KALMAH - SWAMPLORD
今日はフィンランドのメロディック・デスメタルバンドKALMAH(カルマ)の2000年に発売しました1stアルバムSWAMPLORD(スワンプロード)を紹介&レビューしていきます。

・メロディアスなリードを展開し続けるメロディック・デスメタル
”哀愁を感じさせるメロディアスなギターリード”、”北欧のバンドらしい冷たさを感じさせるキーボード”、”デスボイスによるボーカル”によるメロディック・デスメタル。

ブラストビートを織り交ぜ激しさを見せるパートも多く見られますが、疾走感を強く押し出さず、メロディアスなギターのリードやリフを展開し続けドラマチックに聴かせるタイプです

全体的に哀愁や荘厳な雰囲気を強く感じさせ、同郷のChildren of bodomの初期作品とも違った印象です。

・クラシカルな色合いに北欧トラッド要素が入り混じったギター
通して弾かれるギターのフレーズはクラシカルな中に北欧トラッドの要素が入り独特の哀愁があり、激しく弾かれるギターソロからも哀愁や泣きを強く感じさせます。

デビューアルバムであり曲展開の幅はやや狭く感じますが、アルバムを通してギターのフレーズからは惹きつけられる所が多く、強く引き込まれる魅力があります

 

各曲の印象や感想。
アルバム SWAMPLORD 曲目
1 Evil in You
2 Withering Away
3 Heritance of Berija
4 Black Roija
5 Dance of the Water
6 Hades
7 Alteration
8 Using the Word

1 Evil in You
クラシカルなギターリフからメロディアスなリードが弾き続けられるダークで劇的なオープニングトラック。

通して弾かれるクラシカルなギターは印象に残り、メロディアスに弾かれるギターソロも格好良い。
フェイドアウトしチャーチオルガンで締めるラストまでの流れからは荘厳な雰囲気を感じる初期カルマの代表曲の1つ。

2 Withering Away
一曲目Evil in Youに続くメロディアスなリードが耳を惹きつける曲。

Evil in Youよりもメロディーやリードからは泣きや哀愁を強く感じ、雰囲気を引き継いで弾かれるメロディアスなギターソロもとても良い。

3 Heritance of Berija
トレモロリフによる激しさを出したパートから勇壮なリードへの展開が格好良い曲。

イントロのストリングスから勇壮なリードへと続く流れもとても良く、ブレイクしピアノのアルペジオをからギターが入り掛け合いを展開するパートも特徴的です。

4 Black Roija
クリーンのアルペジオから仄暗い雰囲気を出して始まる曲。

イントロ後はブラストビートを織り交ぜ激しさを出したパートとスローなパートで緩急をつけて展開していきます。ギターソロ等からは哀愁や泥臭さを感じます。

5 Dance of the Water
冷たさを感じるキーボードのサウンドから哀愁と泣きを含んだギターソロへと続く曲。

キーボードのサウンドを引き継ぎつつミドル・スローの落ち着いた雰囲気のメロパートへと続きます。

激しさは無いですがブリッジでのギターリフやギターソロからはKALMAHらしさを感じます。

6 Hadeth
特徴的なギターのフレーズから始まる代表曲にしてセットリストの定番曲。

勇壮さや独特の泥臭さを感じさせるイントロのギターはとても印象に残り、ブラストビートと共に激しく展開するAメロからメロディアスなサビへの展開も格好良い。

3分過ぎからの激しく展開するギターソロも印象に残ります。

私自身がこのバンドの存在を知った曲であり、強く印象に残った曲でした。

7 Alteration
メロディアスなリードと共にストリングス等のキーボード音が雰囲気を効果的に盛り上げる曲。
ミドル・スローの展開からブラストビートとトレモロリフで雰囲気を変えるパートは中々に格好良い。

8 Using The Word
哀愁を含んだクラシカルなギターのリードが展開され続けるアルバムラストの曲。

通して薄く効かせたストリングスやキーボード音色をバックに叙情的で規則的なリードが展開され、どこかメランコリックな雰囲気も出しておりその独特の世界観へと引き込まれます。
2度あるギターソロはメロディアスで泣きを感じさせます。

 

参加メンバー
ギター・ボーカル  PEKKA KOKKO  (ペッカ・コッコ)
ギター        ANTI KOKKO    (アンティ・コッコ)
キーボード    PASI HILTULA    (パシ・ヒルトゥラ)
ベース        ALTTI VETELAINEN   (アルティ・フェテレイネン)
ドラム        PETRI SANKALA     (ペトリ・サンカラ)

メロディアスなギターのリードを強く出したメロデスが好きな方にはオススメです。