BULLET FOR MY VALENTINE『BULLET FOR MY VALENTINE』

ウェールズ出身のメタルバンド、BULLET FOR MY VALENTINE (ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)セルフタイトルのニューアルバムを2021年10月22日にリリース。日本でのリリース元はUniversal Music。

スタジオ・アルバムのリリースは2019年の「GRAVITY」以来であり、通算7作目になります。

通常盤のほか、サマーソニック2018のライヴ音源を5曲収録したCDが付く「限定盤」も発売されます。

 

新作についてMatthew “Matt” Tuck(Vo/Gt)は以下のコメントをしています。

「これはBullet 2.0の始まりだ。これは、俺たちが今いる場所を示している。音楽はフレッシュで、アグレッシブで、これまで以上に直感的で情熱的なものになっている。」

OFFICIAL VIDEO

8. Shatter NEW!

1. Parasite

2. Knives

トラックリスト

01. Parasite
02. Knives
03. My Reverie
04. No Happy Ever After
05. Can’t Escape The Waves
06. Bastards
07. Rainbow Veins
08. Shatter
09. Paralysed
10. Death By A Thousand Cuts

ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン (デラックス)(限定盤)(2枚組)

ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン (通常盤)(特典:メガジャケ付)

Bullet For My Valentine

BULLET FOR MY VALENTINE (ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)

1998年に前身バンド”Jeff Killed John”から現在の「Bullet for My Valentine」へ改名。AVENGED SEVENFOLDやTRIVIUMと共に2000年代を代表する新生代のメタルバンドの一つとして挙げられる、ウェールズ出身のメタルバンドです。

2005年に「THE POISON」でデビューし、現在までに合計6枚のアルバムをリリース。

2008年にリリースされた2ndアルバム「Scream Aim Fire」では、”UKチャート5位”・”USA Billboard 200にて4位”、2015年にリリースされた前作「VENOM」では”UKチャート3位”・”USA Billboard 200にて8位”を記録。

デビューアルバム「THE POISON」も現在までに売り上げ100万枚を超え高セールスを記録しています。

メンバー

Matthew “Matt” Tuck – Lead vocal/rhythm/lead guitar
Michael “Padge” Paget – Lead guitar/ backing vocal
Jamie Mathias – Bass/ vocals
Jason Bowld – Drums

関連リンク

OFFICIAL SITEFacebookTwitterSpotify

関連作品


紹介した新譜リリース一覧