Ensiferum - Ensiferum

今日はEnsiferum(エンシフェルム)の2001年に発売しました1thアルバムEnsiferumを紹介&レビューしていきます。

フィンランドのフォークメタル/ヴァイキングメタルバンド、
このジャンルを聴く人であれば恐らく誰もが一度は耳にするバンドだと思います。

このジャンル自体少々聴く人を選びますが気に入れば中々深くハマってしまうバンドだと思います。

・メロディックデスメタル+フォークメタル

“荒々しさを出すデスボイス”“勇壮で雄々しさを感じるクリーンボイス”を使い、“フォーキッシュなフレーズを織り交ぜたギターリードを多用”するスタイルで、アップテンポの曲などは初期のチルドレンオブボドムの、メロデスとフォークメタルを合わせた物と表現される事があります。

上で書いた”デスボイス”と”クリーンボイス”の使い分けに、“ディストーションサウンドのギターを主体としたメタル的なパートとアコースティックギターを主体とした民謡調の強いパートのコントラスト”がなんとも言えないドラマ性を感じさせてくれます。

デスボイスとクリーンボイスの使い分けはメタルコアやオルタナティブメタルなどでは良く見られますがそれらとは違う
クサさのある“勇ましい「ヴァイキングメタル的」な雰囲気”が気にいる人にはかなりツボに入ると思います。

 

・ヒロイックフォークメタル

デスボイスを使用していますがブルータルな雰囲気はなく、戦いや叙事詩をテーマにし“雄々しいクワイアの多用”などから、“熱さとロマンが溢れるヒロイックな雰囲気”があります。

雰囲気は違いますがブラインドガーディアン等にも通じるものがあると思います。

 

・土着的な哀愁

私はこのバンドのアルバムを全て所持していますが、直近のアルバムと初期の作品を比べるとメインのギターボーカルが交代した事もあってかだいぶ違う印象を感じます。

“メタル的には3rdアルバム以降の方が洗練されやや大衆受けしやすい”と思いますが、
“1stと2ndアルバムは土臭さや哀愁が強く郷愁にかられるような雰囲気があり”、そこが魅力的です。ウエスタンな色合いが強く爽快な直近の作品も好きですがこの頃のサウンドも個人的には好きです。

 
それでは各曲の印象や感想等を書いていきます。
アルバム Ensiferum 曲目
1 Intro
2 Hero in a Dream
3 Token of Time
4 Guardians of Fate
5 Old Man (Väinämötnen, Pt. 1)
6 Little Dreamer (Väinämötnen, Pt. 2)
7 Abandoned
8 Windrider
9 Treacherous Gods
10 Eternal Wait
11 Battle Song
12 Goblins’ Dance

1 Intro
ペダルノートを使ったアコースティックギターのフレーズから始まる次曲 Hero in a Dreamに繋がる曲。
途中で入るフォーキッシュなエレキギターのフレーズが中々良い。

2 Hero in a Dream
爽快で疾走感のあるスピードナンバー。
デスボイスではあるがブルータルな雰囲気はなくノリが良く盛り上がる曲。
フォーキッシュなギターリードやそれまでデスボイスで展開される中、クリーンボイスで勇ましく歌われる民謡調のパートが特徴的。


3 Token of Time
アコースティックギターのシンプルなコードとフォーキッシュなフーレズから始まるミドルテンポの曲。
ギターリードのフレーズや雄々しいクワイアなどから曲全体に勇壮な雰囲気がある。
短いが雰囲気をそのままに展開されるギターの早弾きは見事。
個人的にこのジャンルを聴くきっかけとなった曲で最も気に入っている曲の1つです。

4 Guardians of Fate
メロデス調の曲とは違い歌メロではクリーンボイスのヴァイキングメタル的な歌い方と掛け声的なクワイアを多用するスピードナンバー。
メロディーやギターのリードからもフォーキッシュな雰囲気がある。
アルバム全体で言えることですが対照的なクリーンボイスとデスボイスのコントラストが良い

5 Old Man (Väinämötnen, Pt. 1)
スローで始まり少々重い雰囲気で、Enslavedなどの本来のヴァイキングメタルに少々近い印象の曲。
疾走感や派手さはないがギターのフレーズや歌メロは中々に聴かせてくれます。
終盤にはテンポアップするのも特徴的。

6 Little Dreamer (Väinämötnen, Pt. 2)
前曲と同じくスローで始まりますが、フォーキッシュで軽快なフレーズが入ったり疾走感をだすパートがあったりと展開する曲。
フォーキッシュな軽快さと哀愁のあるギターのリードやギターリフが中々に印象的な曲でもあります。

7 Abandoned
郷愁的な雰囲気を持った強い哀愁を感じるややアップテンポな曲。
勇壮だが噛みしめる様な湿っぽさを持ったメロディーの展開はドラマティックで良く、泣きの入るギターソロなどもやその後のクワイアも良い。

8 Windrider
民謡調のギターリードが特徴的な徐々にテンポアップしていくスピードナンバー。
雄々しいクワイアをバックにしたBメロやサビなどは疾走感がありますが湿っぽさも感じます。
ブリッジ部分や間奏で演奏される民謡調のフレーズなどがとても良い。

9 Treacherous Gods
クリーンボイスの雄々しく勇壮な歌メロと荒々しさを感じるデスボイスで展開される曲。
スピード感がありますがこの曲からも哀愁を感じます。
ミドルテンポで展開していきますが終盤テンポアップするのも印象的です。

10 Eternal Wait
スローテンポの土着的な哀愁のある曲。
ここでも雄々しいクリーンボイスとデスボイスのコントラストが特徴的ですが、エレキギターとアコースティックギターのコントラストも印象的です。
民謡調のサビは中々に好みです。

11 Battle Song
3連のノリの良いリズムを主体とした疾走感のある曲。
これもデスボイスのボーカルからのBメロとサビの勇ましさを感じるクリーンのボーカルが特徴的。
ラストはブラス(ストリングスかも?)の音も混じりテンポアップし勢い良く終わるのも印象的。

12 Goblins’ Dance
スローテンポで重々しいギターリフから始まる曲。
サビなどではフォーキッシュで軽快なパートもありますが、全体的にはやや重い雰囲気です。
雰囲気をそのままに弾かれるギターソロも中々良い。
更にマイナーなバンドになってしまいますが、Finntrollなどにも通じる雰囲気があります。

参加メンバー
ギター&ボーカル JARI MÄENPÄÄ     (ヤリ・マーエンパー)
ギター      MARKUS TOIVONEN  (マルクス・トイヴォネン)
キーボード      MEIJU ENHO            (メイユ・エンホ)
ベース              JUKKA MIETTIEN     (ユッカ・ミエティネン)
ドラム             OLIVER FOKIN       (オリヴァー・フォキン)

元々ヴァイキングメタルは重々しくどこか血なまぐさい雰囲気のものが多かったのですが、このバンドは疾走感がありキャッチーでこのジャンルの中でも比較的聴きやすいバンドですので気になっている方にはおすすめします。