DEVILDRIVER『DEALING WITH DEMONS I』
アメリカのグルーヴ・メタル・バンド、DEVILDRIVER(デヴィルドライヴァー)ニューアルバム『DEALING WITH DEMONS I』を海外で2020年10月9日リリース。リリース元はNapalm Records。

スタジオ・アルバムのリリースは2016年の『TRUST NO ONE』以来であり通算8作目。

2部構成のダブルアルバムであり、今回リリースされる『DEALING WITH DEMONS I』は1部目になります。

フロントマンのDez Fafara(Vo)は以下のコメントをしています。

「私はみんなに言いました、 『もし今日会ったらどんな音楽を作ろうか?どのように私たちは時の試練に耐え、他の人から離れ、競争の上に立つのだろうか?過去のサウンドに焦点を当てるのではなく、一緒に未来を始めまよう。』」

「2つのレコードにすべてを並べる時が来ました。私はこれらの主題を再訪することは決してないでしょう。私はキャリアの初め以来、人間の本性、不誠実、愛と喪失について書いてきました。将来はもっと叙情的に目が覚める方向に行くつもりです。多くの人が私の音楽は彼らに力を与えると言っています しかし、彼らが理解していないのは、これらのトピックが私を悩ませているということです。

「ここ数年の間に、山火事から逃れ、妻がガンと闘い、今、パンデミックを経験しています…それが何であるか…それをすべてテーブルに捨てて、パージしましょう。将来的にはいろいろなトピックを取り上げたいと思います。皆が聞くことができるように、私はそれをすべてダブルレコードに配置しました。」

現在進行中のパンデミックによるパニックやパラノイアについて歌うファーストシングル「Keep Away from Me」のリリックビデオが公開されています。

OFFICIAL VIDEO

1. Keep Away from Me


-トラックリスト-
1. Keep Away from Me
2. Vengeance Is Clear
3. Nest of Vipers
4. Iona
5. Wishing
6. You Give Me a Reason to Drink
7. Witches
8. Dealing with Demons
9. The Damned Don’t Cry
10. Scars Me Forever



Dealing with Demons I
 

DEVILDRIVER(デヴィルドライヴァー)

2002年にCOAL CHAMBERのフロントマンであるデズ・ファファーラ(Vo)らが中心になり結成。アメリカはカリフォルニア州サンタバーバラ出身のグルーヴ/メロディック・デスメタル・バンドです。

2003年に『DevilDriver』でデビューし、2016年に通算7thアルバム『TRUST NO ONE』、2018年7月にはアウトロー・カントリー・カバー『OUTLAWS ‘TIL THE END. VOL1』をリリースしています。

2014年に初来日し、2019年に再度来日公演を行いました。

メンバー

Dez Fafara – Vocals
Mike Spreitzer – Guitars
Neal Tiemann – Guitars
Diego “Ashes” Ibarra – Bass

関連リンク

FacebookTwutterInstagramSpotify関連商品(AMAZON)

関連作品


トラスト・ノー・ワン【CD(日本先行発売/歌詞対訳付き/日本語解説書封入)】

デヴィルドライヴァー『アウトローズ・ティル・ジ・エンド Vol.1』【CD(日本語解説書封入)】




紹介した新譜リリース一覧