SONATA ARCTICA - RECKONING NIGHT
今日はフィンランドのパワーメタルバンドSONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)の2004年に発売しました4thアルバムRECKONING NIGHT(レコニング・ナイト)をレビューしていきます。

彼らの初期のアルバムとなると”Ecliptica”や以前レビューを書いた”Silence”が人気ではありますが個人的にはこの”RECKONING NIGHT”が最も気に入っています。

・勢いよりも曲としての構成を練った4thアルバム
アルバム全体を通すとキーボード音色を多用し歌メロを重視した”パワーメタル”である所は変わらないのですが最初期の疾走感を強く出した曲調は薄れ、
曲としての構成や展開をより練った物が多く“初期のメロディックスピードメタル/パワーメタルの音楽性とその後の彼らの変化した音楽性の中間にある作品”と感じます。

個人的にはこれが中々絶妙なラインだと感じています。

・クイーン的なクワイア(コーラス)を強く取り入れた作風
次アルバムではより顕著になりますが、ボーカルでありソングライターのトニー・カッコが影響を受けたと言うロックバンドである“クイーン的なオペラティックなクワイア”を取り入れているのが特徴的です。

また歌メロは少し変化的な展開の物が増え、強く疾走するだけではない聴かせ所が多く感じられる作品です。

・どこかレトロで幻想的な雰囲気
キーボードがオルガン系の音色を多用しているのもありますが、このアルバムを聴いていると今までの”キラキラして透明感”があると言うよりもどこか良い意味でレトロで幻想的な雰囲気があり引き込む魅力があります。

賛否ありますがアルバム自体の音質があまり宜しく無いのも良い効果を出している曲もあるなと感じます。

 

それぞれの曲の感想や印象を書いていきます。

アルバム RECKONING NIGHT 曲目

1 Misplaced
2 Blinded No More
3 Ain’t Your Fairytale
4 Reckoning Day Reckoning Night…
5 Don’t Say A Word
6 The Boy Who Wanted To Be A Real Puppet
7 My Selene
8 Wildfire
9 White Pearl, Black Oceans…
10 Shamandalie
11 Wrecking The Sphere  ※ボーナストラック
12 JAM [Hidden Track]

 

1 Misplaced
アルバム1曲目の彼ららしいノリの良いスピードナンバー。
一旦静止してからのハープシコード(チェンバロ)の音色でのペダル音を使いながらの連打の派手なイントロは特徴的です。
歌メロはハモりやクワイアが多くサビは中々印象的です。

2 Blinded No More
一曲目からはテンポを落とした落ち着いたミドルテンポの曲。
派手さは無いですがメロディーには中々味があり何度も聴いていると好きになってくるスルメな曲だと感じました。

3 Ain’t Your Fairytale
爽やかに勢い良く疾走するスピードナンバー。
北欧のバンドらしい何処か冷たく透き通ったサウンドでファンタジックな雰囲気があります。
疾走曲としては彼らの曲の中でもメロディーが個人的には特に好きな曲でもあります。
ここでもメロディーではクワイアを多用しサビが印象的ですが、中間部でテンポを落としヘヴィーに展開される所やエンディングも個人的には好きです。

4 Reckoning Day Reckoning Night…
次曲Don’t Say A Wordに繋がるインスト曲。
ピアノやストリングスの音を使い神秘的で幻想的に展開されます。
どこかゲームや映画のBGMの様でもありますが次曲への繋ぎが絶妙に感じます。

5 Don’t Say A Word
ヘヴィなギターにキーボードとオペラティックなクワイアを使い幻想的にドラマティックに展開するファスト・ミドルテンポの曲。
主軸の歌メロとそれに対してカウンターやハモりで入るメロやクワイアの流れはとてもスリリングで格好良く、壮大なサビ部分はとても印象的です。

ソロ以外は派手に動いていませんが7弦ギターを使用し今までの彼らの作品よりもギターがヘヴィになっておりそれも印象的です。

この曲はこのアルバムの中でも最も重要な曲の1つであり、それまでの彼らとの違い見せてくれた曲だと思います。

2005年に発売のベスト盤である”The End Of This Chapter”にはシングルバージョンが入っていましたが、私としてはこのアルバムバージョンが好きです。

6 The Boy Who Wanted To Be A Real Puppet
幻想的で少しメルヘンな雰囲気のあるミドルテンポの曲。
どこか切なくメランコリックな印象ですが、古いディズニー作品の様でおとぎ話的な雰囲気もありその不思議な世界に引き込まれる魅力があると感じます。

次アルバムではどこかこれに近い雰囲気に近い曲が多かった印象です

7 My Selene
ギタリストであるヤニ・リーマタイネン作曲。
哀愁に満ち歌い方からもどこか柔らかい雰囲気で前アルバムのVictoria`s Secretにも似たスピードナンバーです。
感情を強く出したサビの展開などは中々美しく感じます。
キーボードのアレンジも上手く雰囲気を盛り上げています。

8 Wildfire
イントロでは1分程語りの様なパートが展開される強く疾走感を出したスピードナンバーです。
歌い方からは今までにない力強さを感じますが、少々メロディー等は変化的で次アルバムに通じる所があります。
この曲もギターは中々にヘヴィで間奏部分でのギターとキーボードの特徴的なフレーズで押すパートは印象的です。

9 White Pearl, Black Oceans…
美しいメロディーが特徴的な切ない叙情的な9分ほどの長尺の曲。
この曲はメロディーとアレンジの展開がとても良いです。

初めのメロはしっとりとピアノの伴奏と共に進行しますが、徐々にテンポアップしアレンジが派手になり壮大に展開されるのが印象的です。

終盤は一旦テンポを落とし美しいピアノの旋律と共にしっとりと展開しますがそこから再び戻り疾走感を出し壮大なサビ、
そしてテンポを落とし余韻を残して美しいエンディングが展開され語りが入り終わる。
とてもドラマチックな曲です

10 Shamandalie
ピアノとアコースティックギターの伴奏で展開するバラード曲
4分の3拍子でしっとりと進行されこの曲でも歌メロがとても良くドラマチックです。
第一印象ではこのバンドのバラードの中でも特に気に入った曲でした。

11 Wrecking The Sphere ※ボーナストラック曲
ラストの哀愁を感じるスピードナンバー。
ドラムは倍テンで疾走感を出していますがメロディーやアレンジからは少々落ち着いた
雰囲気にも感じます。
イントロに間奏にエンディングのソロとキーボードが特徴的な曲でもあります

12 JAM [Hidden Track]
談笑しながらアコースティックギターにカホン?等のパーカッション楽器でジャムセッションしている様子を録音したトラックです。

参加メンバー

ボーカル  Tony Kakko (トニー・カッコ)
ギター   Jsni Liimatainen (ヤニ・リーマタイネン)
キーボード Henrik klingenberg (ヘンリク・クリンゲンベリ)
ベース    Marko Paasikoski (マルコ・パーシコスキ)
ドラム   Tommy portimo (トミー・ポルティモ)

一般的には上で述べたように初期作品では1stアルバム”Ecliptica”に2ndアルバム”SiLence”が人気ですが、

このアルバムは彼ら作品の中では私個人としては最も気に入っておりオススメです