norwegian-black-metal-fest
2016年11月16日 “16日東京/吉祥寺 CLUB SEATA”で行われた「Norwegian Black Metal Fest」の感想を書いていきたいと思います。

※メインだったSOLEFALD・KEEP OF KALESSIN・VREIDの感想のです。

KALMAHでも来日した”Vreid”をメインにしつつ、初来日の”KEEP OF KALESSIN”・”SOLEFALD”をスペシャルゲストとしたノルウェーのブラックメタルに属する3バンドによる、この先日本ではまず見れないであろう組み合わせのとてもレアな公演。

 

・当日会場へ
発売から結構遅くにTシャツ付きチケットを購入し発券したのですが、その番号と会場のキャパからかなり余裕がありそうだったので、当日は急がず開演直前に着く位に会場に向かい到着。

 

受付を済まし会場に入ると、予想以上に入りが少なくキャパの3割入っているかも怪しい感じでした。(最終的にはもう少し入っていたと思います)

平日の東京二日目なので覚悟していましたが、これは予想以上に寂しい;

 

ただ、横に広い会場でそんな感じの客入りなので、ライブ中は何時でも最前列へ行くことができ、演奏後メンバーと握手できたのは良かった点かもしれません。

モッシュとか特に無かったのも個人的には有難い。

だからといって全く盛り上がって無い訳ではなく、声援も結構聞こえたので、じっくりと見に来た人が多かった印象です。

 

・SOLEFALD

今回のセットリスト↓

1 CK Ⅱ Chanel No.6
2 Song Til Stormen
3 Red View
4 World Music with Black Edges
5 The U.S.A. Don’t Existl
6 Sun I Call
7 Vitets Vidd I Verdi
8 When The Moon Is on the Wave


 

まずは今回が初来日の”SOLEFALD”

正式なメンバーは2人ですが、”ギター・ボーカル”、”ギター”、”ボーカル”、”キーボード・ボーカル”、”ベース・ボーカル?”、”ドラム”とサポートメンバーを入れて合計5人。

ギターを除く各メンバーが”闘魂”や”日本”?と書かれた日の丸ハチマキに、正式なメンバーである”Cornelius Jakhelln”などは白衣のような服と、中々にインパクトのある見た目で登場。

そんな感じで登場しながらも、1曲目”CK Ⅱ Chanel No.6″演奏前には「Solefaldです」と日本語で丁寧に挨拶。

 

他の2バンドと違い細かくライブで演奏される曲をチェックしていなかった為、殆ど曲を知らない状態でしたが。

演奏される曲は、2~3人による土着的な色合いのクリーンボイスを重ねていくパートが多々見られ

その曲調はブラック的に、ポップに、調性が曖昧なフレーズやリズムチェンジをしてプログレッシブに、そしてトランス的なシンセサウンドやパーカッシブなノリよく軽快なパートもあり

様々な色合いを違和感なく聴かせていく多彩な音楽性

 

個人的には選任や楽器兼任のメンバー複数での力強いコーラスパートがかなりツボでしたが、思いもよらない曲展開を次々と見せていくのもとても楽しい。

サポートメンバーは固定なのか分かりませんが、複数人での不雑なコーラスワークは特にミスがなくとても上手い。

また、要所要所でなんとも言えない哀愁を感じさせるメロディを聴かせてくれ、その奥深い音楽性にライブ中完全に引き込まれていました..

 

ブラックどころかメタルからも離れた”sun i call”なども披露しましたが、しっとりと郷愁的な雰囲気を見せるこの曲にも完全に聴き入っていました

 

曲調から常にヘドバンするような感じではありませんが、アグレッシブなところではサポート含めて各メンバーが動き盛り上げ

派手ではありませんでしたが予想よりも熱さも感じさせるライブでした。(格好はとても熱かったですが)

 

正直他2バンドに比べて予備知識も少なくチェック不足でしたが、個人的には予想以上に好印象で感動しました。

単独は難しいと思いますが、是非何かしらの機会でまた見てみたいバンドです。

ライブ後”Cornelius Jakhelln”に素晴らしかったと拙い英語で伝えましたが、他のメタルバンドのメンバーと違いどこか上品な雰囲気のある方で、ライブ中にも感じましたがとても良い人柄が伝わってきました。(その後も何度も会場で鉢合わせになりましたが、丁寧な会釈を返してくれました)

 

とりあえず何かしら貢献したいと思っていたので残っていた唯一サイズの合う最新アルバム柄のバンドTなどを購入。

 

・KEEP OF KALESSIN

今回のセットリスト↓

1 Dark Divinity
2 The Grand Design
3 Universal Core
4 Introspection
5 The Awakening
6 The Divine Land
7 Ascendant

 

SOLEFALDに続きこれも初来日の”KEEP OF KALESSIN”

今回の公演が発表された時最も楽しみにしていたバンドです。

一応客入りが少なかったので最前一つ前位には簡単に行けたのですが、期待してる人が多かったからか”Solefald”の時よりも演奏前に前列に行く方が多いように感じました。

 

現れたメンバーはサポート抜きで、ギター・ボーカルの”Obsidian C”、ベースの”Wizziac”、ドラムの”Vyl”の3人のみで、厚いコーラスやら壮大なオケは完全に同期に任せた形。

 

Obsidian Cは、ソロからリフまで常にギターとしての仕事をこなしながらボーカルも兼任し、合間では手を抜かずパフォーマンスで盛り上げる。

 

ベースの”Wizziac”も、幾度もコーラスに参加しつつ、長髪を振り回しての激しいヘッドバンを見せていったりと

本当に”フルで演奏とステージパフォーマンス”をしていましたが、二人とも慣れた感じで上手いことこなしておりとても格好良い。

 

そして、終始マシンが如き正確な高速ブラストにツーバスやらフィルを披露していく”Vyl”のドラムは、本当に凄まじかったですね。アルバムでも聴いて分かっていましたが、ライブでもそのままで凄すぎる..

