THE DUSKFALL - SOURCE 【アルバムレビュー】
今日はスウェーデンのメロディックデスメタルバンド”THE DUSKFALL”(ザ・ダスクフォール)の、2003年に発売しました2ndアルバムSOURCEを紹介&レビューしていきます。

・デスラッシュな色合いを強くした2ndアルバム
“メロディアスで叙情的なフレーズを織り交ぜたギターリフやリード”を主軸にした曲調なのは前アルバムと変わりませんが、少々カッチリとスラッシュな色合いを強くした印象。

全体的にギターソロが減り、終盤の2曲が極端にメロディアスな色合いをそぎ落とした硬質なデスラッシュになっているのも特徴的です

ザクザクとした刻みの中に絶妙にメロディを入れたギターリフは格好良く、節々で見せるドラマチックな展開は秀逸。

今作においても部分的に似ているところはあれど、”IN FLAMES”・”DARK TRANQUILLITY”・”AT THE GATES”等とは違う、極端に憂鬱・悲壮感・ブルータルな要素の無い、ストレートにドラマチックな展開を聴かせてくれます。

・アルバム内で気に入った曲
アルバム内で優劣を付けづらい印象ですが、ミドルテンポの2曲目“Striving to Have Nothing”・4曲目“Source”・6曲目“Guiance”が辺りが印象的です。

疾走感を出した曲であれば1曲目“Case Closed”・5曲目“Not a Good Sign”辺りが気に入りました。

各曲の印象や感想。

アルバム SOURCE 曲目

1 Case Closed
2 Striving to Have Nothing
3 The Grand Scheme
4 Source
5 Not a Good Sign
6 Guidance
7 Lead Astray
8 The Destroyer

1 Case Closed
疾走感を強く出した3分程のコンパクトなオープニングナンバー
ザクザクとした刻みを中心とした硬質なパートから、徐々にギターがメロディアスに変化していく流れが印象的です。

2 Striving to Have Nothing
不穏な雰囲気を出した入りから始まるミドルテンポの曲。
イントロを過ぎると少々雰囲気は変わり叙情的なギターリフが耳を惹きつけ、じっくりとドラマチックな展開を聴かせてくれます。

3 The Grand Scheme
アグレッシブに展開していくアップテンポの曲。

メロディアスなパートがあるものの、全体的な雰囲気はAT THE GATESのSLAUGHTER OF THE SOUL収録曲の様な、カッチリとしてややブルータルな雰囲気も感じられます。

4 Source
叙情的なギターリードやソロが印象的なタイトルトラック。

弾き続けるのではなく、アグレッシブな曲調の中に適度にメロディを入れるギターリフやリードが秀逸です。
味わいのあるギターソロもとても格好良い。

5 Not a Good Sign
力強く叫ぶサビパートが格好良い疾走感を強く出した曲。
ザクザクとした刻みを中心としたパートから、叙情的なギターリードをバックに力強く叫ぶサビが印象的です。

6 Guidance
ミドルテンポの重厚な雰囲気の曲。
シンプルながらBパートでのギターリフや、サビの裏で微かに聴かれるリードは美しく、耳を惹きつけます。

7 Lead Astray
スラッシュビートで力強く突っ走る曲。
通してメロディアスな要素は薄く疾走感を強く出していますが、サビのギターリフからはDuskfallらしいフレーズ感も感じられて格好良いです。

8 The Destroyer
前曲Lead Astray以上にアグレッシブで疾走感のある曲。
3分に満たないコンパクトなものであり、メロディアスな要素は皆無ですがインパクトがあります。

参加メンバー
ボーカル KAI JAAKKOLA  (カイ・ヤーコラ)
ギター MIKAEL SANDORF (ミカエル・サンドルフ)
ギター GLENN SVENSSON (グレン・スヴェンソン)
ベース  KAJ MOLIN (カイ・モーリン)
ドラム  OSKAR KARLSSON  (オスカー・カールソン)

 

1stのクオリティをそのままに素晴らしい曲で占めらたアルバムであり、メロデス好きにはオススメの作品です。

単体よりも二枚組の1stとのセットも販売しているのでそちらがオススメです↓