NILE『VILE NILOTIC RITES』
アメリカのテクニカル・デスメタル・バンド、NILE(ナイル)がニューアルバム『VILE NILOTIC RITES』を2019年11月1日にリリース

海外でのリリース元はNuclear Blast Records、日本ではワードレコーズ。

アルバムのリリースは2015年の『What Should Not Be Unearthed』以来通算9枚目になります。

ミックス/マスタリングをMark Lewis(CANNIBAL CORPSE、WHITECHAPEL、THE BLACK DAHLIA MURDER)が担当。アルバムアートワークは前作と同じくMichał “Xaay” Lorancにより制作されました。

OFFICIAL VIDEO

3. Vile Nilotic Rites NEW!


1. Long Shadows of Dread

トラックリスト
01. Long Shadows of Dread
02. The Oxford Handbook of Savage Genocidal Warfare
03. Vile Nilotic Rites
04. Seven Horns Of War
05. That Which Is Forbidden
06. Snake Pit Mating Frenzy
07. Revel In Their Suffering
08. Thus Sayeth the Parasites of the Mind
09. Where Is the Wrathful Sky
10. The Imperishable Stars Are Sickened
11. We Are Cursed





インフォメーション

サウスカロライナ出身のデス・メタル・バンド、ナイルは、93年に現在残っている唯一のオリジナル・メンバー、カール・サンダース (ギター/ヴォーカル/キーボード) を中心に結成された。デモ2本とEPを発表したのち、リラプス・レコーズと契約。98年に『Amongst the Catacombs of Nephren-Ka』でアルバム・デビューを果たす。非常にテクニカルな楽曲、そして「ナイル」というバンド名にも表れているとおり、エジプトを中心とした中東文化への大きな傾倒という独自のスタイルを築き、エクストリーム・メタル界で大きな反響を呼ぶ。中近東風の楽器やメロディを取り込むというのは、ロックの世界ではむしろ常套句だが、ナイルの場合は別格だ。カールはブズーキなどの民族楽器を自ら演奏するだけでなく、その古代エジプト学に関する造詣の深さは玄人はだし。確固たる知識に裏付けされた楽曲、歌詞が、ナイルの音楽をリアルなものにしているのだ。00年に2ndアルバム『Black Seeds of Vengeance』、02年に3rdアルバム『In Their Darkened Shrines』、05年に4thアルバム『Annihilation of the Wicked』とリリースを重ねていくが、ナイルはとにかくメンバーチェンジが激しいバンド。この4枚はすべてメンバー構成が異なっている。その後、エクストリーム・メタル界最大手、ドイツのニュークリア・ブラスト・レコーズと契約。『Ithyphallic』(07年)、『Those Whom the Gods Detest』(09年)、『At the Gate of Sethu』(12年)、『What Should Not Be Unearthed』(15年)と、4枚のスタジオ・アルバムをリリース。ナイルは、07年のラウドパーク出演を含む5回の来日経験があるので、彼らのステージを体験しているメタルファンも少なくないことだろう。

そしてこの度、9枚目となるアルバム、『ヴァイル・ナイロティック・ライツ』がリリースとなる。新メンバー、ブライアン・キングズランド(ギター/ヴォーカル) を迎えて製作された本作は、もちろんナイル・ワールド全開。ブルータルなデス・メタルがぎっしり詰まっている。テクニカルでヘヴィ、ときにエキゾティック。古いホラー映画のサウンドトラック・テイストも、アルバムに独特の雰囲気を添える。優れたギタリストというだけでなく、ブルータルなデス・ヴォイスもお手のものであるブライアンが加入したことで、トレードマークであったトリプル・ヴォーカル・アタックも復活。巨匠マーク・ルイスによるミックス・マスタリングもお見事。ジョージ・コリアス(ドラムス)が「ナイル史上最高の音質」であり、「言葉では表現できないほど素晴らしい音質」だと断言する通り、ヘヴィ、パワフルでありながら、リフの細部までがすべて聞き取れる、完璧なプロダクションに仕上がっている。テクニカル・デス・メタルのパイオニアの1つ、ナイルによる4年ぶりの新作。デス・メタル・ファンならば聞き逃す手はない。

NILE

1993年に結成されたアメリカはグリーンビル出身のテクニカル・デスメタル、ブルータル・デスメタル・バンド。

1998年に『Amongst the Catacombs of Nephren-Ka』でデビューし、現在までに合計8枚のスタジオ・アルバムをリリースしています。

2003年に初来日し、以降複数回にわたり来日公演を行なっています。
メンバー
Karl Sanders – Guitars, Vocals, Instrumentals
George Kollias – Drums
Brad Parris – Bass, Vocals
Brian Kingsland – Guitars, Vocals
関連リンク
FacebookSpotify




紹介した新譜リリース一覧