終始ヘドバンしながら曲に浸りノリノリだったので細かい所までは聴いてませんでしたが、崩れたとかミスしたなというのは特に感じませんでした。

 

Obsidian CはMCも慣れているようで、「速い曲と遅い曲どちらが良い?」と何度も観客に尋ね(観客は勿論速い曲一択)焦らしつつ、最後に「ok、スローソング」と言いながらも、爆速のブラストから入る”Universal Core”など、曲間のMCで盛り上げるのが中々に上手い。

 

今回演奏されたのはファストな曲だらけだったので、入りが少ないながら盛り上がってましたが、6曲目に”DIVINE LAND”が告げられた時の声援が一際強かったように思います

 

私も事前にセトリを調べており、それまで初日と変わらない選曲で来ていたので、てっきり”Dragon Iconography”を演奏すると思い込んでいましたが、次は”Divine Land”と告げられた時に驚きの声を上げてしまいました。

爆速のブラストの上にコーラスやらオケを乗せ壮大でドラマチックに展開していくこの曲はやはり最高に格好良い!

人気の” The Awakening”やラスト”Ascendant”なんかも勿論良かったのですが、“Divine Land”は本当にライブで聴くことができて良かったなと感動しました..

 

少々気になったのはやはりギターが一人でボーカルと兼任している故か、思っていたよりも迫力に欠けていた所でしょうか。

 

メンバー3人で上手い事曲を再現していましたが、ギターソロの時はバッキングがベースとドラムだけになってしまいますし、もう一人居ても良いのではと感じさせました。

その前のSOLEFALDよりもとても圧の強いライブになるだろうと思っていましたが、そこまでではなかったというのが正直な所です。

 

しかし、このバンドも単独で見たいですね。約50分だけというのはやはり短い。

こちらはSolefald以上に物販は残っておらず、バンドTもサイズの大きいXLしか無かったので諦めました..

後でサイズ変更も出来なくはないし買っておけば良かったかなと今では少々後悔しています;



 

・VREID

今回のセットリスト↓

1 Helvete
2 Geitaskadl
3 Repd By Light
4 Væpna lengsel
5 Jarnbyrd
6 The Reap
7 Sights of Old
8 Når Byane Brenn
9 Sólverv
10 Pitch Black

 

KEEP OF KALESSINの激しい演奏が終わると、今回のメインである”VREID”。

今年3月にKALMAHのサポートで来日していたので見るのは2度目ですが、前回は姿のあまり見えない後方で見ており、深く入り込みはしていませんでした。

 

強く意識してなかった前回も思いましたが、演奏は言うことなしでバンド全体が纏まっておりとても安定している。

 

前の”Keep of Kalessin”は只管にブラストの連打でしたが、打って変わり“スローで重厚なパート”と”ファストなパート”が程よくあり、気持ち良くノリやすく、タイトなドラムもとても心地よい

個人的には3バンドの中で一番長い時間ヘドバンしていたかもしれません。(KEEP OF KALESSINは、速すぎて途中で抑えめになっていました)

 

このバンド硬派なブラックメタル調の曲も良いのですが、”Raped by Light”なんかでの”korpiklaani”・”FInntoroll”のようなフォーク/ペイガン的なノリが入り混じる曲も良いですね。

 

派手ではないものの曲に合わせたクールなステージパフォーマンスも格好良く、特に髭を生やしパーカーを着ているベーシスト”Hvàll”はとても渋い

 

2度目ではありますが今回はこのバンドがトリで良かったのではないかと思いました。

前2バンドももっと長く見たかったですが、演奏やステージパフォーマンスも言うことなしで、イベント名通り一番ブラックメタルらしく、手堅いバンドでした。

 

今回はトリなので気合が入っていたのかもしれませんが、良かった故に前回軽くライブを見ていたのはとても勿体無かったのではないかと考えさせられました。。

自分も以前はそう感じていたので、アルバムが少々地味で敬遠されがちだと思うんですが、気に入れば安定感があり堅実なライブで十分に満足出来る良いバンドだと思います。

こちらは最新アルバム柄のTシャツは残っていなかったので、もう片方のバンドTとサイン入りCDを購入。



発表された当初は、”Vreid”は2度目だし”Solefald”はライブどうかなと思っていましたが、3 バンド共に異なる持ち味で楽しませてくれ、今年見に行った中でもかなり満足度の高い公演でした。

久しぶりにライブ当日体調が良かったのも最高に楽しめた理由かもしれません。

 

サプライズとして新たに発表された、Evoken de Valhall Productionによる“Equilibrium”・”SUIDAKRA”・その他?によるペイガン系公演もとても楽しみです。

以上”Norwegian Black Metal Fest 2016年 吉祥寺 CLUB SEATA 【ライブ感想】”でした。