DGM ELVENKING 来日 JAPAN TOUR 2016
イタリアのプログレッシブメタルバンド”DGM”とフォークメタルバンド”ELVENKING”の、2016116新宿MARZでのライブの感想を書いていきたいと思います。

※メインだったELVENKINGとDGMの感想のみです。

 

KNOTFEST 16にJAPANESE ASSAULT FEST 16の2日目と被ってしまった今回の東京公演。

ちょっと迷いましたが、KNOTFESTの方は見たいバンドの演奏時間の短さや再来日してくれそうな感じであり、JAFは初日の方を行く予定でした。(先月末から風邪をひいており中々回復しなかった為諦めました..)

 

・当日会場へ
当日は病み上がりでしたので、長時間前方でスタンディングでライブを見るのはキツイと判断し、無理して時間を空けて早く行かず、開演予定を少々過ぎた時間に入場いたしました。

丁度サポートの”ANCIENT MYTH”が始めの1,2曲目?を演奏している辺りだったと思います。

ジャンルは違うものの他の公演と被っていたので客入りを心配していましたが、前売りソールドアウトのアナウンス通りで、開場に入るとステージのある地下1階はほぼ満員で物販などがある1階にも人が溢れており結構混雑していました。

私はとりあえずサポートの”ANCIENT MYTH”と”AKSHASA”に関しては体力を温存することを考え、後ろの方でゆったりと見ることにしました。

この会場は後ろの方の天井が低く中央に大きな柱があるため、ある程度前に行かないとステージが見にくいんですよね;  この時は後方でもステージが見えるように付けられたモニターの方を中心に見ておりました。

 

・ELVENKING 

今回のセットリスト↓

The Manifesto
1 The Scythe
2 Elvenlegions
3 A Riddle of Stars
4 The Wanderer
5 Moonbeam Stone Circle
6 Lethien ヴァイオリンソロ
7 This Nightmare Will Never End
8 Twilight Of Magic
9 Pagan Revolution
10 Runereader
11 Grandier’s Funeral Pyre
12 The Divided Heart
13 The Loser

サポートの2バンドが終わり遂に個人的には目当てだった”ELVENKING”の出番になり、交代時間での人の移動を見て前方の方へ移動しました。

正直に言うと個人的には”DGM”よりもライブが楽しみだったバンドでした。

 

現れたメンバーは最新作のPVやフライヤー通りフォーク/ヴァイキング勢特有のメイクとファッションで登場。

初来日でありパフォーマンスに関しては未知数でしたが、ライブを通して左側の髪を大胆に刈り上げたルックスのボーカル”Damnagoras”のテンションの高いパフォーマンスがとても目立っておりました

常にマイクにスタンドを持ちながらの時には派手に掲げたりステージに向けたり、積極的に左右に動いての煽りはとてもエネルギッシュ。

彼らの曲はベタベタなフォークメタルではなく、フォークメタルにパワーメタル的な音楽性や、時にはポップに、時にはメタリックでアグレシッブであったりと様々な色合いを見せてくれ、そんな楽曲に力強いパフォーマンスと相まったライブは通して観客の反応はとても良く素晴らしい盛り上がりでした。

個人的に”The Wanderer”・”Elvenlegions”・”Moonbeam Stone Circle” ・”The Loser”など見たかった曲を複数ライブでみることができたのですが、LIVE CLIPを見てこのバンドに興味を持ったキッカケだった”Pagan Revolution”を演奏してくれたのが嬉しかったですね。

演奏された中では短く比較的シンプルな曲ですが、爽快でストレートな曲調はノリやすい為観客の反応もよく、ライブでも力強い盛り上がりを感じさせてくれました。

中盤でのドラムの演奏や観客の手拍子をバックにした、”Lethien”のインパクト十分な見た目の”WOOD VIOLINS”のエレキヴァイオリンでのソロも、他のバンドでは中々見れないもので貴重な体験でした。

初来日でありどのようなパフォーマンスをしてくれるのか楽しみにしていましたが、予想以上に力強くて、エネルギッシュなパフォーマンスはとても好印象

フォーク色の強いバンドは日本には全く来ないので好きな私としては寂しく感じていましたが、本当に楽しいライブでした。

演奏された中から”The Loser”のOFFICIAL VIDEOです↓


 

・DGM

今回のセットリスト↓

1 The Secret (Part 1) 
2 The Secret (Part 2) 
3 Animal 
4 Reason 
5 The Passage 
6 Universe 
7 No Looking Back 
8 Repay
9 …In a Movie
10 Fallen
11 Ghosts Of Insanity 

12 Trust 

アンコール
13 Hereafter 
14 You wa Shock (クリスタルキング愛をとりもどせ!!” カバー)

2014年に行われた前回の公演には行けなかったので初DGMライブでした。

病み上がりだったのもあり”ELVENKING”の方でほぼ力尽きていた為、DGMは仕方なく後方に移りじっくりと見ていました;

こちらも派手に動きながらメンバーと積極的に絡んだり身振り手振りをする、表情豊かなボーカル”Mark Basile”のパフォーマンスは楽しげであり、会場を盛り上げるのがとても上手い

歌唱に関しても文句なく上手く素晴らしい再現度。

ギター”Simone Mularoni”もテクニカルなソロを難なくこなし演奏力は抜群

キーボード”Emanuele Casali”とのテクニカルなソロの掛け合いや、ハモりやらユニゾンも全く乱れず、バンド全体としての演奏はとても安定していました。やはりバンドとしての演奏の安定感はELVENKING よりもこちらの方が上でしたね。

ライブ中の観客の反応は、随所でDGMコールが起こり、熱気に包まれ素晴らしい盛り上がりでした。

特にELVENKINGのメンバーもステージに上げて行われたラスト”You wa Shock”では、観客も総出でシンガロングし凄まじい盛り上がりでした。(後方だったのでELVENKING のメンバーが何をやっているのかはよく見えなかったですが)

現在のボーカルは初めにこの曲をカバーした方とは違う方と記憶していますが、日本語での歌唱はかなり上手かったですね。サビは少し怪しかったですが、予想以上に上手くて驚きました。

この時正直疲れ切っていた私も、世代ではありませんが馴染みのある曲なのでつい声を出し腕を掲げてノリノリになっていました。

正直ラウドパークでの”Symphony X”を少し期待してしまっていたため、初めは曲調などの違いでノリきれませんでしたが、通して再現性が高く素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたバンドでした。

演奏された中から”Trust”のOFFICIAL VIDEOです↓


通して観客の反応も素晴らしくバンドのパフォーマンスもとても良い本当に楽しいライブでした。来日してくれた”ELVEMNKING”に”DGM”や、今回招聘してくれたEvoken de Valhall Productionありがとうございました!

 

次のライブは「Norwegian Black Metal Fest」 の予定ですが、今回のライブ後再び体調が悪化したので当日までに体調が治るかちょっと心配です;

以上、”DGM – ELVENKING  2016年 新宿MARZ 【ライブ感想】”でした。