KOBRA AND THE LOTUS『EVOLUTION』
女性ボーカリスト、コブラ・ペイジが率いるカナダのヘヴィメタル・バンド、KOBRA AND THE LOTUS(コブラ・アンド・ザ・ロータス)がニューアルバム『EVOLUTION』を2019年9月20日にリリース

海外でのリリース元はNapalm Records、日本ではワードレコーズ。アルバムのリリースは前作「PREVAIL Ⅱ」から約1年半ぶり通算6枚目となります。

今作は Michael “Elvis” Baskette (ALTER BRIDGE、LINKIN PARK、SEVENDUST)によりプロデュースされました。

OFFICIAL VIDEO

3. Burn!

トラックリスト
01. Evodem
02. Evolution
03. Burn!
04. We Come Undone
05. Wounds
06. Thundersmith
07. Circus
08. Wash Away
09. Liar
10. Get the F**k out of Here
11. In the End

日本盤限定ボーナストラック
12. トーキョー



インフォメーション

カナダのカルガリーで2009年に結成、KISSのジーン・シモンズに見出されてワールド・デビューを果たしたコブラ・アンド・ザ・ロータスは、現代ハード&ヘヴィ界で最も刺激的なバンドのひとつとして絶大な支持を得てきた。KISSやジューダス・プリースト、デフ・レパードのオープニング・アクトとして世界をツアー、ドイツ“ヴァッケン・オープン・エア”、イギリス“ダウンロード・フェスティバル”、フランス“ヘルフェスト”など世界各国のメタル・フェスに参戦して、彼らはその実力を知らしめている。

コブラ・ペイジの表現力豊かなヴォーカルは時にアグレッシヴ、時にメロウ、そして常にエモーショナル。そのアグレッシヴでメロディアスな音楽性は、国境や世代を超えてファンを魅了してきた。『プリヴェイルI』(2017) 『プリヴェイルII』(2018)の二部作ではスケールの大きなトータル性を追求。後者は米グラミー賞に相当するカナダのジュノー賞“メタル/ハード・ミュージック・アルバム”部門にノミネートされるなど、その存在がクローズアップされてきた。そんな状況下で発表される通算6作目のアルバムが『エヴォリューション』だ。

バンドの“エヴォリューション=進化”をアルバム・タイトルに冠した本作。激リフとキャッチーなメロディがせめぎ合う(2)「エヴォリューション」、エレクトロニックなサウンドとヘヴィネスに乗せて圧倒的なヴォイスの迫力で魅せる(3)「バーン!」、大会場をひとつにするアリーナ・アンセム(6)「サンダースミス」、タイトルに反して歌わずにいられない(10)「ゲット・ザ・ファック・アウト・オブ・ヒア」など、バンドの持つ多彩な魅力をさらに進化させたアルバムとなっている。
前作『プリヴェイルII』では「レット・ミー・ラヴ・ユー」(日本語 ver)での完璧な発音が日本のファンから絶賛されたが、今回はジャパン・オンリーの新曲「トーキョー」をボーナス・トラックとして収録。コブラの日本語ヴォーカルを再び堪能することが出来る。

スラッシュ、アルター・ブリッジ、トリヴィアムなどの作品を手がけてきたマイケル“エルヴィス”バスケットをプロデューサーに起用。さらにスケールアップした世界観を提示しながら、結成10年を迎えたコブラ・アンド・ザ・ロータスは新たなる地平線へと飛び立っていく。

KOBRA AND THE LOTUS

2009年に女性ヴォーカリスト、コブラ・ペイジ(Kobra Paige)が結成したカナダ出身のヘヴィメタル・バンド。

2010年に『Out of the Pit』でデビューし、現在までに合計5枚のアルバムをリリース。2ndアルバム『Kobra And The Lotus』(2012)で日本デビューを果たしています。
メンバー
Kobra Paige – Vocals
Jasio Kulakowski – Guitars
Ronny Gutierrez – Guitars
Brad Kennedy – Bass
Marcus Lee – Drums
関連リンク
OFFICIAL SITEFacebookInstagramtwitterspotify




 

紹介した新譜リリース一覧