RHAPSODY OF FIRE 2016年 渋谷O-EAST 感想

今日は”イタリアのシンフォニック/パワーメタルバンドRHAPSODY OF FIRE(ラプソディ・オブ・ファイア)の2016年3月11日渋谷 O-EASTでのライブの感想を書いていきたいと思います。
※セットリストのまとめは下の方に書いています。

新譜”INTO THE LEGEND“は力強さやストレートな疾走感を出した初期の作品にもやや近いテイストの曲が多かった為、今回の来日公演は結構楽しみにしていました。

ライブの数日前に調べて知った6日台湾でのセットリストや、直前で知った前日大阪でのセットリストも過去作から最新作まで盛り上がる人気曲だらけでしたから、今回はかなり期待して当日ライブ会場へと向かいました。

・当日会場前
現地に着いたのは18時少し前だったと思いますが、会場前には予想以上に人が居て驚きました

前売り券の整理番号は自分が確認できたのは700番位まででしたが、その時点での会場前の人数からして900人近く居たかと思います。

1月に行ったAMORPHISも同会場”渋谷O-EAST”だったので、その時との人数の差に驚きましたね。AMORPHISの方は前売り券の方は400人居なかったですから。

見渡した感じ割と女性も多く、カップルや夫婦で来ている感じの方々も多かった気がします。

・入場
自分より先に会場入りした人数で予想はできましたが、入場するとステージ前の方は完全に埋まっていました。

この日は体調が少し悪かった為、盛り上がるステージ前目か後ろで落ち着いて見るか迷っていましたが、そんな場況を見てやや後ろの方で見る事に。

時間になると暗転し壮大なオケによるオープニングが流れライブが開始。今回のニューアルバム1曲目である”In Principio”だったと思います。

・ライブ前半  ※特に休憩が有った訳でなく勝手に前中後に分けています
1 Distant sky
2 Unholy Warcry
3 March of the Swordmaster
4 Into the Legend
5 Speranze e Amor
6 Rage Of Darknes

In Principioからそのままニューアルバム同様に続くアップテンポのDistant Sky。

“Of Fire”以降の曲は初期作と比べるとイマイチ盛り上がりにくいと感じていましたが、今回の”Distant Sky”・”Into the Legend “・”Rage of Darkness”の3曲はストレートで勢いのある曲なので結構反応が良く盛り上がってましたね。

しかし、この中で最も心を奪われたのは5曲目に演奏されたバラードである”Speranze e Amor”でした。

只々”ファビオ・リオーネ”の感情表現やオペラチックで力強くどこまでも伸びていく歌唱に圧倒されました。

勿論他のアップテンポの曲も通して力強く凄まじかったのですが、バンドサウンドが前に出ないバラードの為、ボーカルが際立ちその歌唱に深く引き込まれました。

 

・ライブ中盤
7 Land Of Immortals
8 Holy Thunderforce
9 Lamento Eroico
10 ドラムソロ
11 Rain Of A Thousand Flames
12 Village Of Dwarves
13 ギターソロ
14 Winters Rain

Rhapsody時代の人気曲が続く中盤。

“Land Of Immortals”から”Holy Thunderforce”と来て定番のオペラバラードである”Lamento Eroico”。
ドラムソロを挟んでからの”Rain Of a Thousand Flames”から”Village Of Dwarves”。
その後も凄まじいキラーチューンが続く訳ですが、観客の反応も良くどれも凄まじい盛り上がりで、初め冷静に見ていた自分もこの辺からは自然とノリノリになり合唱等に参加していました。

序盤の新譜からの曲も上々でしたが、流石にこの辺の初期作からの人気曲の方が反応は良かったですね。

事前に調べたセットリストで知ってはいましたが、“Rain of a Thousand Flame”は勢いがありとても盛り上がる曲ですがミニアルバム収録で目立たない印象だったので、中々に嬉しいサプライズでした。

間のドラムソロも“アレックス・ホルツヴァルド”が凄まじいツーバスの連打を織り交ぜた力強いプレイを見せ、とても聴きごたえがありました。通して思いましたがこの方演奏が安定していてとても上手い。

12曲目”Village Of Dwarves”が終わるとオケをバックに”ロベルト・デ・ミッケリー”による幻想的な雰囲気のギターソロへ。
それほどテクニカルなプレイはせずシンセ?や空間系を強く効かせた雰囲気で盛り上げる感じで、次曲のWinter’S Rainへの繋がりを意識している様でした。

