ALCEST『SPIRITUAL INSTINCT』
フランスのブラック・ゲイズ/ポスト・ブラックメタル・バンド、ALCEST(アルセスト)がニューアルバム『SPIRITUAL INSTINCT』を2019年10月25日にリリース

海外でのリリース元はNuclear Blast Records、日本ではワードレコーズ。

アルバムのリリースは『Kodama』以来約3年ぶり通算6枚目になります。

今作についてNeigeは以下のコメントをしています。

「『Spiritual Instinct』のレコーディングは長くてやりがいのあるプロセスでした。私たちはこれを本当に誇りに思っており、新しい音楽を皆と共有するのを待ちきれません。アートワークはパリのduo Fortifemによって作られ、これはスフィンクスを表しています。スフィンクスは謎の究極の姿であり、それは私たちのスピリチュアルの側面と野性的な側面の両方を体現しています」

OFFICIAL VIDEO

3. Sapphire NEW!


2. Protection

トラックリスト
1. Les jardins de minuit
2. Protection
3. Sapphire
4. L’île des morts
5. Le miroir
6. Spiritual Instinct





インフォメーション

もともと80年代のイーヴルなスラッシュ・メタルへの回帰という側面を強く持っていたブラック・メタルであるが、現在そのスタイルは限りなく拡散していると言える。おそらくは、シンセサイザーというあらゆる楽器、声の代替となりうるものが基本編成に組み入れられていたこと、そしてBurzumが発明した(少なくともVarg本人はそう豪語している)単音トレモロという、わりと自由度の高いリフスタイルが中心であったことにより、ブラック・メタルは他ジャンルと結びつきが容易だったのではないか。そんなスタイル拡散の最右翼バンドが、フランスのアルセストである。最近の音だけ聴けば、果たしてなぜこれがブラック・メタルの文脈で語られるのか不思議なほど、その音楽性は独特である。

最右翼「バンド」という書き方をしたが、事実上アルセストは、ヴォーカル、ギター、ベースはもちろん、キーボードやドラムまでもこなす文字通りのマルチ・プレイヤー、ネージュこと、ステファン・ポーのソロ・プロジェクト。どんな楽器でもこなせることから、数多くのバンドに関わってきたネージュであるが、00年代初め、悪名高きペスト・ノワールでギターやドラムを演奏していたことからもわかるとおり、その出自はやはりブラック・メタルと言える。アルセストの始動は99年頃。01年にデモ『Tristesse hivernale』、05年にはEP『Le Secret』をリリースしているが、これらの作品も十分ブラック・メタルで語れる範疇の作品である。アルセストがその独自のスタイルを完成させたのは、07年に発表されたデビュー・アルバム『Souvenirs d’un Autre Monde』において。ネージュは04年、オードリー・シルヴァンとともに、Amesoeursを結成。このバンドは、Burzum、The Cure、Depeche Mode、Sonic Youth、Katatonia 、New Order、Joy Division等から影響を受けた、つまりブラック・メタル、ポスト・パンク、ゴスを融合させたまったく新しい音楽性を持っており、言うなればこのバンドこそがアルセストのプロトタイプだったのである。Amesoeursは09年、バンド名を冠したアルバムをリリースしたのち解散してしまうが、ネージュはアルセストにおいて、「ブラックゲイズ」などと形容されるそのスタイルを継承、追求していくことになる。

アルセストの音楽についてネージュは、彼が子供のころに夢で見た「色も形も音もない架空の世界」を音で表現したものだとしている。アルセストの奏でる音は、とにかく美しい。済んだ歌声、トレモロ・ギターのハーモニー。これらの形容は、一般的なブラック・メタルのそれとは真逆とも言える。先ほど「ブラックゲイズ」という言葉を使ったが、これはアルセストのトレモロ・ギターが、シューゲイザーというジャンルを想起させることから生まれたジャンル名だ。だが、ネージュによれば、『Souvenirs d’un Autre Monde』をリリースした時点では、いわゆるシューゲイザーといわれる音楽を聴いたことはなく、その根底にあるのはやはりBurzumであるとのこと。

そんなアルセストのニュー・アルバム、『スピリチュアル・インスティンクト』がリリースとなる。前作『Kodama』(映画『もののけ姫』にインスパイアされたアルバムだ)から3年ぶり、ニュークリア・ブラストへ移籍後初のアルバムだ。本作の製作は、ネージュ曰く「長く困難だけどやりがいのあるプロセス」であったが、「その仕上がりには本当に満足している」というだけあり、夢の世界を音楽で表現しようとしたというのが実によくわかる仕上がり。別世界の美しさを語るネージュのヴォーカルの美しさと、ブラック・メタル的暴虐性のコントラストというアルセストの持ち味が十分に発揮されたアルバムだ。全6曲40分強というアルセストのおなじみの構成に加え、日本盤にはボーナストラックとして、同郷フランスのシンセウェイヴ・ミュージシャン、Perturbatorによるリミックス・ナンバーを収録。エクストリーム・メタル・ファンだけでなく、ポストロックや先鋭的な音楽好きに強くアピールする強力な作品である。

ALCEST

2000年にソングライター兼マルチイントゥルメンタリストNeige(Stéphane Paut)のプロジェクトとして始動したフランス出身のブラック・ゲイズ/ポスト・ブラックメタル・バンド。

ブラックメタルにシューゲイザーやポストロックの要素を組み合わせたスタイルを特徴としています。

2007年に『Souvenirs d’un autre monde』でデビューし、現在までに5枚のスタジオ・アルバムをリリース。

2012年に”Vampillia”主催イベントにて初来日し、その後2度の再来日を果たしています。
メンバー
Neige – guitars/bass, synths and vocals
Winterhalter – drums
関連リンク
Official SiteFacebookTwitterSpotify




紹介した新譜リリース一覧