ウクライナのブラックメタルバンド、”DRUDKH”(ドゥルードゥフ)はニューアルバム「They Often See Dreams About the Spring」の日本盤をワードレコーズより3月7日にリリース予定。(海外ではSeason Of Mistより3月9日に予定)

全5曲を収録。日本盤は”通常盤”と”日本盤限定仕様CD+ボーナスディスク『アンチ・アーバン』”(2007年リリースEP)付属盤が販売。

前作「Борознаобірвалася」(A Furrow Cut Short)から3年ぶり通算11枚目のアルバムとなるようです。

アルバム収録曲”U Dakhiv Irzhavim Kolossyu”のOfficial premiereが公開されています↓


「They Often See Dreams About the Spring」

01. Nakryta Neba Burym Dakhom…
02. U Dakhiv Irzhavim Kolossyu…
03. Vechirniy Smerk Okutuye Kimnaty…
04. Za Zoreyu Scho Striloyu Syaye…
05. Bilyavyi Den’ Vtomyvsya I prytykh…
・ボーナスディスク付属盤

EP『アンチ・アーバン』
01. フォーリン・イントゥ・オブリヴィオン
02. アッシュズ


ドゥルードゥフは、ウクライナのブラック・メタル・バンド。(Drudkhとアルファベット表記をすれば、ピンと来るブラック・メタル・ファンも多いだろう。)インタビューも受けなければ、写真も公開しない。ライヴなどやるはずもない。極端な秘密主義で知られる彼ら。90年代以降のブラック・メタルは、多かれ少なかれ反商業的な側面を持っていた(このムーヴメントは、商業的になりすぎて普通の音楽に堕したデス・メタルへのアンチテーゼとして生まれたものだ。)ことを考えれば、ドゥルードゥフの姿勢も理解はできる。

だが、「秘密」主義で「知られる」というのも妙な言い回しだ。「秘密」というのは、人に「知られない」ことであるのだから。なぜ、秘密主義を徹底するドゥルードゥフが、こうも大きな注目を集めているのか。それは、彼らの作り出す音楽が、とても一部の人間だけの秘密にしておくのは不可能なほど魅力的だからだ。ひとたびその魅力が外に漏れれば、噂が広まるのは早い。秘密にされればされるほど興味を魅かれるというのが人間の本性なのだ。ドゥルードゥフには、よけいなプロモーションなど不要。音楽がすべてを語ってくれるのである。

02年、Hate Forestという、かなりヤバいバンドのメンバーであったRoman SaenkoとThuriosによって、ドゥルードゥフは結成された。翌03年にデビュー・アルバム『Forgotten Legends』を、イギリスのSupernal Music(これもかなりヤバいレーベルだ)からリリース。実質3曲(+アウトロ)で40分弱という実に極端な内容の本作は、まだBurzumの直接的影響下から逃れられていないように思える。

ドゥルードゥフがその独自のサウンド、世界観を完成させたのは、翌04年に発表されたセカンド・アルバム『Autumn Aurora』においてだ。「秋のオーロラ」というタイトル、そして「夜の森に吹く風」、「最初の雪」といった曲名が示すとおり、この作品ではウクライナの広大な自然が、音楽を用いて見事なまでに表現されている。本作は、アトモスフェリック・ブラック・メタルという名がふさわしいスケールの大きな名盤として、世界中から絶賛された。その後も彼らは、ほぼ毎年という速いペースで、しかもクオリティの高いアルバムを次々と発表。6枚のアルバムをリリースしたところで、フランスの名門、Season of Mistへと移籍を果し、『Microcosmos』(09年)、『Пригорща зірок (Handful of Stars)』(10年)、『Вічний оберт колеса (Eternal Turn of the Wheel)』(12年)、『Борозна обірвалася (A Furrow Cut Short)』(15年)という4枚のアルバムをリリースした。

そして今回発売となるのが、11枚目のフル・レングス『Їм часто сниться капіж(They Often See Dreams About The Spring)』である。民族音楽的要素を強めたり、アコースティック・ギターを大幅導入したり、ときにプログレッシヴな面も見せたりと、それなりの音楽的変遷を経てきているドゥルードゥフだが、今回は「彼らはしばしば春についての夢を見る」というタイトルから想像できるとおり、名作『Autumn Aurora』を彷彿させる内容へと回帰している。美しくも儚いメロディを奏でるトレモロ・ギター、凍てつくような絶叫ヴォーカル、そして圧倒的に雰囲気を盛り立てるシンセサイザー。本作で聴かれるスタイルを極端に要約すれば、北欧で生まれたブラック・メタルのウクライナ的解釈ということになるのだろうが、そのウクライナらしさこそ、我々日本人にはたまらないもの。ロシア民謡の数々が日本でも広く親しまれていることを考えると、彼らと我々は非常に近い感性を共有しているのもしれない。9分クラスの長尺の曲がずらりと並び、ウクライナの冬が描写されていく『Їм часто сниться капіж(They Often See Dreams About The Spring)』。これぞ究極のアトモスフェリック・ブラック・メタル、ドゥルードゥフ・ワールド全開である。このアルバムには、ファンがドゥルードゥフに求めるものすべてが詰め込まれていると言えるだろう。

日本盤にはボーナス・ディスクとして、07年にリリースされたEP『アンチ・アーバン』をカップリング。また川嶋未来(SIGH)による解説も付属。

DRUDKH

2002年にHate Forestの”Roman Saenko”と”Thurios”により結成。2003年にデビューアルバム「Forgotten Legends」をSupernal Musicよりリリース。現在までに合計10枚のアルバムをリリースしている。

・メンバー

Roman –  Guitar/Acoustic Guitar/Keyboards
Thurios Vocals/Guitar
Krechet Bass/Keyboards
Vlad – Drums/keyboards

・ Facebook
https://www.facebook.com/Drudkh.Official/




その他収録曲が公開された時は追記していきます。

以上”DRUDKH 新作情報「They Often See Dreams About the Spring」”でした。