ALIEN WEAPONRY -「Tū」
ニュージーランドの10代の少年達による3ピース・スラッシュメタルバンド、ALIEN WEAPONRYのデビューアルバム「Tū」

ボーナストラックを含む全13曲を収録し、Napalm Recordsより6月1日にリリースを予定

ALIEN WEAPONRYは、2010年に当時8歳であったLewis de Jong(Gt/Vo)と当時10歳であったHenry de Jong(Dr)の兄弟により結成されたニュージランドのスラッシュメタルバンド。

オールドスクール・スラッシュとハードコアの影響を受けており、過去にリリースした楽曲の多くが国際的にはあまり知られないニュージーランドの母国語であるマオリ語(Te Reo Maori)で歌われているのが特徴的です。

アルバム名である「Tū」はマオリの戦争神”Tumatauenga”の略であり、特徴的なアートワークもそれを表しています。

公開されているOFFICIAL VIDEO


3. Holding My Breath


5. Kai Tangata


トラックリスト

1. Whaikorero
2. Ru Ana Te Whenua
3. Holding My Breath
4. Raupatu
5. Kai Tangata
6. Rage – It Takes Over Again
7. The Things That You Know (Bonus Track)
8. Whispers
9. PC Bro
10. Urutaa
11. Nobody Here
12. Te Ara
13. Hypocrite (Bonus Track)





ALIEN WEAPONRY

2010年に当時8歳であったLewis de Jong(Gt/Vo)と当時10歳であったHenry de Jong(Dr)の兄弟により結成されたニュージランドのメタルバンド。

オールドスクール・スラッシュとハードコアの影響を受け、過去にリリースした楽曲の多くが国際的にはあまり知られないニュージーランドの母国語であるマオリ語(Te Reo Maori)で歌われているのが特徴的。

2012年〜2015年にはニュージランドの学生バンドコンテストSmoke Free RockQuestで3年連続ファイナリストとなり、2016年には優勝。

2017年には「Raupatu」がAPRA Maioha awardを受賞し、ニュージランドのミュージック・アワードにもノミネートされる。

2018年2月には大手レーベルNapalm Recordsと契約し、デビューアルバム「Tū」をリリース予定。

メンバー
Lewis de Jong – Guitar/Vocal
Ethan Trembath – Bass
Henry de Jong – Drums

関連リンク
OFFICIAL SITEFacebook




間違いがあれば気づき次第修正します。

以上”ALIEN WEAPONRY デビューアルバム 「Tū」”でした。

紹介した新譜リリース一覧