KK’S PRIEST『SERMONS OF THE SINNER』

元ジューダス・プリーストのK.K.ダウニング(Gt)、ティム”リッパー”オーウェンズ(Vo)、レス・ビンクス(Dr)らによるヘヴィメタル・バンド、KK’S PRIESTデビューアルバム『SERMONS OF THE SINNER』を2021年10月1日に世界同時リリース。日本でのリリース元はワードレコーズ。

ワードレコーズ・ダイレクトでは【100セット CD+サインカード】の予約も受け付けています。
https://wardrecords.com/products/detail6093.html

現在タイトルトラック「Sermons of the Sinner」と「Hellfire Thunderbolt」のオフィシャルビデオが公開されています。

OFFICIAL VIDEO

5. RAISE YOUR FISTS NEW!

6. BROTHERS OF THE ROAD NEW!

2. Hellfire Thunderbolt

3.Sermons of the Sinner

-トラックリスト-
01. INCARNATION
02. HELLFIRE THUNDERBOLT
03. SERMONS OF THE SINNER
04. SACERDOTE Y DIABLO
05. RAISE YOUR FISTS
06. BROTHERS OF THE ROAD
07. METAL THROUGH AND THROUGH
08. WILD AND FREE
09. HAIL FOR THE PRIEST
10. RETURN OF THE SENTINEL

サーモンズ・オブ・ザ・シナー

日本盤インフォメーション

元ジューダス・プリーストのK.K.ダウニング(G)、ティム”リッパー”オーウェンズ(Vo)、レス・ビンクス(Dr)らによる新バンド、KK’sプリーストがデビュー・アルバムをリリースする。改めて言うまでもないことだが、K.K.ダウニングと言えば、ジューダス・プリーストの創設者であり、40年以上にジューバンドを支えてきたギタリストだ。11年にバンド脱退した後は、プロデュース業やホテルの運営などを行なってきたが、20年、K.K.プリーストを結成。ジューダス・プリーストの曲を演奏するライヴを行い、長年の彼のファンを大喜びさせた。

そしてついに、『サーモンズ・オブ・ザ・シナー』と題されたそのデビュー・アルバムがヴェールを脱ぐ。ギターがK.K.で、ヴォーカルがティム”リッパー”オーウェンズなのだから、ヘヴィメタル・ファンであれば、それがどんなサウンドなのかは容易に想像がついてしかるべき。ひたすらヘヴィ。そして美しいツインリード。これこそがヘヴィメタル。これこそがファンの求めるもの。いや、ファンたちの高い期待を楽々超える大傑作である!2021年、ヘヴィメタル界最大の話題作。

KK’S PRIEST

メンバー

K. K. ダウニング – Guitar
ティム”リッパー”オーウェンズ – Vocal
トニー・ニュートン – Bass
A. J. ミルズ – Guitar
ショーン・エルグ – Drum

関連リンク

Official SiteFacebookInstagramTwitter


新譜リリース一覧