SKELETAL REMAINS『THE ENTOMBMENT OF CHAOS』

アメリカのデスメタル・バンド、SKELETAL REMAINS ニューアルバム『THE ENTOMBMENT OF CHAOS』を海外で2020年9月11日にリリース。リリース元はCentury Media Records。

スタジオ・アルバムのリリースは2018年の『DEVOURING MORTALITY』以来であり通算4枚目になります。

前作と同じくミックス/マスター、アルバムのアートワークをUnisoundのDan Swanö(OPETHE、DISSECTION、EDGE OF SANITYE)により手がけられました。

今作についてバンドは以下のようなコメントをしています。

「今回は前作より7弦ギターの曲が多く、全体的に重厚なサウンドになっている。過去3作のアルバムを超えるために必要なエクストリームなエッジを与えるために、今回は攻撃性と残忍さを取り入れたいと考えていた。それに加えて、俺たちは親友のチャーリー・コリン(Funebrarum、Ascended Dead)をドラムに連れて来て、彼の独自のパンチのあるサウンドをミックスに追加したことにより、俺たち全員が非常に誇りに思う最終結果を得たよ。デスメタルのすべてのファンと共有するのが待ちきれないよ!」

OFFICIAL VIDEO

2. Illusive Divinity

-トラックリスト-
01. Cosmic Chasm (Intro)
02. Illusive Divinity
03. Congregation Of Flesh
04. Synthetic Impulse
05. Tombs Of Chaos
06. Enshrined In Agony (Instrumental)
07. Dissectasy
08. Torturous Ways To Obliteration
09. Eternal Hatred
10. Unfurling The Casket

Bonus track:
11. Stench Of Paradise Burning (DISINCARNATE cover)

The Entombment Of Chaos (Bonus Track Edition)

SKELETAL REMAINS

2011年にAnthropophagyとして結成され、その年のデモを制作後名前を”SKELETAL REMAINS”に改名。

Gorguts, Death, Asphyx、Death、Pestilence、Morbid Angel, Obituaryなどに影響を受ける、アメリカ出身のオールドスクール・デスメタル・バンドです。

2012年に「Beyond The Flesh」でデビューし、現在までに合計3作のスタジオ・アルバムをリリースしています。

メンバー

Chris Monroy – vocals/guitars
Mike De La O – guitars
Noah Young – bass
Charlie Koryn – drums

関連リンク

FacebookSpotify

関連作品

Devouring Mortality

Condemned to Misery


 

紹介した新譜リリース一覧