ALLEGAEON(アリージョン)『DAMNUM』

アメリカのテクニカル・メロディック・デスメタルバンド、ALLEGAEON(アリージョン)がニューアルバム『DAMNUM』を海外で2022年2月25日にリリース。リリース元はMetal Blade Records。

スタジオ・アルバムのリリースは2019年の『APOPTOSIS』以来であり、通算6枚目になります。

今作も『Formshifter』(2012)以来バンドの作品を手がけるDave Oteroがプロデュース。バンドは今年新たにJeff Saltzman(Dr)が加入しています。

タイトルの「DAMNUM」はラテン語で「損失」を意味し、今作は”バンドが個人的な生活の中で経験した多くの死が、アルバムの歌詞のテーマなどに反映されているとのことです。

バンドの『DAMNUM』についてのコメント(クリックすると開閉します)
「5人のメンバーが初めて曲作りに参加したことで、それぞれの視点が広がり、よりよい音楽が生まれました。それを一つにまとめるのは、私たちにとっても大きなプロセスでしたが、一緒に乗り越えたことが、結果的にアルバムに大きな影響を与えたと思います。」

「Jeff Saltzman(Dr)は彼はいつも練習していて、それを心から愛しています。その情熱が、今までにない創造性をもたらしてくれました。今回のアルバムは、私たちギタリストがビートをプログラミングして、ドラマーがフィルを書くのではなく、ドラマーがすべてのパートを書いた初めてのアルバムです。彼とベースのBrandon Michaelが組み合わさることで、これまでギターがもたらしてきた音楽性や熟練度に追いつくことができるリズムセクションができました。」

「このレコードを書くときには、たくさんの怒りと悲しみがありました。お互いにではなく、私たちを取り巻く世界の状況に対して、また私たちの個人的な生活の中でのいくつかの厳しい喪失感として。私たちは皆、この2、3年の間に感情的に多くのことを経験しました。ミュージシャンとして、私たちはその感情を処理するために芸術に頼る傾向があります。個人的には、私の人生に様々なことが起こっている間、Allegaeonと『DAMNUM』がそのはけ口になってくれたことにとても感謝しています。」

OFFICIAL VIDEO

6. Called Home

5. Vermin

2. Of Beasts and Worms

3. Into Embers

DAMNUM (FULL ALBUM)

トラックリスト

01. Bastards of the Earth
02. Of Beasts and Worms
03. Into Embers
04. To Carry My Grief Through Torpor and Silence
05. Vermin
06. Called Home
07. Blight
08. The Dopamine Void, Pt. I
09. The Dopamine Void, Pt. II
10. Saturnine
11. In Mourning
12. Only Loss

DAMNUM

ALLEGAEON

2008年に結成されたアメリカはコロラド州ラリマー郡出身のテクニカル・メロディック・デスメタルバンド。

2010年にMetal Blade Recordsより『Fragments of Form and Function』でデビューし、現在までに5枚のアルバムをリリース。

4thアルバム『PROPONENT FOR SENTIENCE』はUSハードロックビルボードチャートで11位、USロックチャートで33位を記録しました。

メンバー

Greg Burgess Guitars
Michael Stancel Guitars
Riley McShane Vocals
Brandon Michael Bass
Jeff Saltzman Drums

関連リンク

FacebookSpotify

関連作品

Apoptosis

PROPONENT FOR SENTIENC


紹介した新譜リリース一覧