SODOM(ソドム)『GENESIS XIX』

ドイツのスラッシュ・メタル・バンド、SODOM(ソドム)が新曲「Friendly Fire」のミュージックビデオを公開しました。

この曲は日本では2020年11月25日リリースのニューアルバム『GENESIS XIX』に収録されます。


以下は公開されている同アルバム収録曲のオフィシャルビデオです。

11. Indoctrination

2. Sodom & Gomorrah

『GENESIS XIX』情報

2016年の前作『Decision Day』以来であり16作目のスタジオ・アルバム。

海外でSPV/Steamhammerより11月27日、日本ではMARQUEE/AVAlONより11月25日にリリース

バンドは前作からTom Angelripper(Vo/Ba)以外のメンバーが脱退し、『Obsessed by Cruelty』(1986年)から3rd『Agent Orange』(1989年)まで在籍していた元メンバーのFrank Blackfire(Gt)が復帰。新たにYorck Segatz(Gt)とToni Merkel(Dr)もバンドに加入しました。

今作についてTom Angelripperは以下のコメントをしています。

「これは間違いなく、ソドムがこれまでにリリースした中で最もタフで最も多様なスタジオレコーディングの1つです。」「新しい曲に取り組むだけでなく、適切なサウンドを思いつくことができた。デジタルアンプもプラグインも使用せず、適切なマーシャルのチューブアンプを使用してすべてのギターパーツを演奏した。」

-トラックリスト-
01. Blind Superstition
02. Sodom & Gomorrah
03. Euthanasia
04. Genesis XIX
05. Nicht mehr mein Land
06. Glock ‘n’ Roll
07. The Harpooneer
08. Dehumanized
09. Occult Perpetrator
10. Waldo & Pigpen
11. Indoctrination
12. Friendly Fire

【メーカー特典あり】 ジェネシス・ナインティーン [CD] (メーカー特典 : ステッカー 付)

Genesis XIX

SODOM(ソドム)

1981年に結成。ドイツはゲルゼンキルヒェン出身のスラッシュ・メタル・バンドです。

日本ではKREATOR(クリエイター)やDESTRUCTION(デストラクション)と共に”ジャーマン・スラッシュ三羽烏”(海外ではTANKARDを加え4大バンド)とされ、ドイツのスラッシュ・メタル・シーンを代表するバンドとして知られています。

メンバーチェンジを繰り返しており、オリジナルメンバーはTom Angelripper(Vo/Ba)のみが在籍しています。

1991年に初来日し、近年では「Thrash Domination 2015」にて来日。2020年3月には「THRASH DOMINATION 2020」にて来日予定でしたが、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により中止となりました。

メンバー

Tom Angelripper – Bass, Vocals
Frank Blackfire – Guitars
Yorck Segatz – Guitars
Toni Merkel – Drums

関連リンク

Official SiteFacebookTwitterInstagramSpotify

関連作品・グッズ

アウト・オヴ・ザ・フロントライン・トレンチ

ディシジョン・デイ【CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き)】


紹介した新譜リリース一覧