アメリカのクリスチャン・メタルバンド、“STRYPER”(ストライパー)はニューアルバム「GOD DAMN EVIL」をFrontiers Recordsより4月20日にリリース予定。

全11曲を収録。前作「Fallen」から2年半ぶり通算12枚目のアルバムとなるようです。

アルバムからのファーストシングル”Take It To The Cross”のOfficial Visualizer Videoが公開されています↓

「GOD DAMN EVIL」

01.   Take It to the Cross
02.   Sorry
03.   Lost
04.   God Damn Evil
05.   You Don’t Even Know Me
06.   The Valley
07.   Sea of Thieves
08.   Beautiful
09.   Can’t Live Without Your Love
10.   Own Up
11.   The Devil Doesn’t Live Here
タイトル未定ですが発売時期から考えてこちらがAmazonで取り扱う新譜の日本盤だと思います↓


STRYPER

1983年に”ROXX REGIME”という名前のバンドから”STYPER”に改名。1984年にEP「The Yellow and Black Attack」でデビュー。現在までに合計11枚のアルバムをリリース。キリスト教を讃えた歌詞を織り込んだりパフォーマンスを行うクリスチャン・メタルの先駆者として知られている。

1992年に一度解散するが2003年に再結成し現在も活動中。

・メンバー

Michael Sweet Vocal/Guitar
Robert Sweet – Drum
Oz Fox Perry Guitar
Richardson Bass

前作「Fallen」からTimothy Gaines(Ba,Vo)が脱退し、元FirehouseのRichardson (Ba)が加入。今作のベースパートに関しては”John O’Boyle”(Ba)という方が担当したようです。

・ Facebookページ
https://www.facebook.com/Stryper




 

その他収録曲が公開された時は追記していきます。

以上”STRYPER 新作情報 「GOD DAMN EVIL」”でした。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3752574690227455"
data-ad-slot="9850951520"
data-ad-format="auto">