AETHER REALM『REDNECK VIKINGS FROM HELL』

アメリカのフォーク/メロディック・デスメタル・バンド、AETHER REALM が新曲「Slave to the Riff」のリリックビデオを公開しました。

この曲は海外で2020年5月1日リリースのニューアルバム『REDNECK VIKINGS FROM HELL』に収録されます。

 

以下は公開されている同アルバム収録曲のオフィシャルビデオです。

2. Goodbye

『REDNECK VIKINGS FROM HELL』情報

2017年の前作『Tarot』以来であり通算3作目となるスタジオ・アルバム。

海外でNapalm Recordsより2020年5月1日にリリース。

Napalm Recordsのインフォメーションでは以下のように紹介されています。

「Redneck Vikings From Hellの11トラックはそれぞれ完全に異なり、AETHER REALMのルーツに焦点を当てています。

バンジョーを満載した壮大なフォークメタルにインスパイアされたタイトルトラック「Redneck Vikings From Hell」、アリーナ対応のファーストシングル「Goodbye」、スラッシュで揺るぎない「Lean Into the Wind」、パワフルなアンセム「Hunger」、シンフォニックでブルータルな「Slave to the Riff」などはこの型破りなスタイルのさらなる例です。

「Craft and the Creator」では、バンドメンバーの絶対的な技術的スキルを強調し、ギターの神にふさわしいリードを提供します。」

所属レーベル発表などの確かなソースではないのですが、今回のアルバムでは前作『Tarot』までの作風ではなく今までにない多様性を出した作品にしたかったとのVincent “Jake” Jonesのコメントも確認できています。

-トラックリスト-
1. Redneck Vikings from Hell
2. Goodbye
3. Lean Into the Wind
4. Hunger
5. Guardian
6. One Hollow Word
7. She’s Back
8. Slave to the Riff
9. Cycle
10. TMHC
11. Craft and the Creator

Redneck Vikings from Hell

AETHER REALM /ÆTHER REALM

2010年に結成。アメリカはノースカロライナ州出身のフォーク/メロディック・デスメタル・バンドです。

2013年に1st『One Chosen by the Gods』、2017年に2nd『Tarot』をリリースしています。

アメリカ出身ですがデビュー当時からフィンランドのWintersunなどに近いクサめなフォーク/メロデススタイルが話題となったバンドです。

メンバー

Vincent “Jake” Jones – bass, vocals
Heinrich Arnold – guitar, vocals
Tyler Gresham – drums
Donny Burbage — guitar

関連リンク

FacebookBandcamp、 Spotify

関連作品・グッズ

Tarot

One Chosen by the Gods-


紹介した新譜リリース一覧