KATAKLYSM – 「MEDITATIONS」
カナダのメロディック・デスメタルバンド、KATAKLYSM(カタクリズム)の前作から3年ぶり通算13枚目のアルバム「MEDITATIONS」

「MEDITATIONS」は、バンドのギタリスト”Jean-Francois Dagenais”とドラマー”Oli Beaudoin”によって製作され、ミックスを”Jay Ruston”(ANTHRAX、STONE SOUR)、マスタリングを”Paul Logus”(PANTERA)が担当。

カバーアートは前作に引き続き”Ocvlta Designs”によってデザイン。

全10曲を収録し、Nuclear Blastより6月1日にリリースを予定。(日本盤の販売は未確認)

高速のリフワーク、メロディックなアクセント、パワフルで重厚なグルーヴなど、バンドの特色を盛り込んだとコメントされる収録曲「Guillotine」のOFFICIAL LYRIC VIDEOが公開されています↓


トラックリスト

01. Guillotine
02. Outsider
03. The Last Breath I’ll Take Is Yours
04. Narcissist
05. Born to Kill and Destined to Die
06. In Limbic Resonance
07. And Then I Saw Blood
08. What Doesn’t Break Doesn’t Heal
09. Bend the Arc, Cut the Cord
10. Achilles Heel

KATAKLYSM

1991年に結成され、1993年にNuclear Blastと契約。1995年に「Sorcery」にてデビューし、現在までに合計12枚のアルバムをリリースしているカナダのデスメタル/メロディック・デスメタルバンド。

2013年リリースの11thアルバム「Waiting for the End to Come」にて日本デビューし、リリース後のツアーにて初来日を果たしている。

2015年にリリースされた12thアルバム「Of Ghosts and Gods」では、グラミー賞に相当するカナダのジュノー賞にて「Heavy Metal Album of the Year」を受賞。

Maurizio Iacono – Vocal
Jean-Francois Dagenais – Guitar
Stephane Barbe – Bass
Oli Beaudoin – Drum

・ Facebook
https://www.facebook.com/kataklysm/




以上”KATAKLYSM 新作情報 「MEDITATIONS」”でした。

紹介した新譜リリース一覧