HAMMERFALL - GLORY TO THE BRAVE

今日はHAMMERFALL(ハンマーフォール)の1997年に発売しました1stアルバムGLORY TO THE BRAVE(グローリー・トゥ・ザ・ブレイヴ)を紹介&レビューしていきます。

スウェーデンのパワーメタルバンド。90年代半ば過ぎ、時代が変わり消えていった“正統派とも言えるオールドスタイルなヘビーメタル”を引き継ぎつつ、北欧のメタルバンドらしいドラマ性のある展開を入れたスタイルでデビューし今現在も欧州では人気のあるバンドです。

・メロディックスピードメタル的な色合いを強く出した1stアルバム
この1stアルバムはジャーマンメタル的なメロディと疾走感を特に強く出した作品です。
硬質なギターリフ等からは正統派的なメタルの色合いを強く感じられます。

・キャッチーな歌メロと冷たく硬質なギターリフによるシンプルな格好よさ
極端にテクニカルなギターソロもシンフォニックなアレンジも派手な展開も無いので、新時代的な洗練された物や派手さを求める方からはこのバンドは地味な印象で見られる事が多いのですが、

“適度にキャッチーで爽やかな歌メロ”、”オーソドックスだが冷たく硬質なギターリフ”、”味のあるギターソロ”からはどこか強く惹きつける魅力があり、気にいると定期的に聴いてしまうタイプのバンドだと思います。

・疾走曲だけでなくバラードも中々良い
このバンドが出た当時は”メロディックスピードメタルブーム”でしたので、このバンドも1曲目やそれらの曲が人気曲として挙げられますが、ミドルテンポの曲やバラードも中々良いと感じる物が揃っております。

 

それでは各曲の印象や感想等を書いていきます

アルバム GLORY TO THE BRAVE 曲目

1 Dragon Lies Bleeding
2 Metal Age
3 Hammerfall
4 I Believe
5 Child Of The Damned
6 Steel Meets Steel
7 Stone Cold
8 Unchained
9 Glory To The Brave

1 Dragon Lies Bleeding
疾走感を出したアルバムの中で特にメロディアスに展開する人気の曲
メロディーの展開はキャッチーでとても聴きやすいです。
短いですが間奏のギター二本でハモる部分は結構好きです。

2 Metal Age
ファスト・ミドルテンポで展開するギターリフが中々に良い曲。
ブリッジミュートの刻みをペダル音として使うメタルでは良くあるギターリフですが格好良く、中盤のギターソロやブリッジのリフも中々に格好良い。

3 Hammerfall
バンド名を冠した曲。
この曲のメインのギターリフはとても耳に残る印象であり、シンプルですが同世代のバンド達とは違うどこか冷たく硬質な雰囲気があります。
歌メロ初めの、ギターの刻みとボーカルのみのパートからドラムが入る展開はメタル的な熱さを感じます。キャッチなーサビも格好良い。

ベスト盤にはリテイクしたより重厚な”Hammerfall V2.0. 07″もあり気に入った方にはオススメです

4 I Believe
クリーンのギターアルペジオとベースを主軸としたイントロから始まる哀愁のあるバラード曲。
イントロやサビ後に入るディストーションサウンドのギターのフレーズが中々良いです。

5 Child Of The Damned
スピード感のある曲。ギターリフは中々に格好良く、このリフもどこか冷たく硬質に感じ印象的で耳に残ります。

間奏のギターソロも中々に良いです

6 Steel Meets Steel
これもスピード感を出した曲ですが、歌メロからは前曲よりも爽やかでノリの良い印象があります。

クラシカルテイストの入ったギターソロは中々に印象的です。

7 Stone Cold
味のあるギターソロから始まる”THE HEAVYMETAL”と言った感じの曲。
個人的にはイントロのソロもかなり気に入っていますが、ミドルテンポで重厚にドラマチックに展開する曲全体も好きであり、時折無性に聴きたくなる曲の1つです

8 Unchained
これも疾走感出し歌メロは爽やかに展開する曲。
中盤でテンポダウンしスローにヘビーに展開する所が中々良いですが、中盤過ぎの速弾きのギターソロも中々に格好良い。

9 Glory To The Brave
アルバムラストのピアノの旋律から始まる物悲しげなバラード曲。
曲の展開からも感じ取れましたが、歌詞を見ると戦いの後に仲間に捧げる鎮魂歌の様で、
2度目以降のサビの繰り返しで重なる様に入るクワイアやラストの終わり方ががとても良く雰囲気を演出していると感じ泣けます。

参加メンバー
ボーカル            JOACIM CANS               (ヨアキム・カンス)
ギター      OSCAR DRONJAK        (オスカー・ドロニャック)
ギター         GLENN LJUNGSTRÖM  (グレン・ユングストローム)
ベース              FREDRIK LARSSON    (フレドリック・ラーソン)
ドラム             JESPER STRÖMBLAD  (イェスパー・ストロムブラード)

名前を見て気づく方も多いと思いますがドラムを担当した“イェスパー・ストロムブラード”は”IN FLEAMES”のギタリストでありメイン・ソングライターでこのバンドの結成の中心人物であり、その後直ぐに脱退してしまいましたがこのアルバムの楽曲の製作にも関わっていました。

日本では少々知名度が低いですがyoutubeのPVの再生数を見ると欧州などではそれなりに人気があるというのが分かるバンドです。

少々人を選びますが私自身気に入っているオススメのアルバムです。