DISSECTION - Storm of the Light's Bane

今日はDISSECTION(ディセクション)の1995年に発売しました2ndアルバムStorm of the Light’s Baneを紹介&レビューしていきます。

DISSECTIONはスウェーデンのブラックメタルバンド。
ブラックメタルにツインギターによるフレーズ感のあるリフやリードを導入し、メロディアスなブラックメタルスタイルを確立した先駆者であり、その後のメロディックデスメタルにも多大な影響を与えたバンドです

今回紹介するStorm of the Light’s Baneはメロデス好きにも好まれ傑作と評価されるアルバムです。

・激しく攻撃的だが強いドラマ性を感じる曲群

“リバーブをかけたデスボイス”“ブラストビートを多用する激しいドラム””トレモロのリフを中心とした激しくもメロディアスなツインギター””複雑な場面展開”が特徴的であり、激しくも哀愁や陰鬱な雰囲気を含みドラマチックな展開を見せてくれます。

 

・荘厳さやドラマ性を演出するギター

ブリザードと形容される激しいトレモロリフはフレーズ感を出した物が多く、攻撃的でありながら強いドラマ性を感じさせます。
時には音を重ねキーボードを使わずにドラムと共に荘厳な雰囲気も演出しており、全体的に重ね方としてはパワーコード以外の3度4度や時折2度が見られます。

激しい展開から効果的にアコースティクギターによるブレイクを使うのもとても特徴的です。
トレモロのギターリフとブラストビートのドラムによる激しいプレイにアコースティックのアルペジオを混ぜどこか幻想的で冷たさを感じさせる演出も見られます。

 
各曲の印象や感想。
アルバム Storm of the Light’s Bane 曲目
1 At the Fathomiess Depths
2 Nights Blood
3 Unhallpwed
4 Where Dead Angels Lie
5 Retribution
6 Thorns of Crimson Death
7 Soulreaper
8 No Dreams Breed in Breathless Sleep

At the Fathomiess Depths
増4度のコード進行を含めたギターとバスドラムによる邪悪で禍々しい雰囲気を出したオープニング曲。

2 Nights Blood
激しく劇的な展開を見せてくれる彼らの代表曲であり名曲と評価される曲。
イントロのフレーズ感を出したトレモロリフからのハンマリング・プリングでアクセントをつけたギターリフの流れは格好良く、コーラス(サビ)でのキャッチーな歌メロとギターリードの展開もドラマチックです。

ブレイクしてアコースティックギターによる物悲しさを感じるパートから、曲名を歌うパートまでの流れもとても秀逸。
激しいだけでなくリズム的にも上手く緩急をつけている完成度の高い曲です。

3 Unhallpwed
イントロからブリザードと形容される激しいトレモロリフが展開される曲。
激しいトレモロリフからクラシカルなリフに変化する展開は中々に格好良い。

中盤からの激しいギターリフをバックに弾かれる哀愁を感じるギターソロも特徴的であり、なんとも言えない味を出しています。

4 Where Dead Angels Lie
ミドル・スローで展開される冷たく仄暗さを感じる曲。
通してダークであり重さや冷たさを感じますが、ギターリフや節々で入るリードはメロディアスでもあり、耳に残る物が多くソロは哀愁を感じさせます。

ソロ後のアコースティックギターと囁くようなボーカルが入るパートは冷たく仄暗い雰囲気を強く感じます

5 Retribution
ブラストビートのドラムに3連トレモロでの激しくもフレーズ感を出したリフで始まる曲。
通して激しく攻撃的に展開しますが、中盤過ぎのクラシカルテイストのギターリフからのギターソロやその後の展開はメロディアスでありドラマチックでもあります。

6 Thorns of Crimson Death
場面変化が印象的で劇的な展開のNights Bloodに並ぶ人気曲。
しっとりとしたクリーントーンのギターからメロディアスで勇壮なギターリードが入り、その後の歌メロパートを含め3分半まではスウェーデン系メロデスを思わせるドラマチックな展開をしていきます。

そこを過ぎると激しいギターリフとブラストビート共にブラックメタルらしい展開へと変化。
5分20秒辺りからは雷鳴が轟き4分の3拍子でのアコースティックギターによるアルペジオと後を追うようにディストーションギターでのアルペジオが入り、独特なドラマ性を見せるギターソロが展開します。

7 Soulreaper
激しくも荘厳な疾走曲。
イントロから中盤まではギターは只管トレモロのリフを弾き、ドラムも全体では緩急をつけつつも1分程まではブラストビートで叩き続け激しい曲。
特に6分2秒からの展開は強烈です。

2分50秒辺りでのブラストビートとトレモロの激しいパートにアコースティックのアルペジオを入れどこか荒涼な雰囲気を出しているパートは印象的です。

8 No Dreams Breed in Breathless Sleep
ピアノによる物悲しい雰囲気を出したインスト。
1分20秒と短いですが何とも切ない雰囲気であり陰鬱とした暗さを感じる曲です。

参加メンバー

ギター・ボーカル      JON ANDREAS NÖBTVEIDT  (ジョン・アンドレアス・ノヴォトイ)
ギター   JOHAN NORMAN    (ヨハン・ノルマン)
ベース         PETER PALMDAHL (ペーテル・パルムダーム)
ドラム        OLE ÖHMAN   (オーレ・オーマン)

ジャンルがジャンルなので少々聴く人間を選びますが、

ブラックメタルにおいて名盤とされ、後のメロデスにも影響を与えたアルバムですのでオススメします。