HAMMERFALL『DOMINION』
スウェーデンのヘヴィメタル・バンド、HAMMERFALL(ハンマーフォール) が新曲「One Against the World」のライブビデオを公開しました。

この曲は、2019年8月16日リリースのニューアルバム『DOMINION』に収録されます。



 

以下は公開されている同アルバム収録曲のオフィシャルビデオです。

5. (We Make) Sweden Rock – Live Video


5. (We Make) Sweden Rock – Lyric Video

『DOMINION』

前作『Built To Last』から約3年ぶり通算11枚目となるアルバム。

海外でNapalm Records、日本ではワードレコーズより2019年8月16日にリリース

ワードレコーズでは100セット限定「直筆サインカード付きCD」の予約を受け付けています↓
https://wardrecords.com/products/detail5070.html

今作のプロデュースとミックスは、初期からバンドの作品を手がけるフレドリック・ノルドストローム(ARCH ENEMY、AT THE AGTES、IN FLAMES、SOILWORK)が担当。

バンドは『Built To Last』リリース後に David Wallin(Dr)が脱退しましたが、2017年中に再度加入しています。
トラックリスト
01. Never Forgive, Never Forget
02. Dominion
03. Testify
04. One Against the World
05. (We Make) Sweden Rock
06. Second to One
07. Scars of a Generation
08. Dead by Dawn
09. Battleworn
10. Bloodline
11. Chain of Command
12. And Yet I Smile

日本盤限定ボーナストラック
13. ユー・ウィン・オア・ユー・ダイ





インフォメーション

1997年にデビューしたハンマーフォールは、ヨーロッパ市場におけるメタル復権の立役者としてカリスマ視されてきた。3rdアルバム『レネゲイド』(2000)が本国スウェーデンのナショナル・チャート1位を獲得、その後のすべてのアルバムがチャート上位にランクインするなど、メタル界に留まることのない熱烈な支持を誇っている。
最近では『グローリー・トゥ・ザ・ブレイヴ』(1997)、『レガシー・オブ・キングス』(1998)という初期の名盤の20周年記念盤がリリースされるなど、ベテランの域に達している彼らだが、3年ぶりとなる新作スタジオ・アルバムは、長きにわたるスウェディッシュ・メタルの伝統を背負いながら、新時代の扉を開いていく作品だ。

徹頭徹尾ピュアでストロングなメロディック・パワー・メタルで押しまくる本作。1曲目「ネヴァー・フォーギヴ・ネヴァー・フォーゲット」から鋭角的なギター・リフとハイトーンのシャウト、そして溢れ出すメロディのせめぎ合いで魅了する。北欧神話の神々の系譜とヘヴィ・メタルの血脈を重ね合わせた「バトルウォーン」〜「ブラッドライン」、アルバムを劇的なクライマックスで締め括る「アンド・イェット・アイ・スマイル」まで、タイムレスな純正メタルが新旧ファンの魂を揺さぶらずにいない。
先行リード・トラックとして発表され、アルバム発売に先んじて話題を呼んでいるのが「(ウィ・メイク) スウェーデン・ロック」だ。母国スウェーデンが育んできたハード・ロック/ヘヴィ・メタル ・ムーヴメントを題材としたこの曲の歌詞には、イングヴェイ・マルムスティーン、アット・ザ・ゲイツ、ヘヴィ・ロード、トリート、キャンドルマス、バソリーなど偉大なる先達の曲タイトルが織り込まれている。また、この曲は1992年から開催されている“スウェーデン・ロック”フェスティバルへの讃歌でもあるが、ハンマーフォールは1998年に初参戦、2019年のフェスには7回目の出演を果たすことが決まっている。

アルバムのプロデュースとミックスはフレドリック・ノルドストロームが担当している。アーチ・エネミーやソイルワークを筆頭に数多くのアーティストの作品を手がけてきた彼は現代ヨーロッパのメタル界屈指のプロデューサーであるのと同時に、初期からハンマーフォールの作品を手がけてきた、バンドの最も信頼する盟友の1人だ。
ギタリストのオスカー・ドロニャックは本作についてこう語っている:
「“グッドなアルバム”では十分ではないんだ。“グレイト”でなければならない。ソングライティングやリハーサル、プロダクション、各メンバーの演奏…すべてをマントラのように織り込んだのが『ドミニオン』だ。止めることのない自然の猛威だよ。一度聴けば、誰もがそれを感じるだろう」

ヘヴィ・メタルの“覇権”を巡って、新たなる戦いが始まる。あらゆる強敵を薙ぎ倒すべく、ハンマーフォールが振るう鉄槌が『ドミニオン』だ。

HAMMERFALL

1993年に結成されたスウェーデンはヨーテボリ出身のヘヴィメタルバンド。

デスメタルバンド CEREMONIAL OATHのギタリストであるオスカー・ドロニャックが、正統派なヘヴィメタルをプレイする為に、同じくCEREMONIAL OATHやIN FLAMESでも知られるイェスパー・ストロムブラードを誘いサイド・プロジェクトとして始動。

初期にはDARK TRANQUILLITYのミカエル・スタンネ、1stリリース時には元IN FLAMESのグレン・ユングストローム(Gt)など、スウェーデン・メロディック・デスメタルを代表するバンドのメンバーが関わっていました。

イェスパーは作曲面やドラムで関わっていましたが、IN FLAMESの活動に専念するために脱退。

1997年に大手メタルレーベルから「Glory to the Brave」でデビューし、現在までに合計10枚のアルバムをリリースしています。

2000年の3rdアルバム『Renegade』、2006年の6thアルバム『Threshold』はスウェーデン・アルバム・チャート1位を記録。1998年に初来日公演を行い、その後も単独公演やLOUD PARKにて来日公演を行なっています。
メンバー
Joacim Cans – Lead Vocals
Oscar Dronjak – Lead & Rhythm Guitars
Pontus Norgren – Lead & Rhythm Guitars
Fredrik Larsson – Bass Guitar
David Wallin – Drums & Percussion
関連リンク
Official SiteFacebookTwitterYoutubeSpotify




 

紹介した新譜リリース一覧