MAYAN – 『DHYANA』
EPICAのメインソングライター/ギタリストのマーク・ヤンセンを中心としたオランダのシンフォニック・デスメタルバンド、MAYANが新曲「Dhyana」のミュージックビデオを公開しました。

「Dhyana」はバンドとしては珍しいバラードであり、DELAINのMerel Bechtold(Gt)によるアコースティックギターとElianne Anemaatによるチェロの伴奏をバックに、Marcela BovioとLaura Macrìによるデュエットで歌われているとのこと。

この曲は、9月21日にリリースされるニューアルバム『DHYANA』に収録されます。



こちらは同アルバム収録曲「The Rhythm Of Freedom」のリリックビデオです↓



Recording Orchestra For ‘DHYANA’ (OFFICIAL TRAILER)

『DHYANA』

前作「Antagonize」から4年ぶり通算3枚目のアルバム。

アルバムは全11曲を収録した本編CDと、全11曲のインストゥルメンタル・バージョンを収録したCDの2枚組で発売。海外でのリリース元はNuclear Blast Records。

今作は前作「Antagonize」と同じく”Joost van den Broek”によりプロデュースされ、世界的に有名な交響楽団であるプラハ市立フィルハーモニー管弦楽団が録音に参加。
トラックリスト
01. The Rhythm Of Freedom
02. Tornado Of Thoughts – I Don’t Think Therefore I Am –
03. Saints Don’t Die
04. Dhyana
05. Rebirth From Despair
06. The Power Process
07. The Illusory Self
08. Satori
09. Maya – The Veil Of Delusion –
10. The Flaming Rage Of God
11. Set Me Free

MAYAN

2010年にEPICAのメインソングライター/ギタリストで知られる”マーク・ヤンセン”と元AFTER FOREVERのキーボーディスト “ジャック・デリセン”とギタリスト” Frank Schiphorst” により結成された、オランダ出身のシンフォニック・デスメタルバンド。

同じくEPICAや同郷のDELAINのメンバーなど多くのミュージシャンがメンバーとして参加し、過去にはゲストとしてEPICAのボーカル”シモーネ・シモンズ”やNIGHTWISHの”フロール・ヤンセン”などがアルバムに参加している。

2011年に大手メタルレーベルNuclear Blast Recordsより「Quarterpast」でデビューし、現在までに合計2枚のアルバムをリリース。
メンバー
Mark Jansen – vocal
Henning Basse – vocal
Laura Macri – vocal
Marcela Bovio – Vocal
George Oosthoek – Vocal
Jack Driessen – keyboards/vocal
Frank Schiphorst – Guitar
Merel Bechtold – Guitar
Roel Käller – Bass
Ariën van Weesenbeek – Drum/vocal
関連リンク
OFFICIAL SITEFacebookTwitterInstagramGoogle+YoutubeSpotify




 

以上”MAYAN 新曲「Dhyana」のミュージックビデオを公開”でした。

紹介した新譜リリース一覧