HAVOK 「CONFORMICIDE」
1st及び2011年にリリースした2ndアルバム「TIME IS UP」では勢いのある作風で高い評価を得て、新世代スラッシュメタルバンドとして知られたアメリカのバンド”HAVOK”の、3月10日に発売される通算4枚目のアルバム「CONFORMICIDE」

新たに収録曲”Intention To Deceive”のAlbum Trackが公開されました。※3月1日

今作については、フロントマンである”Dave Sanchez”が、「これまでの自分たちのアルバム中で最もダイナミックでヘヴィ、また音楽的で思慮深い作品であり、メンバー全員がこれまでで最高のアルバムであると感じている」とのコメントが見られました。

現在公開されている”Intention To Deceive”・”Ingsoc”・”Hang ‘Em High”のOFFICIAL Videoです↓






・「CONFORMICIDE」曲目

1 F.P.C.
2 Hang ‘Em High
3 Dogmaniacal
4 Intention to Deceive
5 Ingsoc
6 Masterplan
7 Peace Is in Pieces
8 Claiming Certainty
9 Wake Up
10 Circling the Drain
11 String Break
12 Slaughtered

〈メンバー〉
ボーカル・ギター David Sanchez
ギター・ボーカル Reece Scruggs
ベース・ボーカル Nick Schendzielos
ドラム Pete Webber






バンドは2月には北米ツアーを行い、アルバム発売後の4月初めより同じく新作を販売する”Warbringer”や、 “GOROD”, “Exmortus”と共にヨーロッパツアーを行うようです。

アルバム全体を聴いてみなければなんとも言えませんが、公開された曲を聴いた感じではギターのサウンドからもヘヴィにはそれ程感じず、去年発売のアルバムが2016年度最優秀メタルアルバムの一角とされた”VEKTOR”になんとなく似た雰囲気を感じますね。

あちらよりもだいぶストレートな作風ですが。

以上”HAVOK 新作情報 「CONFORMICIDE」”でした。