ETERNAL TEARS OF SORROW - BEFORE THE BLEEDING SUN
今日はフィンランドのメロディックデスメタルバンドETERNAL TEARS OF SORROW(エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウ)の2006年に発売しました5thアルバムBEFORE THE BLEEDING SUN(ビフォア・ザ・ブリーディング・サン)を紹介&レビューしていきます。

・透明感のあるシンセサウンドを前面に出した幻想的でドラマチックなメロディックデスメタル
“北欧のバンドらしい寒々しさや幻想的な雰囲気を感じさせるシンセサウンド”を前面に出し、”メロディアスなギターソロ”を織り交ぜドラマチックに展開していくメロディックデスメタル。

メンバーチェンジをしやや音楽性が変わりましたが、過去作よりもシンフォニックなメロディックデスメタルとして全体的な完成度を上げた様に感じ、勇壮なオケを導入した曲からはNIGHTWISH(ナイトウィッシュ)にも似た部分が見られます。

デスボイスはかなりマイルドな部類であり、曲調もデスな部分は殆ど無くメロディアスで叙情的な部分が強い為、このジャンルの中でもかなり聴きやすい。

・所々で感じるゴシックメタル的な色合い
今作ではメロディックデス/シンフォニックメタルよりになりましたが、このアルバムでも過去作同様にゴシックメタル的な要素を所々で感じます。

激しいオープニングナンバー“Sweet Lilith of My Dreams”や同郷のKALMAHに似た8曲目“Tar Still Flows”はメロデスな色合いが強いのに対し、物悲しいピアノが入る3曲目Red Dawn Rising”6曲目Sinister Rain”はゴシックよりに感じます


各曲の印象や感想。
アルバムBEFORE THE BLEEDING SUN 曲目
Sweet Lilith of My Dreams
Another Me
Red Dawn Rising
Upon the Moors
Sakura No Rei
Sinister Rain
Lost Rune of Thunder
Tar Still Flows
Angelheart Ravenheart (ACT 1:Before The Bleeding Sun)

1 Sweet Lilith of My Dreams
スローの物悲しい入りから疾走感を出して本編へと入るオープニングトラック

透明感のあるシンセリードやパッドの音を前面に出しながらメロディアスな展開をしていきます。

シンセサウンドによる幻想的なパートから哀愁と泣きを含んだギターソロへの流れは格好良い。

2 Another Me
ナイトウィッシュを思わせるオケとバンドサウンドによる勇壮なイントロから始まる曲。
通してヘヴィなギターリフとシンフォニックなサウンドが入り混じり緊張感のある展開をします。

キャッチーなギターリードが入るサビはとてもメロディアス。

3 Red Dawn Rising
物悲しく美しいピアノと冷たさを感じさせるシンセサウンドから入る叙情的な曲。
ボーカルはクリーンボイス主体で歌い、サビでは美しく壮大なクワイアが盛り上げます。

転調し、より強い盛り上がりを見せるラストのサビが印象的でありメロデスというよりはゴシックメタルな曲です。

4 Upon the Moors
激しくも冷たさや美しさを感じさせる曲。
バックで弾かれるピアノやシンセの音が雰囲気を強く盛り上げています。

シフォニックなサウンドの上にデスボイスによるボーカルと掛け声で激しい盛り上がり見せるサビが印象的です。

5 Sakura No Rei
シンセコーラスやリードが幻想的な雰囲気を作り出す2分程の曲。
スローで重厚に進行していき通してバックで流れるコーラスが独特な雰囲気を作っています。
次曲Sinister Rainへと繋がります。

6 Sinister Rain
前曲から雰囲気を引き継いだゴシックメタル色の強い曲。
派手に鳴らすシンセの音をバックに女性ボーカルのパートやクワイアを交えしっとりとどこか憂鬱な雰囲気があります。

7 Lost Rune of Thunder
ヘヴィなギターリフによるアグレッシブなサウンドと美しいキーボードのサウンドが入り混じる曲。

キーボードソロからの流麗なギターソロは印象的であり、ソロ後にも聴けるハーモニクスを交えたギターリフは中々に格好良い。

8 Tar Still Flows
キラキラとしたシンセサウンドからギターリフと咆哮が入り激しく疾走感を出して展開する曲。

勇壮さも感じさせるギターリフはどことなく同郷のKALMAH(カルマ)にも似ており、派手に鳴らすシンセサウンドをバックに激しく力強い展開を聴かせてくれます。

メロパートは通して格好良いですが、50秒程の所で入るスウィープを織り交ぜたメロディアスなギターソロも印象的です。

9 Angelheart  Ravenheart (ACT Ⅰ:BEFORE THE BLEEDING SUN)
壮大なオケや厚いクワイアがドラマチックに演出するアルバムラストの曲。
物悲しいピアノとストリングス入りからナイトウィッシュを思わせる勇壮なオケが入り、オペラチックな展開を織り交ぜた劇的な展開をしていきます。

厚いコーラスやオケによるシンフォニックなサウンドからは壮大なドラマを感じます。

参加メンバー
ベース・ボーカル ALTTI VETELÄINEN  (アルッティ・フェテレイネン)
ギター    RISTO RUUTH  (リスト・ルース)
ギター   JARMO PUOLAKANAHO  (ヤルモ・プオラカナホ)
キーボード  JANNE TOLSA      (ヤンネ・トルサ)
ドラム         PETRI SANKALA     (ペトリ・サンカラ)

キーボード・シンセサウンドを前面に出したシンフォニックなメロデス好きにおすすめの作品です。

“ETERNAL TEARS OF SORROW – BEFORE THE BLEEDING SUN 【アルバムレビュー】”でした。