ELUVEITIE - SLANIA
今日はスイスのフォーク/メロディックデスメタルバンドELUVEITIE(エルヴェイティ)の、2008年に発売しました2ndアルバムSLANIA(邦題:魔笛の国スラニア)を紹介&レビューしていきます。

・激しく叙情的なメロデス+フォークメタルの音楽性
かつての”IN FLAMES”や”DARK TRANQUILLITY”等を思わせるギターリフとアグレッシブなデスボイスで展開するメロディック・デスメタルと、様々な民族楽器やクワイアによるフォーク/トラッドな音楽性が調和したフォーク/メロディック・デスメタル

アルバムの中でも最も有名な曲”Inis Mona”はギターがあまり動かないミドルテンポのキャッチーな展開ですが、アルバム全体を通せば疾走感を出し激しく叙情的なスウェーデン系メロデスの色合いを感じます。

フォークメタルにカテゴライズされるバンドの中でもフォークに行きすぎずメタルとしての部分を色濃く残しており、ギターリフは通して格好良い。

・8人編成による様々な民族楽器の演奏
バンドは8人編成の大所帯で、それぞれ専任もしくは兼任で様々な民族楽器を演奏し、哀愁や郷愁的な雰囲気のフレーズを聴かせてくれます。

特に激しく乱れ吹かれる笛系楽器のパートはアルバムを通して印象的であり、メロデス調の疾走パートに派手に盛り上げる民族楽器の演奏が入り乱れるパートはとても格好良い

確認できる楽器。
イリアン・パイプス、ハーディ・ガーディ、バグパイプ、マンドリン、ホイッスル(ロー・ティン)、フィドル(バイオリン)、アイリッシュフルート。

各曲の印象や感想。
アルバム SLANIA 曲目
1 Samon
2 Primordial Breath
3 Inis More
4 Gray Sublime Archon
5 Anagantios
6 Bloodstained Ground
7 The Somber Lay
8 Slania’s Song
9 Giamonias
10 Tarvos
11 Calling the Rain
12 Elmbivos

 

1 Samon
バンドサウンドと各民族楽器が勇壮に盛り上げるオープニング曲。

2 Primordial Breath
民謡調のクワイアとハーディ・ガーディの音からヘヴィなギターリフが入りメロデス調の展開をするミドルテンポの曲

ソロパートや所々で聴かれる民族楽器によるフレーズからはフォーキッシュな要素を感じ、ヘヴィで叙情的なギターリフや慟哭的なデスボイスからはメロデス的な要素の強い曲。

3 Inis More
ティン・ホイッスルからバンドサウンドと多様な民族楽器が入り激しくも哀愁を帯びた展開をする彼らの代表曲。

ハーディ・ガーディとバグパイプをバックにアグレッシブなデスボイスで歌い上げるAメロから、フィドルやイリアン・パイプスが加わるBメロ、バンドが一体となり演奏するキャッチーなサビパートへの流れはシンプルながらとても印象に残ります。

ホイッスルによるソロパートからメロパートへと戻る流れもとても格好良い。

4 Gray Sublime Archon
疾走感を出したバンドサウンドと笛系楽器による激しくも哀愁を帯びた旋律からノリよく入る曲。
イントロ後の展開はこれもかなりメロデス要素の強い曲で、ギターリフはストレートに格好良いと感じます。

繰り返し聴かれるイントロのパートや疾走感を出しての笛系楽器や弦楽器によるソロパートもとても格好良い。

5 Anagantios
フィドルが中心の民謡調のインスト曲。
バンドサウンドは入らず民族楽器中心の3分程の曲です。ラストは次曲BLOODSTAINED GROUNDに繋がります。

6 Bloodstained Ground
イントロから激しいデスボイスとギターリフで疾走感を強く出して入る曲。

通して疾走感を出したメロデス/デスラッシュな色合いですが、勇壮に盛り上げる笛系楽器による演奏もかなり印象的で格好良く感じます。

7 The Somber Lay
フォーキッシュなフレーズのパートから入りますが、前曲と同じく疾走感を強く出した曲。

この曲もギターリフや慟哭的なデスボイスによる叙情的なメロデスパートが格好良く、民族楽器によるフォーキッシュなパートも素晴らしい。

8 Slania’s Song
力強くも物悲しさや哀愁を感じるミドル・スローの女性ボーカルを中心とした曲。

笛系楽器や弦楽器による哀愁を感じさせる演奏から民謡調の女性ボーカルを中心としていますが、攻撃的なデスボイスのパートやヘヴィなギターリフも所々で入るためバラード的なしっとりとした雰囲気は無く力強い。

9  Giamonias
Anagantiosとは違い笛系楽器を中心としたインスト。

1分半程のコンパクトな曲ですが郷愁的で物悲しさを感じさせます。

10  Tarvos
激しくメロディアスなギターリフから入る曲。

イントロのギターリフや乱れ吹かれる笛系楽器によるフレーズはとても格好良い。

11 Calling the Rain
郷愁的な笛の旋律から激しく叙情的な展開へと変わる曲。
フォーキッシュなイントロからメロパートでは雰囲気が変わり、激しく慟哭的なメロデスパートへと変化します。

テンポダウンし荘厳な雰囲気のパートへと変化するサビが印象的です。

12 Elmbivos
民族楽器とヘヴィなバンドサウンドをバックにシンプルなメロディーのコーラスを歌い続けるアルバムラストの曲。

コーラスのメロディーは一定であり変化がなく各楽器群の演奏が変化していくインストの様な曲です。

アルバムを通して珍しくギターソロが入っており、泣きを感じるフレーズを聴かせてくれます。

参加メンバー(担当する楽器が多すぎるため割愛して書いてます)
ボーカル   CHRIGEL GLANZMANN       (クリゲル・グランツマン)
ボーカル・ハーディ・ガーディ      ANNA MURPHY     (アンナ・マーフィー)
ギター      IVO HENZI (イーヴォ・ヘンツィ)
ギター      SIME KOCH      (シーメ・コーチ)
フィドル・ボーカル     MERI TADIC  (メリ・タディッチ)
ベース  RAFI KIRDER       (ラフィ・キルデール)
ドラム      MERLIN SUTTER     (マーリン・スーター)
フルート・バグパイプ     SEVAN KIRDER (セヴァン・キルデール)

通してメロデスとフォークメタルが調和した完成度の高いアルバムです。

民族楽器を多用するフォークメタル好きからメロデス好きまでこの作品はオススメです。