PARADISE LOST『OBSIDIAN』
イギリスのゴシック・メタル・バンド、PARADISE LOST(パラダイス・ロスト)が新曲「Darker Thoughts」のミュージックビデオを公開しました。

この曲は本日5月15日にリリースしたニューアルバム『OBSIDIAN』に収録されています。



 

以下は公開されている同アルバム収録曲のオフィシャルビデオです。

3. Ghosts


2. Fall From Grace


spotify

『OBSIDIAN』情報

2017年の前作『MEDUSA』以来であり通算16作目のスタジオ・アルバム。

海外でNuclear Blast Records、日本ではワードレコーズより2020年5月15日にリリース。

新作についメンバーは以下のコメントをしています。

「私たちがこれまでに作った中でも、最もエクレクティック(様々な考え方や物事から、それぞれよいところをとって、一つにまとめ上げること)なアルバムの一つです。不幸な曲、悲しい曲、スローな曲、ファストな曲がある」
-Nick Holmes(Vo)-

「新しい曲の中には、『Medusa』から続く部分をピックアップしたような曲がいくつかありますが、ほとんどはもっと多様です。分類するのは難しいが、いくつかの曲は80年代のゴス音楽に近いと思う。様々な要素があり、かなりエクレクティックな曲がたくさんあります。かなり多様なアルバムになると思う。」
-Greg Mackintosh(Gt)-
-トラックリスト-
01. Darker Thoughts
02. Fall From Grace
03. Ghosts
04. The Devil Embraced
05. Forsaken
06. Serenity
07. Ending Days
08. Hope Dies Young
09. Ravenghast

パラダイス・ロスト/オブシディアン


日本盤インフォメーション

1986年にイギリス北部のウェスト・ヨークシャー州ハリファクスにて、ニック・ホルムズ(ヴォーカル)とグレッグ・マッキントッシュ(ギター)らによって結成されたパラダイス・ロスト。1991年にリリースした2ndアルバム『ゴシック』(1991年)でゴシック・メタルというスタイルを提示した彼らは、メロディアスに進化した『アイコン』(1993年)や『ドラコニアン・タイムズ』(1995年)で日本でも一気に知名度を上げることに成功する。

その後、ヘヴィなスタイルから遠ざかった時期もあるが、『シンボル・オブ・ライフ』(2002年)以降、ヘヴィなギター・サウンドとパワフルなビートを軸にしたスタイルへと戻った彼らはアルバム毎に原点へと近づいていき、前作の『メデューサ』ではミドル/スロー・テンポの楽曲を中心にヘヴィでダークな世界をこれまで以上に深く追求。この作品でデス・メタル、ドゥームの要素を感じさせるスタイルを披露した彼らが、約3年ぶりに発表したのが本作『オブシディアン』である。

『メデューサ』の流れを汲みつつ、ゴシックのテイストも強く押し出したこの作品は、ヘヴィなサウンドの中に美を感じさせるような楽曲が並ぶ。ニックのエモーショナルな歌も聴きどころとなっており、中には『アイコン』や『ドラコニアン・タイムズ』の時代を彷彿とさせるものもある。どの曲も重厚でありながら洗練されており、パラダイス・ロスト本来の魅力を踏襲しつつ、現代的なスタイルへとアップデートしたような作品に仕上がったと言えるだろう。

PARADISE LOST(パラダイス・ロスト)

1988年に結成。イングランドはウェスト・ヨークシャー州出身のデス/ドゥーム、ゴシック・メタル・バンドです。

デス・ドゥームやゴシック・メタルの先駆者として知られています。

1990年に『Lost Paradise』でデビューし、現在まで通算15作のスタジオ・アルバムをリリース。

1995年に初来日公演を行っています。

メンバー

Nick Holmes – Vocals,
Greg Mackintosh – Lead Guitar,
Aaron Aedy – Rhythm Guitar,
Steve Edmondson – Bass Guitar,
Waltteri Väyrynen – Drums
Máté Bodor – Guitars

関連リンク

Official Site、 Facebook、 TwitterInstagramYoutube、  Spotify

関連作品・グッズ

 

パラダイス・ロスト『メデューサ』【CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

プレイグ・ウィズイン




紹介した新譜リリース一覧