CRADLE OF FILTH(クレイドル・オブ・フィルス)『EXISTENCE IS FUTILE』

イギリスのエクストリーム・メタル・バンド、CRADLE OF FILTH(クレイドル・オブ・フィルス)ニューアルバム『EXISTENCE IS FUTILE』を2021年10月22日にリリース

リリース元は海外でNuclear Blast Record、日本ではワードレコーズ。

スタジオ・アルバムのリリースは2017年の『Cryptoriana – The Seductiveness of Decay』以来であり、通算13枚目になります。

ワードレコーズ・ダイレクトでは【50セット CD+サインカード】の予約も受け付けています。
https://wardrecords.com/products/detail6110.html

 

今作についてインフォメーションでは以下のように紹介されています。

「バンド史上最もダークで不気味なアルバム。必ず死に直面しなくてはいけない人間という存在をテーマにしており、ひたすらシンフォニックなオーケストレーション、クワイヤ、そしてダニのドラマチックな語りで描いていく。ブラック・メタル・ファンだけでなく、あらゆるドラマチックな音楽のファンの鳥肌を立てまくる、とてつもなくスケールの大きな作品を作り上げることに成功した。

収録曲「Crawling King Chaos」のミュージックビデオが公開されています。

OFFICIAL VIDEO

3. Necromantic Fantasies NEW!

4. Crawling King Chaos

-トラックリスト-
01. The Fate of the World on Our Shoulders
02. Existential Terror
03. Necromantic Fantasies
04. Crawling King Chaos
05. Here Comes a Candle… (Infernal Lullaby)
06. Black Smoke Curling from the Lips of War
07. Discourse Between a Man and His Soul
08. The Dying of the Embers
09. Ashen Mortality
10. How Many Tears to Nurture a Rose?
11. Suffer Our Dominion
12. Us, Dark, Invincible
13. Sisters of the Mist
14. Unleash the Hellion

エグジステンス・イズ・フュータイル

日本盤インフォメーション

ディム・ボルギルとともに、ブラック・メタルをプレイしながら商業的な大成功も収めた数少ないバンド、クレイドル・オブ・フィルス。結成は91年。93年にエンペラーとともにイギリス・ツアーを敢行したことで、一躍大きな脚光を浴びることになる。この当時、ブラック・メタル・バンドのツアー自体が珍しいことでもあった。94年に『The Principle of Evil Made Flesh』でアルバム・デビュー。ゴシックの世界観を取り入れたその独特の耽美的スタイルはブラック・メタルというジャンルを超え、クレイドル・オブ・フィルスは一気にエクストリーム・メタル界のトップ・バンドへと躍り出ていく。

この度リリースになるのが、『エグジステンス・イズ・フュータイル』と題されたニュー・アルバムである。大きな話題を呼んだ前作『クリプトリアナ〜腐蝕への誘惑』から早4年。前作がそれまでの彼らの要素をすべて入れ込んだような作品であったのに対し、今回はバンド史上最もダークで不気味なアルバムだ。もちろん今回もコンセプト・アルバム。「存在することは虚しい」というタイトル通り、必ず死に直面しなくてはならない我々の存在というものを、ひたすらシンフォニックなオーケストレーション、クワイヤ、そしてダニのドラマチックな語りで描いていく。彼らはまたしてもブラック・メタル・ファンだけでなく、あらゆるドラマチックな音楽のファンの鳥肌を立てまくる、とてつもなくスケールの大きな作品を作り上げることに成功した。

前作同様エンジニアを務めるのはスコット・アトキンス。さすがはクレイドル・オブ・フィルスというバンドを熟知しているスコット。可能な限りライヴに近いサウンドを目指したというプロダクションは、実にパワフルでダイナミックだ。

CRADLE OF FILTH(クレイドル・オブ・フィルス)

メンバー

Dani Filth – Vocals
Marthus – Drums/Keyboards/Orchestrations
Daniel Firth – Bass
Rich Shaw – Guitars
Ashok – Guitars
Anabelle Iratni – Keyboards/Vocals

関連リンク

Official Site、  Facebook、  Twitter、  Instagram、  Youtube

関連作品・グッズ

クレイドル・オブ・フィルス『クリプトリアナ~腐蝕への誘惑』【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

鬼女と野獣ー転生ー

ハンマー・オブ・ザ・ウィッチズ【歌詞対訳付/日本語解説書封入】


新譜リリース一覧