DEVILDRIVER『DEALING WITH DEMONS I』

アメリカのグルーヴ・メタル・バンド、DEVILDRIVER(デヴィルドライヴァー)が新曲「Wishing」のミュージックビデオを公開しました。

この曲は2020年10月2日リリースのニューアルバム『DEALING WITH DEMONS I』に収録されます。

 

 

以下は公開されている同アルバム収録曲のオフィシャルビデオです。

3. Nest of Vipers

4. Iona

1. Keep Away from Me

『DEALING WITH DEMONS I』情報

2016年の前作『TRUST NO ONE』以来であり通算8作目のスタジオ・アルバム。

海外でNapalm Records、日本ではワードレコーズより2020年10月9日リリース。

2部構成のダブルアルバムであり、今回リリースされる『DEALING WITH DEMONS I』は1部目になります。

ワードレコーズ・ダイレクトでは【30セット 直筆サインカード付 Tシャツ+CD】の予約も受け付けています。
https://wardrecords.com/products/detail5624.html

 

フロントマンのDez Fafara(Vo)は以下のコメントをしています。

「私はみんなに言いました、 『もし今日会ったらどんな音楽を作ろうか?どのように私たちは時の試練に耐え、他の人から離れ、競争の上に立つのだろうか?過去のサウンドに焦点を当てるのではなく、一緒に未来を始めまよう。』」

「2つのレコードにすべてを並べる時が来た。これらの主題を見直すことは決してないでしょう。私はキャリアの初め以来、人間の本性、不誠実、愛と喪失について書いてきました。将来はもっと叙情的に目が覚める方向に行くつもりです。多くの人が私の音楽は彼らに力を与えると言っています しかし、彼らが理解していないのは、これらのトピックが私を悩ませているということです。

「ここ数年の間に、山火事から逃れ、妻がガンと闘い、今、パンデミックを経験しています…それが何であるか…それをすべてテーブルに捨てて、パージしましょう。将来的にはいろいろなトピックを取り上げたいと思います。皆が聞くことができるように、私はそれをすべてダブルレコードに配置しました。」

ワードレコーズのインフォメーションでは以下のようにも紹介されています。

「デヴィルドライヴァー史上最高の作品だよ。こういうことは普段言わないのだけどね。多様性があって、過去の作品と比べると多少音楽的な変化が見られる。音的にもよりヘヴィで、感情的にもよりヘヴィだ」「初めてコール・チェンバー的な要素が感じられると思う」

-トラックリスト-
1. Keep Away from Me
2. Vengeance Is Clear
3. Nest of Vipers
4. Iona
5. Wishing
6. You Give Me a Reason to Drink
7. Witches
8. Dealing with Demons
9. The Damned Don’t Cry
10. Scars Me Forever

ディーリング・ウィズ・デーモンズ I[デズ・ファファーラ率いるダーク・グルーヴ・メタル/CD(日本語解説書封入)]

Dealing with Demons I

日本盤インフォメーション

コール・チェンバーでの活躍でも知られるデズ・ファファーラ率いるアメリカのグルーヴ・メタル・バンド、デヴィルドライヴァーがニュー・アルバムをリリースする。03年のアルバム・デビュー以来、2-3年おきにコンスタントにアルバムを発表し続けてきた彼ら。アウトロー・カントリーのカバー集『アウトロー・ティル・ジ・エンド Vol.1』(18年)を挟んでのリリースとなる本作は、『ディーリング・ウィズ・デーモンズ I』というタイトルからわかる通り、ダブルアルバムとしてレコーディングされた作品の第1部。「デヴィルドライヴァー史上最高の作品だよ。こういうことは普段言わないのだけどね。多様性があって、過去の作品と比べると多少音楽的な変化が見られる。音的にもよりヘヴィで、感情的にもよりヘヴィだ」と、デズは自信満々に語る。そして何より「初めてコール・チェンバー的な要素が感じられると思う」というのであるから、グルーヴ・メタル・ファンが色めき立たないはずがない。デズはクリーン・ヴォーカルも披露し、このアルバムにさらなる暗い色彩を加えている。

ヘヴィメタルからハードコア・パンク、アウトロー・カントリー、そしてブラック・メタルも大好きだという、幅広いバックグラウンドを持つデズ・ファファーラ。そんな彼が書く音楽は、とにかく暗く、ヘヴィ、そしてもちろんグルーヴィ。デヴィルドライヴァーにはダーク・グルーヴ・メタルという呼称がピッタリのバンド。『ディーリング・ウィズ・デーモンズ I』は21世紀という不確定の時代を生きる我々にとって、最高のサウンドトラックだ。

DEVILDRIVER(デヴィルドライヴァー)

2002年にCOAL CHAMBERのフロントマンであるデズ・ファファーラ(Vo)らが中心になり結成。アメリカはカリフォルニア州サンタバーバラ出身のグルーヴ/メロディック・デスメタル・バンドです。

2003年に『DevilDriver』でデビューし、2016年に通算7thアルバム『TRUST NO ONE』、2018年7月にはアウトロー・カントリー・カバー『OUTLAWS ‘TIL THE END. VOL1』をリリースしています。

2014年に初来日し、2019年に再度来日公演を行いました。

メンバー

Dez Fafara – Vocals
Mike Spreitzer – Guitars
Neal Tiemann – Guitars
Diego “Ashes” Ibarra – Bass

関連リンク

FacebookTwutterInstagramSpotify関連商品(AMAZON)

関連作品

トラスト・ノー・ワン【CD(日本先行発売/歌詞対訳付き/日本語解説書封入)】

デヴィルドライヴァー『アウトローズ・ティル・ジ・エンド Vol.1』【CD(日本語解説書封入)】


紹介した新譜リリース一覧