NIGHTWISH『DECADES: LIVE IN BUENOS AIRES』
フィンランドのシンフォニック・メタル・バンド、NIGHTWISH(ナイトウィッシュ)ライブ作品『DECADES: LIVE IN BUENOS AIRES』(ディケイズ:ライヴ・イン・ブエノスアイレス)を日本では2020年1月31日にリリース

リリース元はワードレコーズ。(海外ではNuclear Blastより2019年12月6日)

“2枚組CD”、”通常盤DVD”、”通常盤Blu-ray”、”初回限定盤DVD+2枚組CD”、”初回限定盤Blu-ray+2枚組CD”がそれぞれ発売。

ワードレコーズ通販では100セット「直筆サインカード付きBlu-ray+2枚組CD」、100セット 「直筆サインカード付きDVD+2枚組CD」の予約も受け付けています。
https://wardrecords.com/products/detail5372.html / https://wardrecords.com/products/detail5373.html

 

20周年を記念したベスト・アルバム『Decades』に伴い全世界で82公演が行われたワールドツアーから、2018年9月30日アルゼンチンの首都ブレノスアイレスのエスタディオ・マルビナス・スタジアムで行われたコンサートを収録。

インフォメーションによれば、ツアーは「ザ・カーペンター」「サクラメント・オブ・ウィルダーネス」など初期のヒットから英米にその名を轟かせた「ウィッシュ・アイ・ハド・アン・エンジェル」、メロディック・パワー・メタルの真骨頂「ザ・キンスレイヤー」、叙情派ソング「デッド・ボーイズ・ポエム」、20分近くにおよぶ大曲「ザ・グレイテスト・ショー・オン・アース」などが演奏され、まさにオールタイム・ベストの内容とのこと。

OFFICIAL VIDEO

19. Slaying The Dreamer NEW!


17. Devil & The Deep Dark Ocean

トラックリスト
BluRay
01. Swanheart
02. End Of All Hope
03. Wish I Had An Angel
04. 10th Man Down
05. Come Cover Me
06. Gethsemane
07. Élan
08. Sacrament Of Wilderness
09. Deep Silent Complete
10. Dead Boy’s Poem
11. Elvenjig
12. Elvenpath
13. I Want My Tears Back
14. Amaranth
15. The Carpenter
16. The Kinslayer
17. Devil & The Deep Dark Ocean
18. Nemo
19. Slaying The Dreamer
20. The Greatest Show On Earth
21. Ghost Love Score

CD1
01. Swanheart
02. End Of All Hope
03. Wish I Had An Angel
04. 10th Man Down
05. Come Cover Me
06. Gethsemane
07. Élan
08. Sacrament Of Wilderness
09. Deep Silent Complete
10. Dead Boy’s Poem
11. Elvenjig
12. Elvenpath
13. I Want My Tears Back

CD2
01. Amaranth
02. The Carpenter
03. The Kinslayer
04. Devil & The Deep Dark Ocean
05. Nemo
06. Slaying The Dreamer
07. The Greatest Show On Earth
08. Ghost Love Score

ディケイズ:ライヴ・イン・ブエノスアイレス[初回限定盤Blu-ray+2CD(日本語解説書封入/日本語字幕付)] (L判ブロマイド3点セット付)

ディケイズ:ライヴ・イン・ブエノスアイレス[初回限定盤DVD+2CD(日本語解説書封入/日本語字幕付)] (L判ブロマイド3点セット付)

ディケイズ:ライヴ・イン・ブエノスアイレス[通常盤2枚組CD(日本語解説書封入)]

ディケイズ:ライヴ・イン・ブエノスアイレス[通常盤Blu-ray(日本語解説書封入/日本語字幕付)] (L判ブロマイド3点セット付)
インフォメーション

世界有数のメタル大国として知られるフィンランドにおいて、ナイトウィッシュは絶大な支持を集めてきた。2000年以降に発表したオリジナル・アルバムが6作連続でナショナル・チャート1位を獲得。ベスト・アルバムやEPも1位に輝くなど、彼らは国民的メタル・バンドとして愛されている。

彼らはまたヨーロッパ大陸のシーンを制覇、アメリカでも『イマジナエラム』(2011)『エンドレス・フォームズ・モスト・ビューティフル』(2015)が連続して全米トップ40入り。日本でも熱狂的なファン層を持つなど、地球規模での人気を得ている。そして南米アルゼンチンでの熱狂ぶりをドキュメントしたのが本作だ。

2018年9月30日、ブエノスアイレスの“エスタディオ・マルヴィナス・アルヘンティナス”でのステージを収録。前ライヴ作品『Vehicle Of Spirit』(2016)にも2015年のブエノスアイレス公演のトラックが収録されていたが、今回は全編、ブエノスアイレスの8千人の大観衆との熱気あふれるエネルギーの交歓がパッケージされている。

バンドの20周年を記念するベスト・アルバム『ディケイズ』に伴い、全世界で82公演が行われたツアーからのライヴは、まさにオールタイム・ベストだ。「ザ・カーペンター」「サクラメント・オブ・ウィルダーネス」など初期のヒットから英米にその名を轟かせた「ウィッシュ・アイ・ハド・アン・エンジェル」、メロディック・パワー・メタルの真骨頂「ザ・キンスレイヤー」、叙情派ソング「デッド・ボーイズ・ポエム」、20分近くにおよぶ大曲「ザ・グレイテスト・ショー・オン・アース」まで、彼らの軌跡の全貌をひとつのステージで俯瞰することが可能となる。

ツォーマス・ホロパイネンの荘厳でメロディアス、そしてシンフォニックかつ壮大なキーボードは常に鮮烈なインパクトを放ち、ナイトウィッシュ・サウンドの要となっている。フローア・ヤンセンの女声ヴォーカルも歴代シンガーの表現と声域を再現しながら、唯一無二のアイデンティティで魅せてくれる。本作の時点ではカイ・ハートはサポート・メンバーだが、ツアー後にバンドに正式加入することになったのも納得のドラミングが大地を揺るがす。
ブルーレイはブエノスアイレスでの忘れ得ぬ凄演を一瞬たりとも見逃すことがないように、19台のカメラで撮影。CDは2枚組で全曲ノーカット収録となる。

ツォーマスは演奏曲目についてこう語っている。「ヒット曲をプレイするだけではなく、ナイトウィッシュを一度も聴いたことがない音楽ファンを念頭に置いたんだ。それらの曲を書いたとき、好奇心が強くて無垢な少年だった頃を思い出して、気がついたら笑顔になっていたよ」

『ディケイズ:ライヴ・イン・ブエノスアイレス』をエクスペリエンスした後、ファンも同じ笑顔を浮かべているに違いない。

 

NIGHTWISH

メンバー
Floor Jansen – vocals
Tuomas Holopainen – keyboards
Marco Hietala – bass & vocals
Emppu Vuorinen – guitars
Kai Hahto – drums
Troy Donockley – Pipes, flutes & whistles
関連リンク
OFFICIAL SITEFacebookTwitterInstagramYoutubeSpotify関連商品(AMAZON)




新譜リリース一覧