AS I LAY DYING『SHAPED BY FIRE』
アメリカのメタルコア・バンド、AS I LAY DYING(アズ・アイ・レイ・ダイング)がニューアルバム『SHAPED BY FIRE』を日本では2019年9月27日にリリース

リリース元はワードレコーズ。(海外では Nuclear Blast Recordsより9月20日)

アルバムのリリースは『Awakened』以来約7年ぶり通算7枚目であり、活動再開後初となります。

ワードレコーズ通販では「50セット CD+Tシャツ」の予約も受け付けています↓
https://wardrecords.com/products/detail5216.html

 

今作はバンド自身がプロデュースし、カリフォルニア州ロサンゼルスのSparrow Soundで”Joseph McQueen”によりミキシング、テネシー州ナッシュビルのSterling Soundで”Ted Jensen”によりマスタリングされました。

先行リリースされていた収録曲「My Own Grave」のみ”Drew Fulk”との共同プロデュースとのことです。

アルバムのアートワークはCorey Meyersにより制作されました。

OFFICIAL VIDEO

2. Blinded NEW!


3. Shaped By Fire


8. My Own Grave


10. Redefined


『SHAPED BY FIRE』Spotify

トラックリスト
01. Burn To Emerge
02. Blinded
03. Shaped By Fire
04. Undertow
05. Torn Between
06. Gatekeeper
07. The Wreckage
08. My Own Grave
09. Take What’s Left
10. Redefined
11. Only After We’ve Fallen
12. The Toll It Takes



インフォメーション

2007年にリリースされた4thアルバム『アン・オーシャン・ビトウィーン・アス』が全米チャート最高8位にランク・インし、アルバムに収録された「ナッシング・レフト」がグラミー賞の“ベスト・メタル・パフォーマンス”部門にノミネートされたアズ・アイ・レイ・ダイング。メタルコア・シーンを代表するバンドとなった彼らは、その後も5thアルバム『ザ・パワーレス・ライズ』(2010年)が全米最高10位、クリーン・ヴォイスのパートが増え、エモの要素が増した6thアルバム『アウェイクンド』(2012年)が全米最高11位を記録し、名実ともの人気バンドとなる。

しかし、絶頂期の最中、2013年5月にティムが別居中の妻の殺害を計画し、殺人教唆の罪で逮捕されるという事件が発生。バンドは活動休止となる。残されたメンバーはオー・スリーパーのシェーン・ブレイと共に結成したオルタナティヴ・メタル・バンドのウーヴンウォーで活動する中、実刑判決を受けたティムが2016年12月に仮出所すると、話し合いの末にアズ・アイ・レイ・ダイングが活動休止時のメンバーで再始動することが決まる。新たにニュークリア・ブラスト・レコードと契約した彼らは、2018年6月にシングルの「マイ・オウン・グレイヴ」を発表。さらに2018年6月16日に地元サンディエゴで復活ライヴを行なった後、アメリカとヨーロッパでツアーを経て、完成させたのが、7年ぶり7作目となる『シェイプド・バイ・ファイア』である。

アディショナル・プロダクションでティムがスクリーム・ヴォイスで歌うアグレッシヴなパートと、ジョシュ・ギルバート(ベース、ヴォーカル)のクリーン・ヴォイスによるメロディアスなパートを巧みに融合させ、エッジの効いたテクニカルな演奏と絡めた音楽は実にダイナミックで、哀愁を感じさせるメロディの充実ぶりも耳を惹く。前作の『アウェイクンド』の延長線上にありながら、サウンドと演奏の両面でスケール・アップを図っており、アグレッシヴでエキサイティングな楽曲はバンドの完全復活に相応しいものとなっている。まさに最先端のメタルコア・アルバムがここに完成したと言える。

AS I LAY DYING

メンバー
Tim Lambesis – Vocals
Jordan Mancino – Drums
Phil Sgrosso – Guitars
Nick Hipa – Guitars
Josh Gilbert – Bass, Vocals (clean)
関連リンク
Official SiteFacebookTwitterInstagramYoutubeSpotify




紹介した新譜リリース一覧