フィンランドのメロディック・デスメタル・バンド、MORS PRINCIPIUM EST(モルス・プリンシピアム・エスト)が新たにレコーディングした「Valley of Sacrifice, Part 1」のオフィシャルビデオを公開しました。

この曲は海外で2022年4月8日リリースされる、”初期3作のスタジオ・アルバム+2枚目のデモ”からの曲を収録したコンピレーション・アルバム『LIBERATE THE UNBORN INHUMANITY』に収録されます。

『LIBERATE THE UNBORN INHUMANITY』情報

1st『Inhumanity』(2003)、2nd『The Unborn』(2005)、3rd『Liberation = Termination』(2007)の初期スタジオ・アルバム3作と、2作目のデモ『Valley of Sacrifice』(2001)から選ばれた13曲を、全てレコーディングし直し収録したコンピレーション・アルバムになります。

海外でAFM Recordsより2022年4月8日にリリース。

バンドは2021年にAndy Gillion(Gt)が脱退し、初期のメンバーだったJarkko Kokko(Gt)とJori Haukio(Gt)が復帰しています。

-トラックリスト-
01. Cleansing Rain (Liberation = Termination)
02. Eternity’s Child (Inhumanity)
03. The Unborn (The Unborn)
04. The Lust Called Knowledge (Inhumanity)
05. Valley of Sacrifice, part 1 (Valley of Sacrifice)
06. Finality (Liberation = Termination)
07. Two Steps Away (The Unborn)
08. Inhumanity (Inhumanity)
09. Pure (The Unborn)
10. The Animal Within (Liberation = Termination)
11. Life in Black (Inhumanity)
12. Fragile Flesh (The Unborn)
13. Valley of Sacrifice, part 2 (Valley of Sacrifice)

MORS PRINCIPIUM EST(モルス・プリンシピアム・エスト)

1999年に結成。フィンランド出身のメロディック・デスメタル・バンドです。

2003年に『Inhumanity』でデビューし、現在までに合計7枚のアルバムをリリース。

2013年に初来日し、近年では2016年に同郷のOMNIUM GATHERUMとのダブルヘッドライナー公演、2018年には「RedruM Fest 2018」にて来日公演を行いました。

メンバー

Jarkko Kokko – Guitars
Jori Haukio – Guitars
Ville Viljanen – Vocals
Teemu Heinola – Bass
Marko Tommila – Drums

関連リンク

OFFICIAL SITEFacebookSpotify

関連作品

エンバーズ・オヴ・ア・ダイイング・ワールド

ドーン・オヴ・ザ・フィフス・エラ


紹介した新譜リリース一覧