このWinter’s Rainに関しては個人的にはイマイチ掴みきれてない曲なので、あえて言えば今回のセットリストの中では目立たない印象。

・ライブ後半
15 Dawn Of Victory
アンコール
16 Wisdom of the Kings
17Power Of The Dragonflame
18 The Magic Of The Wizard Dream
アンコール2
19 Reign of terror
20 Emerald Sword

Dawn Of Victoryは個人的には最も好きな曲の1つなのでとてもテンションが上がりましたが、アンコールを挟んでからのWisdom of the Kings、緊迫感があるPower Of The Dragonflameまでの流れは凄まじく熱く感動的でしたね。

しかしそれで終わらず、続く壮大でオペラチックなバラードである”The Magic Of The Wizard Dream”も”Speranze e Amor”同様強く引き込まれました。

曲間のMCは英語だったので明確には意味を理解しきれなかったのですが、この曲にゲスト参加しており去年亡くなられたクリストファー・リー氏について触れられていました。

2度目のアンコールからはイントロから強烈なハイトーンシャウトが入り盛り上がる”Reign of terror”。

終わってからの“Emerald Sword”に行くまでの焦らした感じは面白かったですね。

最も希望されてると分かっていてセットリストにも入ってるのに、中々切り出さず観客に振ったりして勿体ぶってました。

一連の煽りにやり取りが終わると「センキューアリガトウ」と”ファビオ”が喋り”Emerald Sword”がスタート!

通して声援が飛び交い観客も総出で大合唱し、最高潮の盛り上がりでした。自分も悔いの無いように参加し燃え尽きました。。

ただ、この時イントロの演奏が少しグダッていたのが気になりちょっと残念でした;

ラストはメンバーがステージ前に来ての観客への挨拶や前列の方々とのコミニケーションから定番の肩を組んでの記念撮影をしてライブは終了。

 

・全体の感想

どの曲だったか少し記憶が定かではないのですが、序盤で”ファビオ”が一旦ソロパート中に引っ込んで戻るのに少し時間がかかっていた場面が見られ、ちょっと心配になりましたが、大きな問題は無かったみたいでしたね。

出だしは本調子じゃなかった様な気がしましたが、終始力強く伸びやかなオペラ調の歌唱や盛り上げるアクションが惹きつけ、スポットライトを浴びながらの曲間のMCや曲中の盛り上げも慣れた感じでバンド内ではやはり一番存在感がありました。

序盤は少しギターソロで気になる部分がありましたが、基本はどのパートも演奏は安定しており再現度は高かったと思います。

オケを使用したド派手なサウンドと”ファビオ”のボーカルがメインなのでしょうがないのかもしれませんが、安定していたものの”ファビオ・リオーネ”以外は目立った見せ場が少なく、その部分がやや気になりました。

それ故か”ファビオ”の歌唱が前面に出るバラード群に個人的には心を奪われ強く引き込まれた印象でした。

 

前二つの感想と比べると少し淡々としてしまいましたが、通して凄まじい盛り上がりの素晴らしいセットリストによるソロパートを入れて20曲2時間越えの濃密なライブでした!

2月は忙しく、行く予定だった”Cain’s Offerring”や”Soil work”のライブに行けず、残念な気分でしたので今回のライブで結構スッキリとしました。出来るならベストコンディションで見たかった;

以上”RHAPSODY OF FIRE 2016年 渋谷O-east”【ライブ感想】”でした。

次は売り切れ前にチケットを確保した”KALMAH”の東京公演に行く予定です。

 

・セットリストまとめ 
1 Distant sky ※
2 Unholy Warcry
3 March of the Swordmaster
4 Into the Legend ※
5 Speranze e Amor ※
6 Rage Of Darknes ※
7 Land Of Immortals
8 Holy Thunderforce
9 Lamento Eroico
10 ドラムソロ
11 Rain Of A Thousand Flames
12 Village Of Dwarves
13 ギターソロ
14 Winter’s Rain ※
15 Dawn Of Victory
アンコール
16 Wisdom of the Kings
17Power Of The Dragonflame
18 The Magic Of The Wizard Dream
アンコール2
19 Reign of terror
20 Emerald Sword

※INTO THE LEGEND 収録曲

一応セットリストは後に確認して間違っていたら修正します。