SOILWORK - THE CHAINHEART MACHINE
今日はスウェーデンのメロディックデスメタルバンドSOILWORK(ソイルワーク)の、2000年に発売されました2ndアルバムTHE CHAINHEART MACHINE(チェインハート・マシーン)をレビュー&紹介をしていきます。

・デスラッシュ調のアグレッシブさを出した初期の人気作
“テクニカルでキレのあるギターリフ”“メロディアスなツインギター””テンションの高いデスボイス”・”激しいドラム”勢い良く畳み掛けるデスラッシュ的な曲で占められたアルバム

ストレートにアグレッシブでありながら、難解になりすぎない程度にリズムチェンジ・テンポチェンジ・転調を効果的に使い変化的を付けているのも特徴的

ギターは2音半程下げたダウンチューニングであり、刻みはザクザクよりもゴリゴリとしておりとてもヘヴィで重厚。

うっすらと覆うように効かせたシンセが冷たさを演出し、ギターのメロディーからは節々で北欧メロデスの哀愁や叙情性を持っていますが、曲全体を通すとメロディアスに行きすぎずヘヴィでモダンな色合いも感じさせます。

クリーンの歌唱を取り入れモダンに変化していく以前の作品であり、北欧メロデスの色合いを感じさせアグレッシブな初期の人気作品です。

・アルバム内で気に入っている曲
どれもアグレッシブで勢い溢れる曲であり選びにくいのですが、1曲目“The Chainheart Machine”・2曲目” BulletBeast”・ 3曲目“MillionFlame”・4曲目“Genaration Speedkill”6曲目“Possessing the Angels”辺りを個人的には気に入っています。



各曲の印象や感想。
SOILWORK – THE CHAINHEART MACHINE  曲目

1 The Chainheart Machine
2 BulletBeast
3 MillionFlame
4 Genaration Speedkill
5 Neon Rebels
6 Possessing the Angels
7 Spirits Of the Future Sun
8 Machingun Majesty
9 Room No 99

1 The Chainheart Machine
疾走感とアグレッシブさを強く出したオープニングナンバー。
ゴリゴリとしたギターリフをバックにしたヘヴィなAパートから、トレモロリフのBパート、メロディアスで叙情的なサビへの流れはストレートに格好良いです。

スウィープを駆使した規則的なパートから転調してメロディを聴かせる展開へと続くギターソロもとても格好良く、バックの刻みやドラムも細かく変化をつけているのも印象的です。

2 Bulletbeast
激しくもテンポチェンジやリズムチェンジを繰り返す前曲に続くアップテンポの曲。

スウィープ奏法やツインのハモりを交えたギターソロは、前曲と同じく転調を入れ一味違うドラマチックな展開を聴かせてくれます。

3 MillionFlame
ギターのメロディやシンセからは全体的に冷たさを感じさせる曲。
ギターはトレモロを織り交ぜる部分が多く、うっすらと効かせるシンセと共に冷ややかに感じさせます。

ツインのハモりで3連の規則的なフレーズを弾く入りから、続くゴリゴリとしたギターリフは効果的にハーモニクスを織り交ぜており格好良い。

4 Genaration Speedkill
ゴリゴリとしたギターリフで重厚に疾走感を出した入りから始まる曲。
テンポダウンさせて緩急をつけるものの比較的ストレートな印象です。

疾走感を出しつつも重厚なギターリフやメロディアスなソロパートは格好良い。

5 Neon Rebels
前曲と同じく重厚に疾走感を出した曲。
ギターリフはメロディアスにも感じますが、相当なダウンチューニングな上低音弦で弾いているのでとてもヘヴィ。

6 Possessing the Angels
ヘヴィで勢いのある曲調から雰囲気を変えメロディアスでドラマチックな間奏が印象的な曲。

ヘヴィでアグレッシブな流れのメロディパートからリズムチェンジをして入るギターソロはそれまでのメロパートとは違い、泣きを含みドラマチックな展開であり印象的です。

7 Spirits Of The Future Sun
残響の強いギターとシンセが壮大な雰囲気を作るイントロから入る曲。
疾走感を出したパートとスローで哀愁を含んだツインギターによるパートを交互に繰り返していきます。

テクニカルなギターソロはフレージングからタメを作った弾き方までロックな色合いが強い印象です。

8 Machingun Majesty
スラッシュテイスト溢れるザクザクとした刻みを中心としたアグレッシブな曲。

メロパートではメロディアスな色合いは薄い印象ですが、ギターソロではアルペジオ型の規則的なパートから入りアームを駆使したテクニカルで派手なソロを聴かせてくれます。

9 Room No 99
アグレッシブなパートを含みつつトレモロリフやリードが冷たく仄暗い印象を与えるアルバムラストの曲。
哀愁を含んだギターソロによるドラマチックな流れは美しく、デスボイスのスクリームが入り混じり激しく本編へと戻る流れは印象的です。

参加メンバー
ボーカル     BJÖRN “SPEED”STRID (ビョーン・スピード・ストリッド)
ギター    PETER WICHERS   (ピーター・ウィッチャーズ)
ギター    OLA FRENNING   (オーラ・フレニング)
キーボード   CARLOS HOLMBERG    (カルロス・ホルムバーグ)
ベース      OLA FLINK       (オーラ・フリンク)
ドラム     HENRY RANTA  (ヘンリー・ランタ)

勢いあるメロデス等を求めている方にはオススメのアルバムです。

“SOILWORK – THE CHAINHEART MACHINE 【アルバムレビュー】”でした