BEAST IN BLACK『FROM HELL WITH LOVE』
元BATTLE BEAST のメイン・ソングライター/ギタリストのアントン・カバネンにより結成されたヘヴィメタル/パワーメタルバンド、BEAST IN BLACK(ビースト・イン・ブラック)がニューアルバム『FROM HELL WITH LOVE』を2019年2月8日にリリース

アルバムは全11曲(Digipak盤はボーナストラック+2曲)を収録。海外でのリリース元はNuclear Blast Records、日本ではワードレコーズ。

ワードレコーズの通販では「50セット 直筆サインカード付きCD」の予約も受け付けています↓
https://wardrecords.com/products/detail4899.html

 

今作は前作同様にアントン・カバネンが所有するSound Request Studioでレコーディング。アルバムのカバーアートワークも前作同様にイラストレーター/グラフィックアーティストのRobert Ismailovによって制作されました。

『FROM HELL WITH LOVE』はデビューアルバム『Berserker』から約1年3ヶ月ぶり通算2枚目のアルバムとなります。

公開されているOFFICIAL VIDEO

3. Sweet True Lies

トラックリスト
1. Cry Out For A Hero
クライ・アウト・フォー・ア・ヒーロー
2. From Hell With Love
フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ
3. Sweet True Lies
スウィート・トゥルー・ライズ
4. Repentless
リペントレス
5. Die By The Blade
ダイ・バイ・ザ・ブレイド
6. Oceandeep
オーシャンディープ
7. Unlimited Sin
アンリミテッド・シン
8. True Believer
トゥルー・ビリーヴァー
9. This Is War
ディス・イズ・ウォー
10. Heart Of Steel
ハート・オブ・スティール
11. No Surrender
ノー・サレンダー

Bonus Track
12. Killed By Death (Motörhead cover – Digipak bonus)
キルド・バイ・デス
13. No Easy Way Out (Robert Tepper cover – Digipak bonus)
ノー・イージー・ウェイ・アウト



・インフォメーション

バトル・ビーストのメイン・コンポーザーだったアントン・カバネンが脱退して結成したビースト・イン・ブラック。2017年のファースト・アルバム『バーサーカー』はバトル・ビーストの持つあらゆる要素を網羅、さらに一歩踏み込んだ勇敢なるアプローチで世界のメタル・コミュニティを魅了した。

アントンのギターは鋭さとエモーションを増し、ギリシャ出身のヤニス・パパドプロスの幅広い声域と豊かな声量を兼ね備えたヴォーカルと共にお互いを高め合う。元U.D.O.のギタリスト:カスペリ・ヘイッキネン、大地を揺るがす重低音ベーシスト:マテ・モルナールはアントンの創り出すサウンドを新たな次元へといざなっていく。

そんなビースト・イン・ブラックがドラマー:アッテ・パロカンガスを迎えた最強布陣となって生んだセカンド・アルバムが『フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ』だ。

前作から約1年というハイペースで作られた本作。W.A.S.P.やラプソディ、ビヨンド・ザ・ブラックとのヨーロッパ・ツアー、そして2018年5月の来日公演など精力的なライヴ活動で鍛造されたサウンドはアントンの豊潤な音楽キャリアの集大成だ。

正統派ヘヴィ・メタルに求めるすべてがここにある。必殺ファスト・ナンバー「クライ・アウト・フォー・ア・ヒーロー」「ノー・サレンダー」、ビッグでメロディアスなアリーナ・メタル「スウィート・トゥルー・ライズ」、勇壮なファンファーレから突入するパワー・メタル「リペントレス」、ダイナミックなメタル・アンセム「アンリミテッド・シン」「ディス・イズ・ウォー」、バンドのポップ・サイドとメタル・サイドの絶妙の均衡が成り立った「フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ」「ダイ・バイ・ザ・ブレイド」「トゥルー・ビリーヴァー」など、ビースト・イン・ブラックのすべてを余すところなく叩きつける総力戦が、本作なのだ。

映画やアニメ、日本の漫画などから多大なインスピレーションを受けた歌詞の世界観も健在だ。曲ごとに聴く者の魂を揺さぶる躍動感は、北欧フィンランド出身ならではの英雄伝説・叙事詩となっている。

アルバムの発売を待たずして、ナイトウィッシュとのヨーロッパ・ツアーを開始。2019年には大規模なワールド・ツアーが行われる。

「精神的な牢獄から出所した、開放感のあるアルバム」とアントンは語る。メタルの野獣が今、荒野に解き放たれた!

BEAST IN BLACK

2015年に元BATTLE BEASTのメイン・ソングライター/ギタリストであるアントン・カバネンにより結成された、フィンランドはヘルシンキ出身のヘヴィメタルバンド。

2017年に大手メタルレーベルNuclear Blast Recordsからデビューアルバム『Berserker』をリリース。

デビューアルバム『Berserker』はワードレコーズより同年に日本盤が発売され、Evoken de Valhall Productionによるフィンランド出身バンドによるメタルフェス「SUOMI FEAST 2018」にて初来日も果たしている。
メンバー
Anton Kabanen – Guitars/Vocals
Yannis Papadopoulos – Lead Vocals
Kasperi Heikkinen – Guitars
Mate Molnar – Bass
Sami Hänninen – Drums
関連リンク
OFFICIAL SITEFacebookSpotify関連商品(AMAZON)




新たに収録曲が公開された時は記事を更新していきます。

以上”BEAST IN BLACK 新作情報『FROM HELL WITH LOVE』”でした。

紹介した新譜リリース一覧