KHEMMIS(ケミス)『DECEIVER』

アメリカのドゥーム・メタル・バンド、KHEMMIS(ケミス)がニューアルバム『DECEIVER』を2021年11月19日にリリース。

リリース元は海外でNuclear Blast Records。日本ではワードレコーズ。

スタジオ・アルバムのリリースは2018年の『DESOLATION』以来であり通算4枚目になります。

日本盤ではインフォメーションは以下のように紹介しています。

「「DECEIVER」(詐欺師)というタイトル通り、我々が様々な物語をいかに信じ込まされているかがテーマ。ドゥーム・メタルと一口に言っても、実に多くのスタイルが存在しているが、あくまで伝統的なヘヴィメタルに立脚したKHEMMMISらしいドラマチックな作品。7-8分の大曲がズラリと並んでいるが、決してスロー一辺倒ではなく、スラッシーなパートも飛び出したりと抑揚が豊かなため、一切飽きることなくアルバムの世界に没頭できる。『DECEIVER』はドゥーム・メタル・ファンはもちろん、伝統的なヘヴィメタル、その他ヘヴィなもの大好きという人たち必聴のアルバムだ。」

OFFICIAL VIDEO

3. Living Pyre

トラックリスト

01. Avernal Gate
02. House Of Cadmus
03. Living Pyre
04. Shroud Of Lethe
05. Obsidian Crown
06. The Astral Road

Deceiver

日本盤インフォメーション

ケミスはアメリカ、コロラドのドゥーム・メタル・バンド。13年にネット上でデモを発表した後、ドゥーム・メタルの総本山、20バック・スピンと契約。15年に『Absolution』でアルバム・デビューを果たす。16年には早くもセカンド・アルバム『Hunted』をリリース。そのひたすらヘヴィなスタイルで、ドゥーム・メタル界の話題をさらっていった。18年のサード・アルバム『Desolation』のヨーロッパ盤は、あのニュークリア・ブラストからリリース。ニュークリア・ブラストがドゥーム・メタルの作品を扱うのは、異例のことである。

この度、そんなケミスがニュー・アルバムをリリースする。『ディシーヴァー』と題された4枚目のアルバムは、「詐欺師」というそのタイトル通り、我々が様々な物語をいかに信じ込まされているかがテーマ。ドゥーム・メタルと一口に言っても、実に多くのスタイルが存在しているが、ケミスがプレイしているのはあくまで伝統的なヘヴィメタルに立脚したドラマチックなそれ。ヴォーカルもエピックに歌い上げるタイプだ。今回も7-8分クラスの大曲がズラリと並んでいるが、ケミスの場合、決してスロー一辺倒ではなく、スラッシーなパートも飛び出したりと抑揚が豊かなため、一切飽きることなくアルバムの世界に没頭できるのである。
ドラマーのザック・コールマンは、ここ数年大きな人気を誇っているデス/ブラック・メタル・バンド、ブラック・カースのメンバー。また先日デビュー作を発表したマックス・カヴァレラ(ソウルフライ、元セパルトゥラ)とその御子息のバンド、ゴー・アヘッド・アンド・ダイにも参加している人物である。
ひたすら重く、暗く、そして美しく。『ディシーヴァー』はドゥーム・メタル・ファンはもちろん、伝統的なヘヴィメタル、その他ヘヴィなもの大好きという人たち必聴のアルバムだ。

KHEMMIS(ケミス)

2012年に結成。アメリカはコロラド州デンバーで出身のドゥーム・メタル・バンドです。

2015年に「Absolution」でデビューし、現在までに3作のスタジオ・アルバムをリリースしました。

2016年の2nd「Hunted」は各種メタル専門サイトや雑誌にレビューにて絶賛され、ローリングストーンズ誌の2016年ベスト・メタル・アルバムでは11位、USメタル雑誌 Decibel Magazineの2016年ベストアルバムでは1位に選ばれました。

メンバー

Zach – Drum
Ben – Vocal/Guitar
Phil – Vocal/Guitars

関連リンク

Official SiteFacebookInstagramSpotify

関連作品・グッズ

Hunted

Desolation


新譜リリース一覧