STRATOVARIUS 2016年 新木場Studio Coast 【ライブ感想】

今日は”フィンランドのメロディック・パワーメタルバンドSTRATOVARIUS(ストラトヴァリウス)の2016年1月29日新木場スタジオコーストでのライブの感想を書いていきたいと思います。
※セットリストは下の方に書いています

久しぶりに買ったSTRATOVARIUSの新譜”ETERNAL”は個人的にとても良いアルバムでしたので、今回の来日公演に関しては心待ちにしておりました。
前々日に行ったAMORPHISのライブもとても盛り上がり、興奮さめやらぬ内に公演日を迎えました。

しかし、そんな心境に反してこの日は雨が降り気温も低くとても寒かったですね…

整理番号が後ろの方だったので、館内のロッカーが使えなくても良い程度に少し重ね着して最悪腰に巻いて聴ける程度の服装で行こうと考えましたが、この気温と雨では入場待ちする時きついと考え大人しく暖かい格好で向かいました。

現地は暗かったので正確な人数は把握していませんでしたが、整理番号毎に待機する場所が決められており、400~が一番後ろだった為、前売り券組で500人位だったのでしょうか。

先々日のAMORPHISのライブに来ていた総人数と同じくらい?

寒さや雨に耐えながら呼び出しを待ち、無事に入場。
このスタジオのキャパに対してかなり余裕のある入場人数だった為、ロッカーも問題なく使えました。(キャパは2000を超える所だったと思います)

流石にステージ最前列は先に入場した方に陣取られて居ましたが、難なくステージ前目をキープすることができましたね。(後にツイッターでSTRATOVARIUSが挙げた画像を見る限りでは最終的には1階満員ぽいですね)

 

開始時間が近づくと企画したクリエイティブマンの今後のライブ告知が入り暗転。

オケによるオープニングや、動く複数のスポットライトで雰囲気を盛り上げながらメンバーがステージに現れ、一曲目から新作ETERNALのオープニングトラックMy Eternal Dream“で勢いよくライブが始まりました
ブラスが勇ましく盛り上げるストレートな展開の曲なのでライブの掴みとしても良かったですね。

そして人気曲“Eagleheart”
イントロやエンディングでは「オーオオ オーオオ 」と“観客参加の熱い合唱”。サビでも合唱しとても盛り上がりました。2曲目ですが、この時点で「ああ、来て良かった…」と感動していました。

続いて“Phoneix”!
サビ前部分でのタメはCDでは少し長く感じられますが、ライブでは観客が掛け声で参加してこの部分は熱かったですね。メロディーも良いし素晴らしい曲です。

雰囲気を変えて新譜ETEENALのしっとりとしたバラードLost Without a Trace、メロディアスで叙情的な曲S.O.S”

そしてベーシスト “ラウリ・ポラー”による“ベースソロ”へ。
フィンガリングによる”高速アルペジオ”スラップによるダイナミックなプレイを見せてくれ、左手をフレットに置いた変則的な奏法によるテクニカルなパフォーマンスと続き、とても格好良かったです。

ソロからはポップな”PARADISE”“Against The Wind”と続きました。

Against The Windは初期の代表曲の1つですが、2016年のライブで演奏してくれるとは少々意外でした。CD音源でも久しく聴いていなかった様に感じます。

そして新譜の中でも最も楽しみだった11分の壮大な大作曲“The Lost Saga”へ。。

イントロの”荘厳なコーラスのオケ”から”力強く勇ましい前半のメロパート”、”メロディアスなソロからスローで哀愁の漂うパート”、”再び力強く展開するメロパート、一連の流れは”ライブでは更に力強く感動的”であり本当に最高でした。。
この曲はこれから先の来日公演では聴けない可能性が高いですからね、これを聴くのが本当に楽しみでした。

