続くがサビでは一転して
ドラマティックなコード進行にメロディアスなギターフレーズをバックとしたサビが展開される、この時の掛け声的なクワイアがとても熱い。
個人的には10代の終わりに最も熱くさせてくれた曲です。

参加メンバー
ギター&ボーカル  ALEXI LAIHO             (アレキシ・ライホ)
ギター      ALEXANDER KUOPPALA   (アレキサンダー・クオファラ)
キーボード      YANNE WIRMAN              (ヤンネ・ウィルマン)
ベース               HENKKA BLACKSMITH     (ヘンカ・ブラックスミス)
ドラム              JASKA RAATIKAINEN     (ヤスカ・ラーチカイネン)

今年9月末に発売された”I Worship Chaos”も格好良く 良いアルバムだと思いましたが、やはりこの時の作風も忘れられませんね。
彼らは同じ場所にとどまらず新しい方向性への挑戦をこれからもしていくと思うのでこの時の方向性のアルバムは出してくれないと思いますがこれからの彼らの作品も楽しみにしていきます。

彼らの作品の中でも“名盤”と名高く、メタル全体を見ても“2000年代を代表する作品”の1つなのでおすすめします。