Finntroll - Nattfödd

今日はFinntroll(フィントロール)の2004年に発売しました3rdアルバムNattföddを紹介&レビューしていきます。

FINNTROLLはフィンランドのフォークメタルバンド。
“ポルカ”と”ブラックメタル”を組み合わせた他に類の無い独特な曲調は気にいると深くハマる魅力があり一部ではとても人気のあるバンドです。

今回紹介するアルバム”Nattfödd”は彼らのアルバムの中ではも特に人気のアルバムだと思います。

・ポルカ・メタル
それ以外の他のフォーク要素も有りますが、基本はコミカルで軽快な民俗舞曲である東欧発祥の”ポルカ”とダークな”ブラックメタル”を組み合わせた独特な音楽性が特徴的です。

その”軽快で陽気なサウンド”と”強烈なデスボイス”のギャップからは一見ギャグ的なノリにも感じますが、
“全体を通して聴くと確かな完成度の高さ”があり、上で述べた通りハマると暫く聴き込んでしまう魅力があります。
フォークメタルとなるとコルピクラーニも陽気でコミカルに感じましたがこのバンドはそれ以上に強いクセがある様に感じます。

 

・シンフォニックなアレンジ
アレンジとしてはピアノ、アコーディオン、クラリネット、フルートの音色等を使い上で述べた”ポルカ”的な民族音楽調の雰囲気を出していますが、
オーケストラヒットにストリングスやブラスにホーン等で派手に盛り上げシンフォニックなアレンジも強く感じられます。

 

それでは各曲の印象や感想等を書いていきます。

アルバムNattfödd 曲目

1 Vindfärd / Människöpesten 
2 Eliytres 
3 Fiskarens Fiende
4 Trollhammaren
5 Nattfödd 
6 Ursvamp
7 Marknadsvisan
8 Det Iskalla Trollblod
9 Grottans Barn
10 Routas Vaggvisa 

1 Vindfärd
風の音や鉄を打つ音に叫び声などが聞こえるやや不気味なイントロ曲
Människöpestenとは同トラックになっています。

1  Människöpesten
アコーディオンやシンフォニックなアレンジが少し抑えめで、ブラックメタルよりなスピードナンバー。
中盤辺りからはミドルテンポになりこのアルバム全体で感じられる”コミカルなフレーズやリズム”が感じられます。
終盤でのストリングス等のキーボード音色でのフォーキッシュなフレーズは結構好きです。

2 Eliytres
8分裏にアクセントをつけたピアノの軽快なノリから始まる疾走感のある曲。
派手なオーケストラヒットからアコーディオンのフレーズが入りコミカルなノリで疾走します。
少々コミカル過ぎると感じますがフレーズ的な格好良さや、上で述べたオーケストラヒットやブラスでシンフォニックに盛り上げる所等でアレンジ的な格好良さも感じます。

あまり強いインパクトがあった為、改めて聴き直すまでこの曲が1曲目だと勘違いしておりました。

3 Fiskarens Fiende
前曲と打って変わってミドルテンポの曲。
この曲もアコーディオンのフレーズが目立ちますが、サビ部分などは中々に格好良くも感じます。

4 Trollhammaren
哀愁のあるアコーディオンのフレーズから始まる人気の曲。
アルバム全体で見ればクセの無いキャッチーな展開でこれも中々に格好良く感じる曲です。
個人的にもこの曲からこのバンドを知りました。

5 Nattfödd
ミドル・スローテンポの3連のリズムを主として展開するタイトル曲。
イントロのメインフレーズは特徴的で耳に残り個人的には気に入っております。

中盤では他のフォークメタルバンドでも聴くようなアコギを中心とした民族調のフレーズがあり”ポルカ”一辺倒でも無い所を感じます。

6 Ursvamp
2分程の爽やかに疾走するアルバム内でも特にノリの良い曲。
アコーディオンの音色からは哀愁を感じますがとても爽快感がある曲です

7 Marknadsvisan
何やら怪物の声や環境が大半を占める次への繋ぎの様な印象の曲。
終盤の残り30秒程からギターやドラムが入り激しいフォーク要素の入ったブラックメタル調の音楽が展開されます。

8 Det Iskalla Trollblod 
コミカルさの無いスローにダークな展開が1分程続きますが、
そこを過ぎるとフルートのフレーズと共にミドルテンポのノリの良い曲調が展開されます。

サビ部分でのアコーディオンのフレーズに「ラララララーラー♪ ライララライ♪」とメンバーが被せ歌う所は結構好きです。

9 Grottans Barn
スローテンポで哀愁を帯び展開される曲。
フォーク要素は感じますがこの曲は特別”ポルカ”と言う感じはせず、フレーズからは他のフォークメタルバンドでも聴く北欧トラッド調の曲に感じます。

アコーディオンの音色にストリングスが絡み演奏されるフレーズ等は中々良いと感じます。

9 Routas Vaggvisa
アルバムラストの湿っぽさのある2分程のインスト曲。
アコースティックギター2本で演奏され中々に叙情的であり、前曲と合わせて彼らはコミカルな曲以外も作れるんだなと感じさせてくれる曲でもあります。

ボーカル      TAPIO WILSKA          (タピオ・ウィルスカ)
ギター    MIKAEL KARLBOM    (ミカエル・カールボン)
ギター      SAMULI PONSIMAA      (サムリ・ポンシマー)
キーボード  HENRI SORVALI         (ヘンリ・ソルヴァリ)
ベース       SAMI UUSITALO         (サミ・ウーシタロ)
ドラム       DANIEL SVENSSON     (ダニエル・スヴェンソン)

彼らはフィンランド出身のバンドではありますがメンバーはスウェーデン語話者が多く歌詞はスウェーデン語で書かれているらしいです。

 

結構クセのあるバンドなので今回は”個人的に”と書くことが多かったのですが、私自身結構気に入っていてこれも好きになれば聴き込んでしまうタイプのバンドだと思いますのでオススメします。