SKELETONWITCH  – 「DEVOURING RADIANT LIGHT」
US オハイオ州アテネ出身のエクストリーム・メタルバンド、SKELETONWITCHの前作から5年ぶり通算6枚目のアルバム「DEVOURING RADIANT LIGHT」

今作は、CONVERGEのギタリストでも知られる”Kurt Ballou”(Nails、Trap Them) によりプロデュース。

ミックスを”Fredrik Nordström”(At The Gates、Dark Tranquility、In Flames、etc.)、マスタリングを”Brad Boatright”(Crypt Rot、Goya、etc.)が担当。

アルバムは全8曲を収録し、日本盤がマーキー・インコーポレイティドより7月25日にリリースを予定。(海外ではProsthetic Recordsより7月20日)

バンドは前作「Serpents Unleashed」から”Chance Garnette”(Vo) が脱退し、新たに元VEIL OF MAYAの”Adam Clemans”(Vo)が加入しています。

8分程のオープニングトラック「Fen of Shadows」のOFFICIAL VISUALIZERが公開されています↓


トラックリスト
1. Fen of Shadows
2. Where Paradise Fades
3. Temple of the Sun
4. Devouring Radiant Light
5. The Luminous Sky
6. The Vault
7. Carnarium Eternal
8. Sacred Soil





SKELETONWITCH

2003年にオハイオ州アテネで結成されたエクストリームメタルバンド、音楽スタイルとしては、スラッシュメタル、メロディック・デスメタル、ブラックメタル要素を含んでいる。

2004年に「At One with the Shadows」でデビューし、現在までに合計5枚のアルバムをリリースしている。
メンバー
Adam Clemans- Vocals
Nate “N8 Feet Under” Garnette- Guitar
Scott Hedrick- Guitar
Evan Linger- Bass

・ Facebook
https://www.facebook.com/skeletonwitch/




その他収録曲が公開された時は追記していきます。

以上”SKELETONWITCH 新作情報「DEVOURING RADIANT LIGHT」”でした。

紹介した新譜リリース一覧