SABATON(サバトン)『THE WAR TO END ALL WARS』

スウェーデンのパワーメタル・バンド、SABATON(サバトン)が新曲「Soldier Of Heaven」のミュージックビデオを公開しました。

この曲は2022年3月4日リリースのニューアルバム『THE WAR TO END ALL WARS』に収録されます。

「Soldier Of Heaven」 リリックビデオ

 

以下は公開されている同アルバム収録曲のオフィシャルビデオです。

10. Christmas Truce

※この曲は第一次世界大戦中の1914年12月24日から12月25日にかけて西部戦線各地で生じた一時的な停戦状態について歌っています。ドイツ兵が歌っていた”Silent night”(きよしこの夜)などの歌をきっかけに、最前線で対峙していたドイツとイギリスの兵士たちが、停戦状態になり共にクリスマスを祝ったと伝えられています。

『THE WAR TO END ALL WARS』情報

2019年の前作『Great War』以来であり、通算10枚目のスタジオ・アルバムになります。

海外でNuclear Blast Records、日本ではワードレコーズより2022年3月4日にリリース。

日本盤は通常盤のほか、曲の冒頭にナレーションが入る”ヒストリー・エディションCD”付きの【CD+ヒストリー・エディションCD】が発売。

ワードレコーズ・ダイレクトでは【100セット CD+ヒストリー・エディションCD+サインカード】の予約も受け付けています。
https://wardrecords.com/products/detail6292.html

前作と同じく第一次世界大戦をテーマとして扱っており、前作では語り足りなかった対戦中の出来事を深く掘り下げた作品とのことです。

トラックリスト

01. Sarajevo
02. Stormtroopers
03. Dreadnought
04. The Unkillable Soldier
05. Soldier Of Heaven
06. Hellfighters
07. Race To The Sea
08. Lady Of The Dark
09. The Valley Of Death
10. Christmas Truce
11. Versailles

ザ・ウォー・トゥ・エンド・オール・ウォーズ

The War to End All Wars

日本盤インフォメーション

スウェーデンの重戦車サバトン。05年に『Primo Victoria』でアルバム・デビューを果たすと、その強烈にキャッチーなパワー・メタルを武器に、ヨーロッパを中心に大人気を博していく。5枚目のアルバム『Coat of Arms』(10年)はドイツの大手ニュークリア・ブラストからのリリース。その後ゴールドやプラチナム・ディスクを連発した彼らは、名実ともにヨーロッパを代表するパワー・メタル・バンドとなる。そして『ラウド・パーク15』でついに初来日が実現すると、厳ついイメージとは対極の、見たものすべてを笑顔にするエンターテインメント満載のステージでファンを圧倒し、一気に日本でもサバトン人気に火がついた。今やヘヴィメタル・ファンで、サバトンを知らぬものなどいないであろう。

この度そんなサバトンが、3年ぶりとなるニュー・アルバム『ザ・ウォー・トゥ・エンド・オール・ウォーズ』をリリースする。結成以来、ひたすら戦争について歌い続けてきた彼ら。19年の前作『ザ・クレイド・ウォー』は第一次世界大戦をテーマとしたコンセプトであったが、驚いたことに今回もテーマは同じ。「第一次世界大戦についてはまだまだ語り足りないことがある」というのが、彼らの言だ。音の方については、改めて言及するまでもないだろう。サバトンに変化はない。もちろん良い意味でだ。サバトンは、アルバム一枚気に入れば、その他のアルバムすべても気に入る保証ができるバンド。当然『ザ・ウォー・トゥ・エンド・オール・ウォーズ』も例外ではない。ヘヴィで男臭くて、そして何より一度聴いたら忘れることができないわかりやすいサビ。本作も、ライヴでの大合唱が容易に想像できる楽曲満載。パワー・メタル・ファン、いやヘヴィメタル・ファンならば、絶対に聴き逃すことのできない作品だ。これを聴いて興奮しないメタル・ファンなどいるのか。今回もスタンダード・ヴァージョンとヒストリー・ヴァージョンという2種類でのリリース。ヒストリー・ヴァージョンは、曲の冒頭にナレーション入り。

SABATON(サバトン)

1999年に結成。スウェーデン出身のパワーメタル・バンドです。

主に近代の戦争をテーマとした雄壮なパワーメタルを特徴とし、ライブではステージ上に戦車を持ち込んだエネルギッシュなパフォーマンスも有名です。

2005年に『Primo Victoria』でデビューし、現在までに合計9枚のアルバムをリリースしています。

2015年のLOUD PARKにて初来日し、2018年にはAMON AMARTHをゲストに来日公演も行いました。

メンバー

Hannes Van Dahl – Drums
Joakim Brodén – Lead Vocals
Pär Sundström – Bass
Tommy Johansson – Lead Guitar
Chris Rörland – Lead Guitar

関連リンク

OFFICIAL SITEFacebookTwitterInstagramYoutubeSpotify

関連作品

ザ・グレイト・ウォー【通常盤CD(日本語解説書封入)】

ワールド・ウォー・ライヴ〜バトル・オブ・ザ・バルチック・シー【CD2枚組/日本語解説書封入】


紹介した新譜リリース一覧