大作の余韻を残しての叙情的なイェンス・ヨハンソンによるシンセリードのキーボードソロ

ソロが終わるとキーボードの音色をハープシコード(チェンバロ)に切り替え、あの曲を…

“Black Diamond”!
このバンドの曲で私自身が初めて聴いた曲であり、コピーしてよく弾いた思い入れの強い曲です。
こういう曲を熱狂的なライブで直に聴くのは本当に感動しますね。
クラシカルなキーボードの入りから場内は盛り上がり、ギターの刻みが力強く入るところで私のテンションは最高潮でした。

自分でも弾いた事のある曲なのでマティアスやイェンスのソロの掛け合いをじっくり鑑賞する気でいましたが、ソロパートでは”ティモ・コティペルト”がステージ左右に動き観客に向かってペットボトルを投げる海外の公演等でもよく見るパフォーマンスがあり、視線はペットボトルの行方に何度か奪われました。

エンディングでは”ラルフ・ピルヴ”による力強いドラムのプレイを聴かせてくれて終了。

Black Diamondが聴けた事に感動していると物悲しいピアノとシンセサウンドから物悲しくも力強い“UnBreakable”の演奏へと続き本編が終了しました。

 

メンバーがステージからはけてアンコールへ。

アンコール一曲目は“Shine in the Dark”!
これも新譜ではかなり好きな曲だったので、ライブで聴けてよかった。。

CDで聴いた時は2段展開し変化をつけた後半のサビが好きでしたが、ライブでは前半部分で観客が一体になって合唱していた為、そこが一番盛り上がりていましたね。

そしてアンコールラストは定番の曲Hunting High and Low”!!

演奏前にMCでティモ・コティペルトが「イッショニウタッテ」と喋っていたのは驚きました
勿論そのつもりでした、こちらも待ってました!

この曲は本当に盛り上がりましたね。イントロから熱気に包まれていましたが、サビパートでの観客総参加の大合唱!

ライブでこの曲を演奏する時の定番の流れですが、ソロパート後に「他の公演の方が盛り上がっていたぞ」って言いながら観客にコーラスを何度も要求するんですよね。
この時の盛り上がりは凄まじかったですね。
私も残った気力を全て振り絞り、出せる限りの声を出して合唱に参加しました。

本当最高に盛り上がった、あっという間の1時間半程でした。

 

今まで強く意識してませんでしたけど、ベーシストの”ラウリ・ポラー”は上手かったですね。
ギターの”マティアス・クピアイネン”と共に度々動きながらも演奏は安定してました。

マティアス・クピアイネンやベテランの”イェエンス・ヨハンソン”も良かった(パンフでも気づいてましたがマティアス太ったかな?)。
ドラマーの”ラルフ・ピルヴ”も安定していました。

ボーカル”ティモ・コティペルト”はパフォーマンスに身振り手振りの盛り上げや、「アリガトウ」や「タノシンデル?」と日本語を交えてのMCもとても慣れた感じで、ボーカルとしての歌唱を含めて通して完成されていましたね。

しかし、Hunting High and Low演奏後でも言っていましたが、「オイシイ!」ってどういう意味合いで使っていたのだろうか?
とても盛り上がりましたが、あれだけは周りの人も「今オイシイって言った?」「どういう意味で使ったの?」と疑問を少し感じていました。

2016年 新木場Studio Coastセットリストです↓
1 My Eternal Dream※
2 Eagleheart
3 Phoneix
4 S.O.S
5 Lost Without A Trace※
6 ベースソロ
7 Paradise
8 Against The Wind
9 The Lost Saga※
10 キーボードソロ
11 Black Diamond
12 UnBreakable

アンコール
13 Shine in the Dark※
14 Hunting High and Low
※新譜”ETERNAL”収録曲

疾走感ある曲ならSpeed of LightとかバラードならForeverも聴きたかったのですが、新譜から古い作品まで広い範囲での選曲でした。

意外な選曲もありましたが、どれも好んで聴いている馴染みのある曲で凄い楽しかったですね。

27日の”AMORPHIS”(アモルフィス)のライブも最高でしたが、”STRATOVARIUS”もとても良かった! 短いスパンでこんなに盛り上がるライブを続けて見る事ができて今週は本当に幸せでした。

以上”STRATOVARIUS 2016年 新木場Studio Coast 【ライブ感想】”でした。