place-vendome-%e3%80%8cclose-to-the-sun%e3%80%8d
元HELLOWEENのボーカル”マイケル・キスクが参加していることで知られるHR/HMプロジェクト“PLACE VENDOME”の、2月8日に発売される4枚目のスタジオアルバム「CLOSE TO THE SUN」

今作を特別な作品にしたかったとのメンバー”マイケル・キスク”と”デニス・ワード”の考えから、DGMの”Simone Mularoni”、FIREWINDの”Gus G.”、PRIMAL FEARの”Magnus Karlsson”など多数のメタルバンドのギタリストがゲストとしてソロに参加。

“ヤニ・リーマタイネン”(CAIN’S OFFERING・元SONATA ARCTICA)も、作曲面で参加(収録曲FALLING STAR)しているようです。

現在収録曲より”Light Before The Dark”と”Close to The Sun”のOFFICIAL VIDEOが公開されています↓






・「CLOSE TO THE SUN」曲目

1 CLOSE TO THE SUN
2 WELCOME TO THE EDGE (solo Alfred Koffler)
3 HEREAFTER  (solo Simone Mularoni)
4 STRONG
5 ACROSS THE TIMES
6 RIDING THE GHOST
7 LIGHT BEFORE THE DARK  (solo Gus G.)
8 FALLING STAR (solo Magnus Karlsson)
9 BREATHING
10 YESTERDAY IS GONE
11 HELEN
12 DISTANT SKIES
13 STRONG (ORCHESTRAL VERSION)

 

〈PLACE VENDOME メンバー〉
ボーカル MICHAEL KISKE
ギター UWE REITENAUER
キーボード GUNTER WERNO
ベース DENNIS WARD
ドラム DIRK BRUINENBERG




 このプロジェクトに関しては所謂”メロディックハードロック”と紹介されておりましたが、公開されている2曲を聴いた感じでは思っていたよりもメタルよりであり、馴染みのあるアーティスト達が参加していたので紹介することにしました。
明確な境目はありませんが、ドラムの音数の多さ(ツーバス等)やギターの細かい刻みの有無が”ロックとメタルを分ける基準”の一つであり、その点いえば落ち着いた曲調ですが、全体の曲展開はかなりメタルよりかなと。(個人的な見解です)
以上”PLACE VENDOME 新作情報 「CLOSE TO THE SUN」”でした。