KILLSWITCH ENGAGE『ATONEMENT II B-SIDES FOR CHARITY』

アメリカのメタルコアバンド、KILLSWITCH ENGAGE(キルスウィッチ・エンゲイジ)Bandcampにてデジタル形式で未発表曲6曲を収録した『Atonement II B-Sides for Charity』をリリース。

収録されている6曲は『ATONEMENT』(2019年)の制作時にレコーディングされた未発表曲であり、2020年5月1日から一週間限定で利用可能です。収益は全てCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)救済基金に寄付されます。

※正確には5月1日から一週間はBandcampでのみ利用可能であり、5月8日よりi tunesやAmazonなどでも600円程で利用可能とのことでした。

 

メンバーのJesse Leach(Vo)は以下のコメントをしています。

「これらの曲は「ATONEMENT」の最終的なカットにはなりませんでした。どの曲がアルバムに収録するか選ぶのは、私には大変なプロセスです。最も意味のある曲がアルバムに収録される一方で、私は自分が書くすべての曲に愛着を持っています。だから、これらのB面を出してチャリティーに寄付しようというアイデアが浮かんだ時、私はそのアイデアに安心し、 バンドは満場一致で合意しました。これらの曲がリリースを目にすることができ、他の人を助けることができることは大きなボーナスであると自負しています。」

「これらの歌は私の人生の非常に困難で不確かな時期に書かれました。彼らは2つの視点で書かれています:信仰、人生、愛の危機を抱えている、苦しみ、怒り、欲求不満の男と、視点を変え、再試行し、それを通してすべて戦う意志と強さを見つけた男の視点です。これらの曲はアルバムのカットにはならなかったかもしれませんが、私は心から信じている、非常に意味のある曲です。叙情的に、それらは私が書いた私のお気に入りの一部です。「Hollow Convictions」、「No Devotion」、「I Feel Alive Again」から、「Killing of Leviathan」、「Prophets of Treason」、「To The Great Beyond」などのバトルクライソングまで、それは私の旅の物語と私の世界観を物語っています。」

「これについて私たちと提携してくれたMetal Bladeに感謝します。Center for Disaster Philanthropyのすばらしい仕事にも感謝します。最後に、曲を購入し、これらの不確かな時間の中で絶望的に困っている人々を助けることに貢献してくれた皆さんに感謝します。」

『ATONEMENT II B-SIDES FOR CHARITY』 トラックリスト
1. To The Great Beyond
2. Hollow Convictions
3. Killing of Leviathan
4. No Devotion
5. I Feel Alive Again
6. Prophets of Treason

OFFICIAL VIDEO

販売されているBandcampはこちら

Atonement II B-Sides for Charity

KILLSWITCH ENGAGE

1999年に元OVERCASTのマイク・ダントニオ(Ba)と元AFTERSHOCKのアダム・デュトキエビッチ(Gt)、ジョエル・ストローゼル(Gt)を中心に結成。2000年代メタルコアシーンを代表する、アメリカはマサチューセッツ州ウェストフィールド出身のメタルコア・バンドです。

2000年に『Killswitch Engage』でデビューし、現在までに合計7枚のアルバムをリリース。

2013年の6th『Disarm the Descent』ではUSビルボードチャート7位、2016年の7th『Incarnate』では6位を記録しています。

2002年の初来日以降、単独公演やLOUD PARKへの出演など複数回に渡って来日公演を行っています。

メンバー

Adam Dutkiewicz – Guitar
Joel Stroetzel – Guitar
Mike D’Antonio – Bass
Jesse Leach – Vocals
Justin Foley – Drums

関連リンク

Official SiteFacebookTwitterInstagramYoutubeSpotify