RUNNING WILD「Crossing The Blades」
ドイツのヘヴィメタル・バンド、RUNNING WILD(ランニング・ワイルド)が新曲「Ride on the Wild Side」のオフィシャルオーディオを公開しました。

この曲は2019年12月6日リリースのニューEP『Crossing The Blades』に収録されます。




 

以下は公開されている同EP収録曲のオフィシャルビデオです。


『Crossing The Blades』

SPV/Steamhammerより2019年12月6日にリリース

新曲3曲にKISSの「Strutter」カバーを含む4曲が収録されます。

バンドは来年の夏に新しいアルバムのリリースを予定しており、収録曲「Crossing The Blades」はアルバムとは別ヴァージョンとのことです。
トラックリスト
1. Crossing The Blades
2. Stargazed
3. Strutter
4. Ride On The Wild Side




RUNNING WILD

1976年にGRANITE HEARTSとして結成され、1979年にRUNNING WILDへ改名。海賊をモチーフにしたスタイルを展開する、ドイツはハンブルグ出身のベテラン・ヘヴィメタルバンド。(ヘヴィ/パワー/スピード・メタル)

1984年に『Gates to Purgatory』でデビューし、現在までに合計16枚のスタジオ・アルバムをリリースしています。
メンバー
Rock N’ Rolf– guitar, vocals
Peter Jordan– guitars
Ole Hempelmann – bass
Michael Wolpers– drums
関連リンク
Official SiteFacebookTwitterSpotify