LAMB OF GOD『LAMB OF GOD』

アメリカのグルーヴ・メタル・バンド、LAMB OF GOD(ラム・オブ・ゴッド)。6月19日リリースの最新アルバム『LAMB OF GOD』の全曲が、バンドのオフィシャルYoutubeチャンネルより公開されました。

以下の再生リストより全曲を視聴できます。

本日公開 “Gears” MUSIC VIDEO

 

以下は公開されている同アルバム収録曲のプレイスルービデオです。

1. Memento Mori(Mark Morton & Willie Adler Playthrough)

2. Checkmate (Mark Morton & Willie Adler Playthrough)

Spotify

『LAMB OF GOD』情報

2015年の前作『VII: Sturm Und Drang』以来であり通算9作目のスタジオ・アルバム。

オリジナルメンバーであるChris Adler(dr)に変わりPRONG/WINDS OF PLAGUEのArt Cruz(Dr)加入後としては初になります。

海外でEpic Records/Nuclear Blast Records、日本ではワードレコーズより2020年6月19日にリリース。

ワードレコーズ・ダイレクトでは「100セット CD+Tシャツ」の予約も受け付けています。
https://wardrecords.com/products/detail5513.html

 

今作も6th『Wrath』以降バンドのアルバムを手がける Josh Wilbur (KORN, MEGADETH, GOJIRA, TRIVIUM)がプロデュース。

ゲストミュージシャンとして HATEBREEDのJamey Jasta(Vo)と TESTAMENTのChuck Billy(Vo)が参加しています。

アルバムからのファーストシングル「Checkmate」についてMark Morton(Gt)は以下のコメントをしています。
「過去20年にわたって開発してきたLAMB OF GODサウンドの全ての素材を統合していますが、バンドの新章の開始に伴う野心と猛烈さも備えています。」

-トラックリスト-
01. Memento Mori
02. Checkmate
03. Gears
04. Reality Bath
05. New Colossal Hate
06. Resurrection Man
07. Poison Dream (feat. Jamey Jasta)
08. Routes (feat. Chuck Billy)
09. Bloodshot Eyes
10. On The Hook

ラム・オブ・ゴッド[CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)(メガジャケ付)]

日本盤インフォメーション

21世紀のヘヴィ・ロック・シーンにおいて、ラム・オブ・ゴッドは最強の名を欲しいままにするバンドだ。1994年、米国ヴァージニア州で結成した彼らは急速に頭角を現し、『ラス』(2009)、『レゾリューション』(2012)、『VIIシュトゥルム・ウント・ドラング~疾風怒濤~』(2015)は連続して全米チャートのトップ3入りを果たしている。

近年は亡きファンに捧げるEP『ザ・デューク』(2016)、前身バンド:バーン・ザ・プリースト名義でのカヴァー・アルバム『リージョン:XX』(2018)、そしてマーク・モートン(ギター)がソロ・アルバム/EPを発表するなど、精力的に活動してきた彼らだが、いよいよ5年ぶりのフルレンス・アルバムを完成させた。

バンドの原点に立ち返るべく、『ラム・オブ・ゴッド』と名付けられた本作。その理由についてマーク・モートンは「これこそがラム・オブ・ゴッド。バンドの創造性に対する誇りと満足感に溢れる、新鮮なエネルギーに満ちたアルバム」と表現している。結成以来のメンバーだったクリス・アドラー(ドラムス)の脱退は世界中のファンに衝撃をもたらしたものの、既にツアーに同行していたアート・クルーズを正式メンバーに起用。プロングに在籍したこともあるアートの腰骨を粉砕するドラミングを得て、バンドの新章を高らかに宣言するサウンドをもたらしている。

今やメタル界の“顔”となったランディ・ブライのシャウトも切実感と威圧感を兼ね備え、バンド全体を臨界点へと牽引していく。
アルバムに先駆けて公開されたリーダー・カット「チェックメイト」は超弩級ヘヴィ・サウンドに乗せて現代社会の欺瞞・ヘイト・拝金主義を痛烈に批判しており、その鋭利な切っ先がいささかも鈍っていないことを証明する楽曲だ。この曲は2020年2月14日、シカゴの“ハウス・オブ・ヴァンズ”で行われたスペシャル・ライヴで世界初披露され、新作への期待をさらに高めることになった。

念願の全米チャート1位獲得なるか?また、これまで5回ノミネートされてきたグラミー賞を奪取するか?メタル界に激震をもたらす本作は、世界の耳目を集めずにいない。
メガデスとのダブル・ヘッドライナー北米ツアー“ザ・メタル・ツアー・オブ・ジ・イヤー”(サポートはトリヴィアム、イン・フレイムス)も決定。KNOTFEST JAPAN 2016以来となる日本上陸も待たれる。

時計の針は止まり、世界蹂躙へのカウントダウンが始まった。ラム・オブ・ゴッドの新世紀到来である。

LAMB OF GOD

メンバー

D. Randall Blythe – Vocals
Mark Morton – Guitar
Willie Adler – Guitar
John Campbell – Bass
Art Cruz – Drums

関連リンク

Official site、  Facebook、 Instagram、 twitter、 Youtube、 Spotify

関連作品・グッズ

 

VIIシュトゥルム・ウント・ドラング~疾風怒濤~【歌詞対訳付/日本語解説書封入】

Ashes Of The Wake

Lamb Of God T Shirt Phoenix Rising Band Logo 公式 メンズ


紹介した新譜リリース一覧