アメリカのメタルバンド、”MACHINE HEAD”(マシーン・ヘッド)の前作から4年ぶり通算9枚目のアルバム「CATHARSIS」

Nuclear Blastより1月26日にリリースを予定し、国内盤はワードレコーズより1月24日にリリース予定。

新たにアルバム収録曲”Volatile”のOFFICIAL LYRIC VIDEOが公開されました↓(1月25日更新)



・その他のOFFICIAL VIDEO

6 “Kaleidoscope”


7.  “Bastards”


2 “Catharsis”


3 “Beyond The Pale”


ボーナスDVD収録” Now We Die”


ボーナスDVD収録”Ten Ton Hammer”

・「CATHARSIS」

01.  Volatile
02.  Catharsis
03.  Beyond The Pale
04.  California Bleeding
05.  Triple Beam
06.  Kaleidoscope
07.  Bastards
08.  Hope Begets Hope
09.  Screaming At The Sun
10.  Behind A Mask
11.  Heavy Lies The Crown
12.  Psychotic
13.  Grind You Down
14.  Razorblade Smile
15.  Eulogy
〈限定版 ライヴDVD〉
2015年2月21日 ザ・リージェンシー・ボールルーム/サンフランシスコ

1. Imperium
2. Beautiful Mourning
3. Now We Die
4. Bite The Bullet
5. Locust
6. From This Day
7. Ten Ton Hammer
8. This Is The End
9. Beneath The Silt
10. The Blood, The Sweat, The Tears
11. Darkness Within
12. Bulldozer
13. Killers & Kings
14. Davidian
15. Descend The Shades Of Night
16. Now I Lay Thee Down
17. Take My Scars
18. Aesthetics Of Hate
19. Game Over
20. Old
21. Halo

レーベル: Nacre Blast records


またしてもマシーン・ヘッドは凄いアルバムを作り上げてしまった!ロブ・フリン率いるカリフォルニア・ベイエリア拠点のヘヴィ・メタル・バンド、マシーン・ヘッドの最新作がリリースされる。Nuclear Blast移籍第一弾となった2014年リリースの前作『ブラッドストーン・アンド・ダイヤモンズ』のタイトルは「地球で最もハードな音楽を演奏するバンド」としての決意表明をあらわしていた。その路線を突き詰め、さらなる進化を遂げた最新通算9作目となるのが、この『カタルシス』である。

マシーン・ヘッドは1992年にアメリカ合衆国カリフォルニア州のサンフランシスコ湾に面した港湾都市、オークランドで結成された4人組ヘヴィ・メタル・バンド。1994年『バーン・マイ・アイズ』でデビューすると、SLAYERやMETALLICAのメンバーから絶賛され、一気にメタル・ファンの注目を集める。そして1年半にも及ぶツアーをこなし知名度を上げていった彼らは、1997年に2作目『ザ・モア・シングス・チェンジ…』を発表、1999年には『ザ・バーニング・レッド』を発表し、時代の潮流に乗った独自のグルーヴ・メタルを完成させた。2007年3月に6thアルバム『ザ・ブラッケニング』をリリース。全8曲、約60分という大作志向のアルバムが世界中で絶賛され、2000年代ヘヴィ・メタルの傑作と謳われるほどの評価を得る。

近年、ますますその人気と知名度は上がっているなか、2014年にバンドはデビュー20周年を迎えレーベルを移籍し心機一転、11月に8枚目のアルバムとなる『ブラッドストーン・アンド・ダイヤモンズ』をリリースする。この作品は米アルバムチャートにおいて最高21位と、バンド史上最高位を記録。2015年にはワールドツアー[Evening with Machine Head]を敢行。同年7月には東京・大阪・名古屋の三都市を回る日本公演を行った。

レーベル移籍後2作目となる本作の特徴は、楽曲の簡素化である。これまで6分~8分台の曲が多かった彼らだが、今回は全体的にコンパクトにまとめられている。とはいえ、スラッシーに刻まれるリフ、独特のうねりを持ったグルーヴ、キャッチーなメロディはまったく変わらず。静と動、緩と急のコントラストが絶妙なバランスで配合されており、随所に彼らの楽曲構成力、作曲センスの感じられる作品に仕上がっている。ロブ・フリンの衰えをみせることのない音楽への情熱に胸が熱くなると同時に、必ずやヘヴィ・メタルのカタルシスが得られるであろう充実作。またしてもマシーン・ヘッドは凄いアルバムを作り上げてしまった!

プロデュースは前作同様、ロブ・フリン。レコーディングはカリフォルニア州オークランドのSharkbite Studiosで行われ、レコーディングとミックスはエクストリーム・メタル系の作品を数多く手掛けているZack Ohrenとロブが担当した。マスタリングは世界最高峰と言われるニューヨークのSterling Soundにてチーフ・エンジニアのテッド・ジェンセンによって行われた。強烈なインパクトを放つアルバムのカバーアートは写真家のSeanen Middletonが撮影したものが使用されている。

MACHINE HEAD

Robb Flynn – Lead Vocals, Guitar
Dave McClain – Drums
Phil Demmel – Lead Guitar
Jared MacEachern – Bass, Vocals

・ Facebookページ
https://www.facebook.com/MachineHead/




その他収録曲が公開された時は追記していきます。

以上”MACHINE HEAD 新作情報 「CATHARSIS」”でした。