AD INFINITUM『CHAPTER I: MONARCHY』
スイス出身のシンフォニック・メタル・バンド 、AD INFINITUM(アド・インフィニトゥ)デビューアルバム『CHAPTER I: MONARCHY』(チャプターⅠ:モナーキー)を2020年4月3日にリリース

リリース元は海外でNapalm Records、日本ではワードレコーズ。

アルバム収録曲「Marching on Versailles」はOliver Philippsにプロデュースされ、ミックス/マスタリングをJacob Hansen (AMARANTHE, EPICA, THE DARK ELEMENT)が担当しました。

OFFICIAL VIDEO

4. See you in Hell NEW!


2. Marching on Versailles


5. I Am the Storm (シングルヴァージョン)


Spotify


-トラックリスト-
1. Infected Monarchy
2. Marching on Versailles
3. Maleficient
4. See you in Hell
5. I Am the Storm
6. Fire and Ice
7. Live Before You Die
8. Revenge
9. Demons
10. Tell Me Why

チャプターI:モナーキー[CD(日本語解説書封入)]

Marching On Versailles

日本盤インフォメーション
アド・インフィニトゥムが女性シンガーのメリッサ・ボニーがソロ・プロジェクトとして始動したのは2018年のこと。スイスのモントルー出身のメリッサは、カヴァー・バンドでの活動を経て、2012年にシンフォニック・フォーク・メタル・バンドのEVENMOREに加入。EPとアルバムを1枚ずつリリースする一方で(2018年に脱退)、2015年にエレクトロ・グルーヴ・メタル・バンドのRAGE OF LIGHTにも参加した彼女は、自身が以前からやりたいと思っていたシンフォニック・メタル・プロジェクトのアド・インフィニトゥムをスタートさせる。

2018年11月に1stシングル「アイ・アム・ザ・ストーム」をリリースし、パワー・メタルにシンフォニックなエンセンスを取り入れたスタイルを披露すると、その後、エイドリアン・ゼセンヴィッツ(ギター)、ヨナス・アスプリンド(ベース)、ニクラス・ミューラー(ドラム)を迎え、バンド体制となったアド・インフィニタムが完成させた1stアルバムがこの『チャプター I:モナーキー』である。

シンフォニックなサウンドにゴシックのテイストを織り交ぜた楽曲はヘヴィでありながら妖艶さを感じさせるのが魅力で、叙情派のヴォーカル・メロディも親しみやすい。大仰なシンフォニック・サウンドで聴かせるタイプではなく、メロディックなヘヴィ・メタルのエッセンスがあるのも特徴的で、メリッサのクリアでパワフルな歌声もインパクトがある。ヨーロッパには女性シンガーを擁するシンフォニック・メタル・バンドは数多く存在するが、このアド・インフィニトゥムも世界中のシンフォニック/ゴシック・メタル・ファンを魅了することは間違いないだろう。

AD INFINITUM

2018年に女性シンガーのMelissa Bonny(Vo)によりソロ・プロジェクトとして始動。4人組編成のバンドとして活動するスイス出身のシンフォニック・メタル・バンドです。

2018年11月にファーストシングル「I Am The Storm」をリリースし、その後Niklas Müller(Dr), Jonas Asplind(B) ,Adrian Theßenvitz(Gt)が加入し現在のバンド編成になりました。

メンバー

Melissa Bonny – Vocals
Adrian Thessenvitz – Guitars
Jonas Asplind – Bass
Niklas Müller – Drum

関連リンク

Official SiteFacebookInstagram 、 Spotify

関連作品


 

 




紹介した新譜リリース一覧